東京都の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

東京都で退職代行サービスが人気の理由

言わずと知れていることですが、東京都は日本の首都です。日本の経済の中心であり、東京都の都道府県予算だけで一般的な国家と同等の予算を集めることができているという他の都道府県とは別格の都道府県ですね。

東京には、様々な事情を抱える日本全国の地方から人が集まってきており、そうした首都ならではの退職理由があります。

■独身意識が安易な退職に繋がっている

ゆとり世代はラインで「辞めます」と送って退社するという話題はありましたが、結婚していない若者だといつの時代でもイメージが違うと直ぐに退職しがちです。東京都はひとり暮らし率で2005年に第1位となっており、若者の内は退職しても直ぐに再就職できるので結婚を意識した恋人もいないと退職を踏ん張る忍耐力はどうしてもつきません。

しかし、今の東京都は、2010年度の調査で30代の男性も女性も未婚率が全国1位となっており、晩婚化もしくは独身を貫く人が男女ともに増えており、高齢になっても独身で自由であるが故に退職代行サービスを利用して退職してしまうという傾向は増えています。

また、安易に退職してしまうというだけではありません。独身で会社と家との往復だけの生活だと精神的に病んできて退職を考えて環境を変えようとするのは人として当然の心理でしょう。

■東京都では大卒でないという事実だけで退職に直結している!

高卒や中卒の芸能人が東京都のイメージを作っている側面もあるかもしれませんが、東京都は高卒求人倍率が2012年度でワースト1位となっており、絶頂期で4.34倍あり、理想と現実との違いが退職に繋がっています。2017年度の高卒就職率は男子も女子も東京都は最も低く、大卒であるのが当たり前であって、高卒はバイトや派遣をするものという意識が強く、当然のことですが、バイトや派遣というのはそのままの雇用形態だとほぼ100パーセントで定年前までにいつかは退職します。

正社員になれない地方からやってきた高卒の人が正社員に就けず、日金を稼ぐ仕事をしては退職を繰り返しているという実情はあるようですね。

 

グローバルな感覚に最も近い東京都の人は、その個人主義な思考のせいで退職する人もいますし、貧困の格差が日本より酷い他国のビジネスモデルを真似してしまうケースもあって、それも退職を繰り返して定職に就けない人を生み出しています。

便利な施設に囲まれていても、退職するはずがないほど恵まれた職場が山ほどあるかというとそうではないのですね。様々な考えによって企業も多種多様にあって退職へ徐々に人を追い込んでいます。