トリマーの世間的なイメージを調べてみたところ「動物好きで幸せそう」というものが多かったです。
確かに大好きな動物と毎日関われるのは幸せそうですが…意外と「トリマーの仕事がきつい・辛い」「トリマーを辞めたい」と言っている方は多いです。

もしかするとこの記事を読んでいるあなたもトリマーの仕事をされていて、トリマーを辞める理由や退職の切り出し方を考えているところかもしれません。

 

そこで今回、実際にトリマーを辞めた方にアンケートを取ってみました。

具体的には

  • トリマーを辞めたいと思った理由
  • 退職理由の言い方・伝え方
  • 辞めると伝えたタイミング
  • 退職届にはどう書いたか
  • トリマーを辞めてよかったと思ったこと

です。

実際にトリマーを辞めた方が、どういう風に退職を伝えのかは参考になると思います。

 

その後に、

  • 辞めたいといっても会社に辞めさせてもらえない人
  • どうしても自分からは「辞めたいです」と言いづらい人、辞めづらい人
  • 退職拒否や引き止めを、自分一人だと振り切れる自身がない人
  • 今の職場が最悪で、いますぐ逃げたい、今すぐ辞めたい人
  • 損害賠償をすると脅されている人
  • 給料や残業代は払えない、有給も使わせないと言われている人
  • 出社拒否中で、どうすればいいかわからない人

向けに、退職代行サービスというものも紹介します。

いまトリマーの仕事で悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。


スポンサードリンク

トリマーを辞めた5人の体験談:退職理由や言い方、辞めてよかったことなど

※枠内をスクロールしていただくと読めます。

トリマーになりたくて、大学へは行かず専門学校に進みました。
学生のときから動物病院にアルバイトで入り、卒業とともにそのまま就職しました。

動物病院なので 最初はまだ 技術を上げるため看護士をやりながら、少しずつトリマーとして働かしていただきましまた。
自分のうちが牧場を経営していたので小さい頃から 動物が大好きでした。

 

自宅の家にいる動物を洗っていたのがきっかけでトリマーという仕事があることを知り幼い頃からトリマーになるのが夢でした。
私は正社員扱いではなく時給で働かせてもらってました。

トリミングも1頭いくらと料金が決まっていました。
私が勤務していた病院は 本当に忙しく他のトリマーさんも 看護士兼トリマーとして働いてました。

 

私も専門学校でどちらも学んでいたので午前中は看護士を、午後はトリマーをしていました。
2キロの小型犬から40キロ超える大型犬までやっていました。

ただほんとに忙しく休むことさえ申し訳ない感じがして 昼ごはんは食べれるときに立って食べて すぐまた仕事に戻るという日々でした。
看護士を兼任していたこともあり どうしてもそちらの仕事が忙しくなっていました。

 

トリミングしている最中に 急患が入れば一旦やめてお手伝いにいったりしていました。
夜も自宅が近いこともあって 真夜中に急患で呼ばれたりほとんどトリミングもできないくらい看護士の仕事が多くなっていました。

でも 動物病院が大好きだなので仕事にのめり込んでいました。 
7年くらい働いてから もう少しトリマーとしての技術を学びたいと思い もう一勉強し直すために退職したいなと思い仲間に相談したのですが 忙しい病院のためなかなか言い出せずいました。

また 院長先生が大好きで 寂しさもありなかなか退職する決意ができませんでした。

 

ただ トリマーとしての技術があまり満足いくものではなかったので いつか自宅でトリミングをやりたいと思っていたので 院長の機嫌いい時を狙って相談という形で話をしました。
最初は困ると言っていたですが長く話をして理解していただきました。

退職すると決めて1年もかかってしまいました。
それから1年トリミングを学び さあこれからってときに 結婚後決まり病院には戻らず転勤とともに結婚しました。

 

転勤先でやはり動物病院に勤務し 看護士兼トリマーとして働きはまじめました。
そこは 給与の中にトリマーとしての仕事も含まらていました。

前回の病院とは違いトリマーとして扱ってもらいほとんど看護士としては呼ばれまさんでした。
トリミングの頭数も多く また病にかかっている動物に対してのトリミングのし方を教わりほんとにためになりました。

 

ペットサロンで働いていました。
一応トリミングだけという形でしたが、毛をカットするだけではなくシャンプー、爪切り、耳掃除などやる事はたくさんありました。

大型犬の場合、カットするために体を持ち上げなければならず体力的に大変でした。
それに毛を乾かす為にはずっとドライヤーをかけていなければならなくて、夏場などは熱中症になってしまうのではないかと思うほどでした。

 

初めてトリミングする犬だと怯えてしまって噛みついてくる事もあって、生傷が耐えませんでした。
なかなか傷は治らないし、次々に噛まれるので後が残ってしまう事がありました。

飼い主の好みのスタイリングに応える為にはそれなりの技術が必要でいつも技術の向上につとめなければならず大変でした。
気持ちにも余裕がなく体力的にもきつくて辞める事にしました。

 

退職願には専門学校に通う為に辞めさせてもらいたいと書きました。
あまりしつこく止められる事はなかったです。

いろいろな仕事を探しましたが、やはり動物が好きなので、動物に関わる仕事をしたいと思い動物園の飼育係の仕事に就きました。
体力的にはこちらもきついのですが、美容面だけを考えるのではなく、担当の動物にずっと向き合い日々の変化を感じる事が出来、最初は距離を感じでいたのになついてくれてきたのを感じると嬉しいです。

 

出産間近の時には拘束される時間は多くなってしまい目が離せず心配はつきませんが、新しい命の誕生の瞬間に立ちあい目の当たりにする事が出来るとそれまでの苦労は吹き飛び本当に感動します。
動物園に訪れるたくさんの人達の笑顔を見れるのも嬉しいです。

特に子供達が目を輝かせて興味津々に見ている姿はかわいくて癒されます。
大好きなたくさんの動物に囲まれて仕事が出来て自分が癒され、それを見に来てくれている人達の幸せそうな顔を見る事でも出来る毎日はとても充実しています。

家族の絆を深める事に一役かっているのかなと思うと動物達の世話にも改めて頑張ろうと気合いが入ります。

 

専門学校を卒業後、地元のペットショップに正社員として就職し、退職するまで勤続9年働いていました。
動物が好きで始めた仕事でしたが、結局は人間関係が原因で辞めてしまいました。

動物相手の職業とはいえ、本当のところは飼い主さんとの信頼関係が大事になる為仲良くなる事を前提とした接客を行なっていました。
業務自体は学校で習った事をやるだけなので良かったのですが、なにぶん女性だらけの小さな職場だったので出るわ出るわ愚痴の数々。

 

黙々と犬や猫と向き合うだけなら平気なのですが…。
先輩方のお客様への愚痴と仕事の仲間内でのイザコザに巻き込まれ、尚且つお客様からのクレーム等で胃炎と十二指腸潰瘍を併発してしまいました。

その時は休職扱いでまだ退職には至りませんでしたが、その5年後、子供を授かることが出来た為、これは良いきっかけだと思い退職願いを出しました。
店長とソリが合わなくて辞めていく子が何人も居たので、本当は辞めたかったのですがなかなか言い出せず何年も経ってしまいました。

 

退職の意思をオーナーに伝えたのは妊娠が分かってからだったので、その3ヶ月後には辞めたいと申し出ました。
若い新人さんが就職してきたため、案外すんなり了承してもらいました。

自己都合で辞めさせて下さいと、退職届けに書いたのを覚えています。
その後、まだ出産までハローワークに通い失業保険をもらいながら暮らしました。

 

転職したのは子供が産まれて一年半経った頃、保育園に預けるタイミングの時です。
何故だかあれだけ好きだった動物ですが、全く違う仕事をしたくなって今では時間やシフトにある程度余裕のある清掃の仕事をしています。

転職して良かったと思ったのは、今まで見てきた世界や価値観をまた変わった視点で見る事が出来たことです。
私よりも年上の方が多く働いているこの職場では、みなさん色々な経験をされていて話していてとても楽しいです。

 

仕事は大変ですが、黙々と仕事をこなす事も自分に合っていました。
ごくたまに、住民の方から声をかけられる事で自分の仕事で人が気持ちよく生活できているんだな、と実感することが出来きた時はとても嬉しいです。

誰かの為に、喜んでもらえる為に…その2つはトリマーという職業も一緒ですが、プレッシャーや期待をしてしまう自分が嫌で嫌で。
そんな事がストレスになっていたので、目的は同じですが今の職場では良い意味で気が抜けて楽しく仕事が出来ています。

今では毎日体を動かしますし、狭い空間に息を詰めて仕事をしていた時よりもずっと気が楽になりました。
転職した事で体も心も軽くなり、本当に辞めて良かったなと思いました。

 

私は専門学校を卒業してもすぐにはトリマーにならず、全く違う分野で接客業をしていました。
しかしやっぱり専門学校で学んだことを無駄にしたくはないと思い、トリマーに転職することに決めました。

自分の愛犬のプードルはカットしていましたがそれ以外ではハサミを握らないまま2年という月日が流れてしまったので雇用形態にはこだわらず、雇ってくれるところを探しました。
すぐに見つかりました。

 

雇用形態はパートで時給制、私の仕事内容はトリマーアシスタントとしてトリマーの手伝いをしながら徐々にトリミングに携わる、販売していた子犬と子猫の世話、接客販売、小動物の世話、子犬と子猫のお手入れ(汚れていたら洗う、可愛く見えるようにカットする)、ペットホテルに宿泊している動物の世話などでした。

そのお店ではトリマーまたは販売員として分かれていたので、トリマー兼販売員という立場は私だけでした。
販売員は売上頭数の順位がつき、上位は少し給料が増えたりしていました。

 

トリマーの仕事は忙しく、販売で接客して売れそうな雰囲気でも途中でトリミングのお手伝いに呼ばれ、お客様を取られてしまい他の販売員の成果にされるということもしばしばありました。
「あいつは売ることができない、使えない」とたまにしか店に来ない社長が話しているのを小耳に挟んでしまい、悲しくなりました。

それでも子犬を可愛くカットして引き渡しの時にお客様に喜んでいただけたりしてやりがいは感じていました。
研修期間が終わったら時給50円アップと言われていたのに25円しか上がりませんでした。最低賃金です。コンビニの方が高時給でした。

 

トリミングの最中に噛まれて流血してしまい、念の為に注射を打ちに行きたいと言ったら、「自腹で勝手にどうぞ」と言われました。
仕事自体は毎日忙しく、休憩も取れませんでしたが、それでも犬が好きで2年間働き続けました。

お客様にも顔を覚えてもらい、同じお客様が3頭私から犬を買ってくださったりもしました。
しかし、社長から人件費削減の為に週5勤務を週3に減らし、8時間労働を5時間に減らせと言われました。

 

私は使えないと思われているため、店長が反対してくれましたが無駄でした。私の給料は10万もいかなくなりました。
好きな仕事ではありましたが掛け持ちしてまでは、ここのお店にすがりつきたくないと思い転職の決意をしました。

社長には電話で2週間前に伝えましたが「あ、はい、そうですか。」で終わりました。退職届もいらなかったです。
転職は全く動物と関係ない事務員になりました。

良かったと思うのは前よりも給料が良い。身体が楽。使えないと言われなくなったことです。

 

以前、動物病院で看護師兼トリマーとして働いていました。
当時の雇用形態は正社員でした。

辞めようと思った理由としては、個人病院ということもあり賃金が非常に安かった事と院長の従業員に対する態度でした。
具体的には、休日・夜間関係なく仕事の連絡をしてきたり、ミスをした際も帰宅後にメールで再度叱られたりなど精神的に追い込まれる事が多々ありました。

 

転職活動に不安はありましたが、当時は年齢が若かったこともあり転職するには今しかないと思い退職を決意しました。
退職届けというものがなかったので口頭で伝えましたが、退職の理由として賃金の件は言いづらかったので「別の資格を取るために勉強したい」と退職希望日の半年前に伝えました。

退職希望を伝えた時は非常に驚かれ、「考え直して欲しい」と引き止められましたが私の意思は固かったので考えは変わりませんでした。
退職後、1ヶ月程で現在の職場に転職することが出来ました。

 

以前の職場を「辞めてよかった」と思う事は、①賃金が動物病院で働いてた頃より約10万円程上がりました。
動物病院では月6回しか休みがないにも関わらず賃金は時給換算するとアルバイト並みでした。

②動物病院では院長に仕事を評価してもらうことが少なく、仕事自体は好きだったものの院長の態度に納得出来ないことが非常に多かったです。
しかし、現在の職場では上司に私の働きぶりを評価して頂け、業務リーダーを任せて頂けるまでになりました。

 

なんの知識もなく今の職場に転職しましたが、周りの先輩が丁寧に教えてくれたおかげです。
今の仕事にはとてもやり甲斐を感じています。

③プライベートが充実出来るという事です。
動物病院の頃は、連休がなく家族や友人と予定を合わせづらかったのですが現在の職場は連休もあり福利厚生もしっかりしている為、仕事もプライベートも充実して過ごすことが出来ています。

精神的ストレスもなくなり、周りの人に「楽しそうに働いてる」と言われる事が増え、本当に転職して正解だったと思っています。

 

今回は一例としてパートや正社員でトリマーとして働いている方を紹介しましたが、ほかにも契約社員で働いている方もいました。
また新卒で新入社員として入社したものの、イメージと違い研修中や試用期間中に辞めてしまった方もいました。

その他のトリマーを辞めたい理由・行きたくない理由って?

その他のトリマーを辞めたい理由としては

  • うつ病になった
  • 給料が安い
  • クレームがきつい
  • 腱鞘炎になった
  • ストレスがたまる
  • 嫌な客がうざい
  • 人間関係に疲れた

などがありました。

 

トリマーを辞める方法は、以下に紹介する記事が参考になると思いますが、もし

  • 自分から退職を切り出せない、
  • 辞めたいといっても強い引き止めに合う
  • 即日退職したい

という場合は、この記事の最後までお進みください。

自分で退職するコツ

退職時のよくあるトラブル解決法

もし自分から退職を切り出せない、強い引き止めに合う、即日退職したいなら…

もし自分でトリマーを辞めたいと言いづらかったり、すでに退職したいと伝えているのに辞められない場合はぜひ、退職代行サービスというものを使ってみてください。

  • 今この瞬間から、一言も会社の人と話さず退職できる
  • これまで退職を拒否されたことがない
  • 訴えられたこともない
  • 最短で即日退職可能
  • ほとんどの場合は有給も給料ももらえる
  • 退職後の手続きや流れを、丁寧に教えてくれる

という特徴があります。

 

自分が退職できる状態かどうかの無料相談は、24時間…つまり今この瞬間でも出来ます。
詳しくは以下の記事を読んでみてください。

⇒退職代行サービスの仕組み、値段、法的な問題、体験談はこちら