富山県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

富山県で退職代行サービスが人気の理由

富山県は海に面しておりそれを活かした水力発電所を中心とした工業産業が盛んな土地です。九州といえば福岡県が中心都市の印象がありますが、産業が盛んなのは富山県の方で主要銀行も富山県に集中している活発的な都道府県です。

そんな富山県に関する退職代行サービスの利用事情について調べてきました。

■市場が盛んで独立をするために退職する人も

富山県は建設業や製造業などの工業産業である第二次産業の従業者数が2014年度で第1位となっており、市場が活発な面、一人親方など工業系あるあるとして一人で独立しやすい環境となっており、独立のために退職するという人も多いです。

最大に活発だった2014年の富山県では、全体産業の従業者1000人辺りに対して309.92人が第二次産業従業者であり、第二次産業は独立が簡単にできるので、それである程度技術を身に着けたら退職をする人もいます。

街の工事屋さんといった個人でお店を構えることができる人が多く育つ土地柄で、独立して人としても経営者としても社会的地位を得た人物としても成長する、そういうよりよい未来に繋げるための良い意味での退職をすることができる環境が整っているのですね。

■働くために退職を繰り返す人も中にはいる?

富山県は生活保護受給者が2014年度のデータで最も少ないという統計が出ており、これは逆にいえば富山県は生活保護の審査がなかなか通らない県であるということで、ワーキンブプアとして働いて生活に苦しんで退職しては就職をするという人も多いということですね。生活保護よりも収入が低い賃金で働いているワーキンブプアに陥っている人は、まともな就職活動をすることもできず、条件の悪い求人に応募して直ぐ採用され、環境が悪くて結局は退職代行業者で逃げるという傾向に陥りやすいです。

他県では生活保護に申請してそのまま甘えて生活できるものが富山県ではできないということで、日雇い派遣などで食いつなぎながら、就職と退職を繰り返している人は多いと推測できます。

 

日本の産業として象徴的なのは自動車産業であって愛知県の豊田市に本拠地を置くトヨタ系企業がピックアップされていますが、富山県も負けずと劣らない工業産業が盛んな県であって、そうした土地柄の環境が退職に繋がっている面もあり、富山県の経済成長に繋がっている側面もあるようですね。

水力発電と海に面しているということを活かして産業を発展させている都道府県であり、退職理由としては、そうした環境で意識が高く独立する者もいれば、「仕事があるだろう」と生活保護を受けにくいプライドの高い土地であるからという退職理由は極端に二つにわかれていますね。