いじめのある職場

仕事をするうえで、人間関係が良好であることは大切ですよね。
「人間関係が最も重要だ」と考える人も、多いのではないでしょうか。

仕事を辞めたいと感じる理由として、人間関係を挙げる人は少なくありません。
「そんな理由で辞めるのは…」と思ってしまいがちですか、意外とストレスが溜まるものです。
もし、その問題を解決することができれば、仕事を辞めずに続けることができますよね。

この記事では、人間関係に不満を感じる3つの原因や、改善方法についてご紹介します。


スポンサードリンク

人間関係が原因で、仕事を辞めたいと思う人は多い!

悩む社会人

「威圧的な人がいて、ストレスが溜まる」「職場の雰囲気がピリピリしていて働きづらい」など、人間関係が原因でストレスを抱えている人はたくさんいます
そこから仕事を辞めたいという考えに至るのは、全く不思議なことではありません。

学校などとは違い、職場で苦手な人と距離を置くことは難しいですよね。
特に、同じ連携してこなす仕事や、チームで行う仕事の場合、どうしても関わらなければならないこともあるでしょう。

なるべく気にせずに仕事ができれば良いですが、溜まっていくストレスは発散しなければなりません。

辛い仕事でも、「人間関係が良ければ頑張れる」という人も多いのではないでしょうか。
仕事内容も人間関係も合わないとなると、辞めたくなってしまいますよね。

仕事中、人間関係に不満を感じる3つの原因

パワハラ

1.パワハラやモラハラがある

パワハラやモラハラがある場合、人間関係が上手くいくはずがありません。

パワハラの例
  • 威圧的な態度をとる
  • 理不尽なことで叱る
  • 膨大な量の仕事を与える
  • 仕事が終わるまで帰らせない

パワハラは、上司が立場を利用し、部下を追い込むものです。
相手が上司だと、辛くても言い出せない人は少なくありません。

モラハラの例
  • 言葉で侮辱する
  • 悪口を言う
  • 無視・ランチに誘わないなど、仲間外れにする
  • 仕事を押し付ける
  • 仕事に必要な情報を伝えない

モラハラは、パワハラのように上司と部下の関係に限りません。
同僚や後輩から受ける嫌がらせも、モラハラに該当します。

上記のように陰湿な嫌がらせも多く、周りが気づかないケースもあります。

2.協調性がなく、仕事が回らない

協調性がなく、仕事が回らないことで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

例えば、下記のようなケースが挙げられます。

  • 仕事のペースが遅い同僚に合わせるのがストレス
  • やりたくない仕事をやらない同僚がいる
  • 仕事量が不平等になる
  • 困っている時に助けてくれる人がいない

このような問題があると、チームで気持ち良く仕事をすることは困難です。
我慢してしまうと、自分ばかり仕事量が増えたりと、理不尽な結果になりかねません。

協調性がなく自己中心的な人は、指摘しても改善されない可能性があります。
一人で問題を解決しようとするのではなく、同じように改善しようと考えている人と行動したほうが、ストレスは緩和されるでしょう。

3.同僚とよく意見が食い違う

  • 仕事の進め方が合わない
  • 意見がまとまらない
  • 提案しても否定される

上記のように、同僚とよく意見が食い違うことにストレスを感じている人も少なくありません。
単純にもとから価値観が違う場合もありますが、対抗心などによる食い違いである場合は、人間関係に問題がある可能性が高いでしょう。

ぶつかり合いが多いと、仕事をスムーズに進めることができません。
当事者間で解決が難しい場合は、上司も含めた話し合いをするなど、周りの協力が必要です。

相手に合わせるのも一つですが、それではストレスが溜まってしまいます。
冷静に話し合いができる場を設けましょう。

「仕事辞めたい…」人間関係の改善方法3つ

あいさつする社会人

1.上司や相談窓口に現状を伝える

職場の人間関係が上手くいかないことは、会社にとっても不利益なことです。
特に、パワハラやモラハラの事実がある場合、徹底的に解決する義務があります。

そこで、まずは上司や会社の相談窓口に現状を伝えてみましょう
事実確認や加害者への注意・処分など、速やかに行動する会社もあります。

また、異動を希望する場合も相談することをおすすめします。
退職や転職活動は大きな労力を要するため、異動することで問題を解決するのも一つの手段です。

ただ、上司との関係が良くない場合や、窓口に相談しても全く効果のないケースも考えられます。
その場合は外部の相談窓口や労働局などを頼ると良いでしょう。

2.相手の話を積極的に聞く

人は、自分の話をよく聞いてくれる人に好感を持ちます。
「相手が相槌を打ちながら、肯定的な姿勢で話を聞いてくれて嬉しかった」という経験はありませんか?

もちろん、相手の話の中で指摘したい部分もあるでしょう。
すぐに否定するのではなく、まずは「うん、うん」と話を最後まで聞くことが大切です。
そのあとに、肯定する部分と合わせながら自分の意見を伝えれば、ほとんどの人は嫌な気分になりません。

「この人は私の話をちゃんと聞いてくれる」というイメージを持たせることで、人間関係が上手くいきやすくなります。
普段から同僚とのコミュニケーションが不足していると感じる方は、ぜひ意識してみてください。

3.挨拶や感謝を忘れない

挨拶や感謝の言葉は、コミュニケーションに欠かせないものです。

挨拶しても返ってこなかったり、手助けしても感謝の言葉がなかったりしたら、印象が悪いですよね。
「普段挨拶はしているけど…」という方でも、元気がなかったり、事務的な挨拶になっている可能性があります。

笑顔で挨拶をされただけで、少し嬉しい気分になりませんか?
明るい挨拶や、小さなことでも「ありがとう」と伝えることを意識するだけで、周りからの印象を大きく変えることができます。
今まで最低限しか関わらなかった人とも、話すきっかけができたら嬉しいですね!

人間関係を理由に仕事を辞めないほうがいいケースも!

ストップサインを出す女性

人間関係がストレスで、仕事を辞めたいと考えることは逃げでも甘えでもありません。
しかし、人間関係を理由に辞めないほうがいいケースもあります。

まず、次の職場に求める条件や、やりたい仕事が明確になっていないケースです。
勢いだけで行動してしまうと、同じような環境の職場に転職してしまったり、仕事内容が合わなかったりと、ミスマッチの原因になります。
転職に失敗しないよう、どんな職場で働きたいのかを明確にしましょう。

また、人間関係が悪くても、今の仕事内容が好きであるケースも注意が必要です。
好きな仕事を辞めてしまったら、後悔する可能性が高いですよね。
仕事に集中できるように考え方を変えたり、人間関係の問題を徹底的に解決するほうが良い選択かもしれません。

「こんな人間関係は限界!」辞めてもいいケース

丸サインを持つ女性

人間関係を理由として、思い切って辞めたほうがいいケースもあります。

ストレスで体調を崩したり、精神的に追い込まれていませんか?
心や体に不調が表れている場合、限界が来ている可能性があります。
我慢して放っておくと、うつ病などのリスクもあるため、注意が必要です。

また、人間関係を改善しようと行動しても、当事者を変えることができなかったというケースも少なくありません。
他人に指摘することは勇気が要ることですよね。
他人を変えるために自分ばかりが行動を起こしても、ストレスが溜まる一方です。
改善するのは不可能だと感じたら、思い切って辞めてしまうのも良いでしょう。

今すぐ辞めたい場合は退職代行も視野に

ビジネスマン 気づき

いざ仕事を辞めようと決心しても、引き止められてしまったり、言い出せなかったりする人も少なくありません。
その場合におすすめしたいのが、退職代行サービスです。

退職のプロが依頼者の代わりに会社と連絡を取り、退職の申し出や手続きを行います。
退職者は出社する必要がなく、上司や同僚に会わずに済むため、ストレスがありません。

最短で、即日退職も可能です。
ストレスなくすぐに辞めたいという方は、ぜひ検討してみてください。

まとめ

仲の良い会社員

人間関係でストレスを感じる原因や、改善策についてご紹介しました。

働くうえで、良好な人間関係は大切です。
仕事を辞めたい理由として挙げる人が多く、簡単に解決できない問題ですよね。

人間関係以外に不満がなく、仕事内容が合っている場合、辞めてしまうのはもったいないでしょう。
まずは周りとのコミュニケーションを意識し、改善策を試してみると変化があるかもしれません。

上司や信頼できる同僚と協力し、気持ちよく働ける環境を作りましょう!