会社に不満があって退職するとき、本当の退職理由を言えば気分もスカッとするかもしれません。
それに理想を言えば、職場の人が一言でも謝ってくれれば、割と前向きに次の職場で働けるかもしれません。

でも本当の退職理由をいうと、すんなり辞められなくなることも多いんですよね。

例えば

  • 本当の退職理由を言うと逆上して怒ったりキレたり
  • もし社長や経営者に不満を言うと、”会社側の問題”となりややこしくなるので、退職を認めてもらえなくなったり
  • 理解がなく「甘え」「責任感がない」と傷つけられ引き止められたり
  • 「証拠は」「診断書を出せ」と詰め寄られたり

色々と面倒なことが起こりやすくなるんですよね。

 

こんな面倒なことが起こるより、とにかく早く穏便に辞めたいという方も多いと思います。
また他にも、会社に不満がなくて職場がいい人だらけだからこそ、本当の退職理由を伝えにくい事もあるかもしれません。

 

そこで皆さんよく使うのが、嘘の退職理由を伝えること。
退職理由で嘘をつくのは、違法でもなければ損害賠償請求をされることもないので(参考:退職理由で嘘をつくと違法?)、みなさんよく嘘の退職理由を伝えています。

ただし、上司や会社の人間を納得させる退職理由が見つからない方も多いと思います。
そこで今回、実際に嘘の理由で会社を辞めた方にアンケートを取ってみました。

 

会社を辞める上手い理由、上司が納得する理由の参考になると思います。
また上司が逆上しない退職理由の言い方・伝え方の参考にもなると思います。


(厳密にいえば、そもそも退職する際に退職の理由を言う必要もないんですけどね(参考:転職の際に退職理由を言わなければいけないか)

ただし辞める理由を言わないと、退職を認められない可能性がかなり高くなります)


そして最後に

  • どうしても退職理由が思いつかない
  • どんな退職理由を用意しても、会社に引き止められそう
  • 辞めることを上司に直接伝えるのが怖い
  • 出来れば一日も出社せず、このまま即日退職したい

という方に、退職代行サービスというものもご紹介します。

それでは、見ていきましょう!


スポンサードリンク

嘘の理由で仕事を辞めた体験談!なんと伝えて退職を認めてもらった?

※枠内をスクロールしていただくと読めます。

入社してみたら入社前に聞いていた業務内容と全く違う内容だった。
このままこの会社で働きたくないと思い、すぐに辞めたいけど、辞めると言うのもなぁ。。と考えた末に、致し方ない理由ならすぐに辞めれるなと思ったからです。

入社前は会社内での事務作業や受付と聞いていたのに、入社してみるとやたらプレゼンの練習を毎日させられて、なんだかおかしいなと思ってました。
するとどうやら事務もするが、店頭に立ち接客もしてもらうとのこと。

 

そのために専門知識を学んで欲しいから資格も取れと言われました。
入社前に聞いた業務内容と全然違う。ここで働く意味がわからない、すぐに辞めたいと思いました。

母が事故にあい、脳死状態になったと言いました。
驚くと同時に辞められては困ると。励ましと、慰めの言葉をもらいましたが、辞めなくてもいいじゃないかと説得されました。

結果的に辞めれました。

 

建設会社で受付事務として働き始めましたが、本当はアパレル業界に興味があったのでこっそりと応募しました。
人気企業だったので採用してもらえる可能性は低かったのですが、数日後に内定の通知を受け取ることに成功しました。

しかし建設会社に入社してから3週間程度しか経過していない事情もあり、病気を理由に退職することにしました。
アパレル企業に就職することを理由にするよりも、病気を根拠にして退職届を書くほうが楽だという考えもあったからです。

 

職場の上司に病気を理由に会社を辞めたいことを伝えると、何事もなかったかのように、すぐに退職の事務手続きの手配をしてくれました。
短期間で会社を辞めるので後ろめたさも多少ありましたが、その一方でファッション関連の会社で働くことができて、心の中では喜んでいます。

 

退職したい本当の理由は、主任や他の人達に優しさがない上に、ターゲットを決めていじめる現場を誰も注意しないし、見て見ぬふりをしたりするのに耐えられなくなり、このままここの職場にいたら気持ちが滅入ってしまうと思ったからです。
1度辞めたいと伝えたのですが、改善するからどうしても残ってくれとお願いされ、退職を引き留められてしまい、辞める機会を失ってしまったので、時間を空けて結婚して家庭に入るので辞めますと伝えました。

その時でも、パートという選択肢があると引き留められましたが、専業主婦が条件なのでと断り辞めることが出来ました。
伝えた人には、いつ結婚するの??どこで式をするの??などいろいろ聞かれましたが、その質問が来ることを想定して答えました。

実際に結婚は決まっておらず、架空の結婚話でしたが、辞めることが出来ました。

 

保育園で保育士として8年間働いていました。
職員としては園長、主任、リーダーの次に位置するようになっていて、期待されていました。

ですが、とても働きづらく、他の保育士も大勢辞めることになり、結婚と言う理由だけでは、簡単にやめさせてもらえない状況がありました。
なので、結婚をして旦那の実家がある静岡に帰ることになったので退職させてほしいと申し出ました。

 

結婚は本当なのですが、実家に入ると言うことはなく、結婚後も引っ越す予定もありませんでした。
園にはやめてほしくないとは言われましたが、理由が実家に帰ることならばしょうがないとのことで、退職を認めてもらえました。

その後まだ園に残っている人で年賀状のやり取りでまだ静岡に行ってないことがあっさりばれてしまいましたが、もうやめたあとなので問題ない!と思いました。

 

施設警備員として働いていましたが、私の性格と仕事内容が合わずに入社して直ぐに辞めたいと思うようになりました。
ですが人手不足だったために、仕事が合わないから辞めたいという理由では絶対に引き止められると思ったので、実際には宅建の資格を本気で取りたいから辞めます、と伝えました。

宅建には少し興味があったのは本当ですが、本気で勉強してまで取ろうとは思っていません。
ですが以前から職場の皆に、宅建の資格に興味があると話していたため私の退職理由を信じてくれて、頑張って取得しろと応援までしてくれたので、嘘を付いたことに罪悪感を持ちました。

今は警備と全く関係のない仕事をしていますが、この職場を辞める時は、なるべく嘘は付かずに本当の理由を言いたいと思っています。

 

私が電気工事関係の仕事をしていたときです。
単純に仕事に飽きた、疲れたので休みたいと想ったのがきっかけでした。

私は昔嘘をつくことには定評がありました。
名誉なことではありませんが、退職の理由をでっちあげたのです。

 

職種は伏せておいて、実家でおこなっている仕事を手伝わないといけないからそのために引っ越すと言いました。
両親は還暦を過ぎても夫婦二人で自営業を頑張っていましたが、どちらも歳だし、特に父親の方は腰と膝が悪くて、遂には正座の姿勢がとれなくなったと言いました。

仕事はできずとも体だけは若くて丈夫な私が手伝って、仕事を覚えて、ゆくゆくは社長として後をつがないといけない、だから急を要する、一月以内には退職して引き上げると告げました。
そうすることで、引き止めなしに退職できました。

 

転職を決意して違う職種の会社に面接に行き3ヶ月の研修期間を得てから正社員になると言われ内定をもらいました。
その時面接していただいた社長夫人がテキパキしてるのですが話し方がきつくて、多少の不安は感じましたが気にしないようにして就職しました。

しかし、入社式1日目で予感は的中し、朝挨拶しても無視され先輩社員に仕事を教えてもらっていると「教わる程の仕事じゃないからすぐに取りかかって」と言われいきなり見よう見まねで仕事をさせられました。
先輩にガミガミ怒っているのを見るのが恐くて、しかもその先輩が1ヶ月後に退職すると知り、どうやら社長夫人が原因であることがすぐにわかりました。

 

社長は良い人ですがあまり会社にいないので、これは研修期間内に辞めた方がいい、そして先輩がいなくなる前に逃げようと決意しました。
入社2週間目の朝電話をかけ、社長夫人がでたので「実家の母が脳内出血で倒れたので帰省します。仕事を続けるのはもう無理だと思います」と言い、社長夫人が驚いた様子で説明を求めてきましたが、パニックを起こしてるふりをして「すみません、また後で」と言って切り、後日郵送で退職届けと説明文を送りました。

電話が2度かかってきましたが出ませんでした。
社長夫人に面と向かって言うのが恐くてこんな方法をとってしまいましたが後で反省して、次に辞めるときはちゃんと手続きを踏んで退職しようとおもいました。

 

新卒で入社し6年勤めた会社を退職しました。
ずっと仕事が嫌いで辞めたいと思っていたのですが、きっかけもなく転職の勇気もなく決断できずにいました。そんなある日、突発性難聴を発症したことで、やっと決心がつき、転職先が決まっていなかったものの、上司に退職すると伝えました。

もともと営業が苦手だったので、上司としてはどこか分かっていたようでしたが、後日人事が引き留めに面談に来ました。
人事担当としては、新卒で採用した社員を辞めさせたくないようで、じっくり面談されました。

 

実は突発性難聴は病院にいったら3日ほどで完治したのですが、どうしても辞めたかったので、治らないふりをして面談を乗り切りました。
人事は体調を心配するというよりは、是が非でも引き止めたい、という感じで辞めた時の心配を煽るようなことを言ったり、せめて退職を保留にさせようと、休職して治り次第復帰の案を打診されましたが、お客様の声が聞き取りづらいとか、仕事に支障が出るとか、適当に答えとにかく退職することを押し通しました。

実際のところは、接客も営業も入社したときから嫌で嫌でたまらなく、会社に来たくなかったのが本音ですが、波風を立てたくないため「病気のために仕方なく」という形にしました。
周囲からは、退職するほど重い病気だと思われ心配してもらい、少し良心が痛みましたが、その後事務職に就いた時はやっぱりあの時辞めてよかったと思いました。

 

塾で講師のアルバイトをしていたときの話です。
本当の退職理由としては、時給の低さや勤務時間の長さなど、待遇面の不満によるものです。

ところが、この塾の塾長(社員)や他の講師(アルバイト)のどの人もいい人で、仲が良く、半分サークルみたいな感じでしているところもあったため、なかなか待遇に不満があるということを理由にした退職を言い出せずにいました。

 

ただ、他の人で大学卒業を機に就職して辞める人がいたため、それに乗っかって、私も大学の授業が忙しくなってもう来ることが出来ないので辞める、と退職の2ヶ月ほど前に社員である塾長に伝えることにしました。
塾長は非常に優しい人ですので、困惑しながらもこちらの退職の意思を聞いてくれました。

 

私は昔ヘアメイクの専門学校を卒業して夢を叶える為21歳で一人暮らしをしながら個人でメイクの仕事をしましたが、それだけではやっていけなかったので飲食店と掛け持ちをしていました。
しかし掛け持ちは大変で結局夢を諦め飲食店一本になり長く続けていた為そのまま正社員になりました。

しかしそこは常連さんが多い店で夜お客さんが常連さんだけになると店員も一緒にみんなで飲む感じでアットホームな店でした。
若い時はそれが楽しく給料も高かったのでよかったのですが25歳ぐらいで体力的にしんどくなってきて実家に帰りたくなりました。

 

しかしお店は社員が少なく常連さんも気に入ってくれてた為辞めたい事を言い出しずらくて考えた結果、やっぱりまた昔のヘアメイクの夢にもう一回チャレンジしたいから辞めさせて下さい。とオーナーに伝えました。
最初は引き止められましたが夢を叶える為ならしょうがないと分かってくれました。

辞める時従業員も常連さんも応援してくれてたのでちょっと罪悪感でしたが嘘をつかないと辞めれないと思ったのでしょうがないかなって思います。

 

祖父が要介護になったのでサポートのために実家に帰らなければならなくなったと言って退職しました。

本当は彼氏と同棲を控えており、彼氏に自分が仕事に集中して稼ぎたいから仕事を辞めて家のことをやってほしいと頼まれたのが理由でしたが、割りと慢性的に人手不足の会社だったのですぐ結婚するわけでもないし言いづらいなと思ったのと、私を気に入っていた上司がいて、彼氏がいると知った途端嫌がらせや嫌みを言われるようになっていたので、その上司に妨害されないで辞めたかったので嘘をつきました。

退職を伝えたときは施設やヘルパーさんに頼めないのかと聞かれましたが、介護の等級が低いので施設に入ったりすることはなかなか難しいと話したら、それならば仕方ないということで退職を認めてもらえました。

 

前職に嫌気がさし、すぐにでも職場を離れたい状況でした。
しかし、次の職場が決まっていませんでした。

ですが、次の職場が決まっていないと正直に言えば「君そんな不安定な身分になったどうするの、もうちょっとうちいなよ。君にもうちにもそれがいいよ」と言われてずるずる引き留められることが目に見えてました。
それだけは絶対に避けたかったので「もう4月から働く職場も決まっています、これ以上は待てません」と嘘をつきました。

 

相手からは次の職場の名前を聞かれたので、親戚がやっている小規模な会社の名前を答えておきました。
それ以上調べようはありませんし、最悪バレても罰則を受けることもありません。

職場で親しい友人もおらずもう2度と会う予定もない人たちだったので、嘘つくことに躊躇はありませんでした。
「もう次が決まっているなら・・・」と上司も引き留めることはありませんでした。

 

かつて勤めていた会社は、社長のワンマン経営が著しく、更に同業他社への転職については賠償金の請求をするなどひどいものでした。
ちょうどその時、知人から同業他社への引き抜き話があり、思い切って転職する事になり、嘘の退職理由を考えることにしました。

周囲にも相談しながら、「地元に戻って両親を助けたい」という理由を考えました。
もちろん、「考え直せ」や「わざわざ戻らなくてもやっていけるだろう」という引き留めにもあいましたが、「両親のそばにいて介護してやりたい」という一言で渋々退職を受け入れてくださいました。

同業他社への転職は成功しましたが、勤務地が前職と離れた場所にあったことと、社長の脅しがハッタリだったことが分かり、結局何のダメージもなく今に至っています。

 

仕事を辞めようと思ったのは、サービス残業が多かった事と、私より経験年数が長い人からのいじめが理由でした。
しかし、私は転職サイトから転職したため、私を雇う時に職場はサイトにお金を払っている事もあって、言い出せませんでした。

自分の都合で辞めたいと言ってもおそらく辞めさせてもらえない状態でした。
そして主人と相談し、本当は単なる引っ越しだったのですが、主人が転勤する事になった、と職場に伝えました。

主任に話したところ、何とかもう数ヶ月主人を単身赴任にして働いてもらえないか、と言われました。
無理だと伝え、職場の皆さんに伝えたところ、最初は少し疑われてしまったのですが、引っ越しの準備を本当にしていたため納得して頂けました。

 

職場にどうしても合わないタイプの人がいました。
仕事なので嫌でもコミュニケーションを取りながら働くべきなのは理解していましたが、顔を見ることも声を聴くことも辛かったです。

しかし、合わない人がいるという理由で退職できるのかどうかわからなかったですし、引きとめられる気がしました。
そのため、合わない人と働きたいという理由ではなく、前向きな理由を作ることにしました。

専門学校で資格を取得するという理由はとても前向きなので、上司に伝えてみたところ、軽く引きとめられましたが、予想通りスムーズに退職理由を伝えられました。
本当の理由に気付いた人は誰もいなかったですし、見事に円満退職を実現できたので満足しています。

 

いかがでしょうか?
みなさん退職理由をごまかしていますが、特に問題もなく辞められていますよね。

全体的に見て嘘の退職理由で多かったのは、

  • 嘘の転職先を言う
  • 病気
  • 介護、親の病気
  • 引っ越し、夫の転勤
  • 結婚(寿退社)、結婚準備
  • 妊娠、不妊治療
  • 家庭の事情
  • 家業を継ぐ

などでした。

(ちなみに病気というと診断書を請求される可能性がありますが、提出する義務はありません(参考:退職時に診断書の提出を求められた

 

何か使えそうな退職理由は見つかりましたでしょうか?
「嘘も方便」といいますが、ブラック企業で辞められない時には、使ってみてもいいと思います。

退職理由を代わりに伝えてもらって、即日退職したいなら

この記事では、いくつか納得しやすい退職理由について紹介しましたが、それでも

  • 仕事を辞める言い訳を思いつかなかったり
  • 上司に直接、仕事を辞めることを伝えるのが怖かったり
  • どんな退職理由でも納得してもらえないだろうと感じていたり
  • もう一日でも会社に行きたくないと思っている

そういう方もいるかもしれません。

そういう場合はぜひ、退職代行サービスというものを使ってみてください。

 

退職代行サービスは私たちと会社の間に入ってくれて、会社に私たちが退職したいことを伝えてくれます。
私たちが退職するまで連絡は全て代行業者を通してもらいますから、私たちは上司に退職を切り出す必要がないのはもちろん、一度も会うことなく退職できるわけです。

他にも以下のような特徴もあります。

  • 今この瞬間から、一言も会社の人と話さず退職できる
  • これまで退職を拒否されたことがない
  • 訴えられたこともない
  • 最短で即日退職可能
  • ほとんどの場合は有給も給料ももらえる
  • 退職後の手続きのサポートもしてもらえる

 

…まぁ、まだよくわかりませんよね(笑)
実際に使った方の体験談や、退職代行サービスの詳しい仕組みを以下の記事で紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

⇒退職代行サービスの仕組み、値段、法的な問題、体験談はこちら