オペレーター

「会社に行かずに退職したい」「即日退職したい」など、退職を申し出る際のストレスを減らしたいという方は多いのではないでしょうか。

自分で申し出ができても、その後2週間や1ヶ月などある程度の期間は在籍するパターンがほとんどです。
会社に行くこと自体がストレスで耐えられないという方にとっては辛いですよね。

そんな方におすすめなのが、退職代行サービスです。
この記事では、退職代行サービスを選ぶ3つのポイントやおすすめの業者について解説します!

\人気の退職代行Pick Up/
ガーディアン 法適合の合同労働組合!安心と信頼No.1。
>公式サイトを見る
辞めるんです 業界初!退職の後払いサービスあり。
>公式サイトを見る
Jobs 退職だけじゃない!転職・引っ越しもサポート。
>公式サイトを見る

スポンサードリンク

退職代行業者を選ぶ3つのポイント

ポイント

1.弁護士がいるかどうか

労働組合が運営していたり、弁護士がついている退職代行業者には、退職の申し出だけでなく交渉が行えるという大きなメリットがあります。
一般企業だと交渉の権利がなく、有休の取得や残業代の請求などができません。

また、中には違法な業者もあるため、法律に則って手続きを進める業者を利用したいですよね。
利用料金が安すぎたり、一般企業なのに交渉可能と謳っているところは違法の可能性もあります。

退職代行サービスよりも料金は上がってしまいますが、弁護士に依頼するのも一つの手です。
退職代行の業者を選ぶ際は、サポート内容や運営会社を必ずチェックしましょう。

2. すぐに退職が可能かどうか

一刻も早く退職したい人にとって、すぐに辞められるかどうかが重要ですよね。
一般的には退職を申し出てから一定期間、引継ぎなどで会社に在籍するでしょう。

しかし、「退職すると伝えてから会社に行くのが怖い」「もう出社することすら辛い」など、もう二度と会社に行きたくないという人も多いのではないでしょうか。
会社の規定で「退職は2週間前に申し出る」などの決まりがあっても、即日退職が可能な場合もあります

もちろん、引継ぎができる余裕があればしたほうが良いですが、追い詰められている場合は即辞めるという選択肢もありです。
退職代行業者の実績を見つつ、即日退職がしたいという意思もあわせて相談してみましょう。

3.サポートの充実度で選ぶ

いざ退職代行を使って仕事を辞めようと思っても、転職先が決まっていなくて不安という人も多いのではないでしょうか。
辛い環境に居ながら同時に転職活動をするのは困難ですよね。

退職代行サービスの中には、退職後のサポートがついている業者もあります。
担当者が利用者の退職理由など、状況を理解しているため、自己PRの内容などを相談しやすい点もメリットです。

その他にも、給付金のサポートがある業者もあります。
自分のニーズに合ったところを選びましょう。

おすすめの退職代行業者10選

退職届

数ある退職代行業者の中で、どれを選べばいいのか迷いますよね。

おすすめの10社
  1. 退職代行ガーディアン

  2. 退職代行辞めるんです

  3. 退職代行Jobs

  4. 退職代行SARABA

  5. 退職代行ニコイチ

  6. 退職代行サービスのNEXT

  7. Re:Start

  8. 男の退職代行

  9. 退職のススメ

  10. EXIT(イグジット)

上記の10社をご紹介します!

1.退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

運営組合 東京労働経済組合
利用料金 29,800円(追加料金なし)
メリット 残業代や有休の交渉もできる

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会に認証されており、法適合の合同労働組合です。
一般的な退職代行会社と異なり、有休や残業代についての交渉も行うことができます。
法に触れないように交渉するため、違法性がなく、安心して任せることができる点もメリットです。



退職代行ガーディアンを詳しく知りたい方はコチラ↓

2.退職代行辞めるんです

退職代行サービス 辞めるんです

運営組合 LENIS Entertainment株式会社
利用料金 27,000円(追加料金なし)
メリット 即日退職が可能

退職代行辞めるんですは、業界初の後払いサービスを導入しています。
先に支払うのではなく、きちんと退職できてから支払いたいという方におすすめです。

また、労働組合と提携しているので、退職日などの交渉が可能です。



退職代行辞めるんですを詳しく知りたい方はコチラ↓

3.退職代行Jobs


運営組合 株式会社アレス
利用料金 27,000円+組合費2,000円
メリット 転職や給付金のサポート・交渉可能

退職代行Jobsには、転職先が決まっていない方にとって嬉しい、転職サポートや引っ越しサポートがあります。

社宅や寮に住んでいるという方は、「次の部屋をどうしよう…」という悩みがありますよね。
次の仕事も住む場所もサポートが受けられるため、今の会社で働きながら次を考えるのが難しいという方におすすめです。


退職代行Jobsについて、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

4.退職代行SARABA

退職代行SARABA

運営組合 株式会社スムリエ
利用料金 25,000円(追加料金なし)
メリット 返金保証付き・交渉可能

退職代行SARABAは、業界でトップクラスの低料金で、退職できなかった場合の返金保証もついています。

さらに、運営しているのが労働組合である点が大きなポイントです。

労働組合だからできること
  • 退職日の交渉
  • 残業代や未払金の請求
  • 損害賠償請求された場合の対応

本来は、交渉や請求まで行うことができません。
しかし労働組合が運営していることによって、踏み入った内容までカバーしてくれます。

損害賠償された時に自分では対応しきれないことがほとんどかと思うので、安心の退職代行サービスです。


退職代行SARABAについて、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

5.退職代行ニコイチ

運営会社 株式会社ニコイチ
利用料金 27,000円(追加料金なし)
メリット 即日退職可能・全額返金保証

退職代行ニコイチは、万が一退職できなかった場合の全額返金保証がついています。
現時点で退職できなかった例はなく、成功率100%と公式サイトに記載されているので安心です。

依頼した当日から出社する必要がなく、上司に会う必要もありません。
さらに2ヶ月間のアフターフォローがあり、退職後のサポートを受けたい方にもおすすめです!


ニコイチのサービスを詳しく知りたい方はこちら↓

6.退職代行サービスのNEXT

退職代行NEXT

運営会社 豊楽法律事務所
利用料金 30,000円(税別)
メリット 弁護士が運営している・全額返金保証

退職代行サービスのNEXTの最大のメリットは、弁護士監修のスタッフが業務を行っているという点です。
有給の取得や残業代の請求なども依頼することができます。

ただ、交渉が成立すると別途料金がかかります。
法律に関わることや、トラブルの際にも弁護士なら対応できるため、「何があっても頼れる業者を選びたい」という方におすすめです。

7.Re:Start

Re:Start

運営会社 株式会社another choice
利用料金 25,000円(キャンペーン価格)
メリット 即日退職可能・アフターフォローあり

Re:Startでは、依頼から最短30分で会社に連絡をし、即日退職も可能です。
通常は44,000円ですが、キャンペーン価格の25,000円でどの雇用形態でも変わりません。

また、退職後もアフターフォローがあり、書類や転職についてのサポートを受けることができます。
追加料金はないため、先のことまで相談したいという方におすすめです!

8.男の退職代行

男の退職代行

運営会社 合同労働組合退職代行toNEXTユニオン
利用料金 アルバイト・パート・・・19,800円
正社員・派遣社員など・・・26,800円
メリット 労働組合が運営している・転職サポートあり

男の退職代行は、男性専門である点が特徴的です。

労働組合が運営しているため、法に触れることなく代行することができます。
依頼当日から出社しないことが可能で、直接会社と連絡をとる必要もありません。

退職後は信頼できる転職エージェントの紹介もあるため、スムーズに次のステップへ進める点もメリットです。

9.退職のススメ

退職のススメ

運営会社 株式会社ワークナビ.com
利用料金 25,000円(一律)
メリット 交渉可能・再就職サポート

退職のススメは、独自に労働組合を結成しています。
そのため、有休の取得など、会社と交渉する権利があります
一般の業者では団体交渉ができないため、ただ退職するだけでなく交渉もしたいという人におすすめです。

また、理想の条件に合った転職先を探せる点もメリットです。
再就職サポートを活用したのちに退職する場合、退職代行を無料で利用することができます。

10.EXIT(イグジット)

EXIT(イグジット)

運営会社 EXIT株式会社
利用料金 正社員・契約社員・・・50,000円
アルバイト・パート・・・30,000円
メリット 即日対応・転職サポート

EXITの料金設定は少し高めに感じますが、転職サポートを利用すると実質0円になる取り組みがあります。
転職サポートは追加料金がなく、書類のアドバイスや面接対策なども対象です。

公式サイトにて、退職できなかったり会社から訴えられたりしたケースはこれまでにないと明記されています。
「今すぐ辞めたい」「転職についてもサポートしてほしい」という人におすすめです!

退職代行を利用するメリット

疑問を持つ男性

「退職代行を利用するメリットあるの?」などと疑問に思う方もいるでしょう。

退職代行サービスの主なメリットは下記の通りです。

退職代行を利用するメリット
  • 身近に話せる人がいなくても、すぐに相談できる
  • 会社に行く必要がなく、上司に会わずに退職することができる
  • 第三者が間に入ることで、損害賠償などのトラブルが起こりにくい
  • 備品の返却や書類の提出は郵送でOK
  • 最短で即日退職が可能

労働組合が運営している業者や、弁護士がついている業者などであれば、有休取得や残業代の請求についての交渉ができます。

利用料金が安すぎる会社などは退職の申し出しかできない場合があるため、サービスの内容を必ず確認しましょう。

メリットやデメリットについても詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

退職代行を利用するべき人は?

追い詰められている女性

最も退職代行を使うべき人は、パワハラなどで精神的に限界が来ている人です。
かろうじて出勤できている状態でも、本当に限界が来るとうつ病のリスクも考えられます。

パワハラのある会社では、退職したいなどと言ったらさらに状況が悪化したり、圧力をかけられることが想像できますよね。
仮に退職の意思を伝えたとしても、引き止められる可能性が高いでしょう。

また、人手不足などが原因で退職したくてもずるずると引き延ばされてしまうケースも少なくありません。
何度も引き止められると言い出しづらくなるため、退職代行を利用しても良いでしょう。

退職代行はどういう流れで進む?

カウンセリング

退職代行を利用する場合、どのような流れで進むのか気になりますよね。
業者によって多少異なりますが、一般的な流れの例をご紹介します。

退職代行の流れ
  1. 電話やチャットで相談する
  2. 申し込みをする
  3. 利用料金の支払い
  4. 打ち合わせ
  5. 実行
  6. 結果の報告を受ける

初めの相談は無料で対応している業者も多く、周りに相談相手がいない人でも気軽に頼ることができます。
利用料金は先払いが一般的ですが、業者によっては後払いできるところや返金保証付きのところもあります。

有休の取得や残業代の請求など、交渉可能な業者であれば打ち合わせの時に詳しく要望を伝えておきましょう。
また、退職後の転職サポートなどがついている場合はその後も担当者とやり取りすることになります。

まとめ

ガッツポーズする女性

退職代行業者を選ぶポイントや、おすすめの業者についてご紹介しました。

退職の意思を伝えづらい環境である場合や、引き止められて辞められない場合に退職代行サービスがおすすめです。
会社に行かず最短で即日退職できるので、辞める際のストレスを大幅に減らすことができます。

退職代行業者は種類が多く、どこにすればいいのか迷いますよね。
交渉ができるかどうかや、退職後のサポートがあるかなどを調査し、自分の希望に合ったところを選びましょう!