鳥取県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

鳥取県で退職代行サービスが人気の理由

鳥取県は鳥取砂丘で有名ですが、鳥取県に住む人の県民性は他県の人から見るとあまりイメージがないという人が多いかもしれません。しかし、鳥取県民独特の県民性から退職理由はあるようです。

そうした鳥取県の退職代行業者の利用事情についてまとめてみました。

■人工妊娠中絶が原因で女性の退職に繋がっている

兵庫県から南に位置する都道府県は他県よりも人工妊娠中絶件数が多いとされており、 鳥取県も2012年度で最も多くの人工妊娠中絶が行われていたというデータから、人工妊娠中絶をする女性に対し悪い印象を持つ人は一定数おり、人工妊娠中絶の事実が職場に伝わるなどすると居づらくなって退職代行サービスを利用する女性もいます。職場恋愛や不倫などの失敗から人工妊娠中絶した場合にはトラブルになって鳥取県という土地から離れたいと移住に伴って退職する女性もいますね。

また、人工妊娠中絶は「命を奪った」という意識が女性に強く残るため、そこから精神が不安定になって仕事を続けることができずに精神的な病となったことが退職理由となる場合もあります。

■パチンコ中毒になって生活が破綻して退職する人も多い

設置されているパチスロ台数が2016年度で第1位という鳥取県のデータもあるため、ギャンブル依存症に陥る可能性は他県よりも高く、パチンコに過度なお金を使いこむことで、借金を作って蒸発して借金取りから逃げるために退職するなどの退職事情は多いです。

パチンコ中毒になると、女性ならば風俗の世界に身を落とすことも多いために、それで昼の職業を退職する人もいます。パチンコのために手段を選ばないようになってしまうために退職するのですね。

■介護士求人が多いためそこから退職理由になることも

鳥取県は、介護老人保健施設定員が2014年度に第1位とあり、それだけ介護士の求人が多い都道府県であり、介護士は給料が低い上に昇給やボーナスが異常に低いなど求人と実体が異なることも多くトラブルで退職する人が多く、多くの介護士は幾つかの介護施設を転々としているのが実情であり、介護施設への不満から退職する人は多いでしょう。

介護士は、応募すればほぼ100パーセント受かるからと安易に介護士に応募したり、手に職をつけたいと介護士になったり、人の役に立ちたいと思ったからと介護士になったり、おばあちゃんっ子やおじいちゃんっ子であったため介護士になる人など様々な理由で介護士になる人はいますが、現実的な現状を目の当たりにして業界には残るものの、数度は退職して職場を変えるという人がほとんどです。

 

鳥取県は精神的な要因で退職する人が多いですね。県民性もありますし、環境もありますが、どこの都道府県でもあるような退職理由が鳥取県には顕著に突出しています。