山形県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

山形県で退職代行サービスが人気の理由

核家族率が2015年で最も低く、2010年度のデータでは60代以上及び50代以上及び40代以上のひとり暮らしが最も低いとデータが出ており、老後も家族一緒に家で過ごす傾向がある山形県。

その分、必死で働かなくてはいけない事情があり、それが退職代行サービス利用の理由にもなっています。

■共働きの働き方を子どもに見せている結果、退職する人も増えている?

核家族ではなく年金しかないおじいちゃんおばあちゃんを支えていくにはどうしてもお金が必要です。そのため、共働き率が2015年で1位という結果を出しています。

つまり、専業主婦という選択肢が他の県よりも少ないのですね。

共働きをしている両親を見て育った子供は「こうはなりたくない」と他県の良い就職先を見つけて数世帯住宅を飛び出していまいますが、残った子供が大人になれば就職をします。

 

ここでポイントなのは母親側も退職ですね。子供の都合で正社員にもなれないのでパートをしてみるもいいものの、人間関係が厳しく、給料も安く、割に合わないと感じて退職代行業者を利用して辞める方が多いです。パートというのは本来そういうものです。理想的な職場環境を作るのが難しいからこそパートで雇っているのです。

 

また、実家に甘える精神も退職理由の一つです。

核家族が少ないということは実家暮らしの人も多いということです。

「どうせ、家賃も払わなくてもいいし、もう無理だし退職しちゃおうか」

そんなことを気軽に考えられてしまう甘い環境が退職代行サービス利用の理由になっています。

■ラーメン好きが健康を崩して退職の理由になっている?

共働きが多いということで、山形県は外食産業が盛んです。家で家庭料理を作ってもらえない人が多いのですね。

学生だと家にご飯がないと自炊もできずに外食するしかありませんよね。

しかも、安くて旨い外食を求めて探して発掘します。

 

そこで山形県で発達しているのがラーメン産業です。

ラーメン店舗数2018年1位であり、ラーメン外食費用も2016年で1位となっています。

その結果、2008年では高血圧患者数全国1位という結末になってしまっています。

 

病気になればどんな仕事でも退職せざるを得ないですよね。

退職理由としてこれ以上にない理由です。

つまり、病気で退職する人は山形県育ちだと多い傾向にあるのですね。

 

食育という言葉がある通り、食は職に繋がっています。

アメリカでは太っていると健康管理ができない無能な人材だとして落とされることが認められています。

健康な生活が退職しない第一のステップになるのです。