徳島県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

徳島県で退職代行サービスが人気の理由

徳島県は四国の東部にある他県民からすれば特に名産品なども含めて総合的に印象にないといわれてしまうような都道府県であります。

そうした徳島県にはどんな退職事情があるのか?

徳島県の謎が多い実態について調査してみました。

■気軽に病院に通いやすく、病気が見つかることで退職する人も

徳島県は現役医師数が2016年度に第1位であって薬剤師数も2014年度第1位と医師の数が多く、気軽に病院に通いやすい環境にあり、がんなどの深刻な病気の早期発見に繋がっており、それが逆に定年してから死ぬまで気づかない他県よりも早くに気づく徳島県民が退職して療養をする人も多い傾向があります。

整形外科医師数、小児科医師数、内科医師数、外科医師数など各分野に渡って各年で第1位を記録しており、病院に気軽な気持ちで通って退職せざるを得ない病気が見つかってしまい、退職する人もいます。

ただ、ヘルニアが早期に見つかって手術して治るなど、早期発見によって病気が治療されて定年退職まで仕事を続けられる人もいるので、ケースバイケースな退職事情となっていますね。

■過保護な家庭環境が子供の退職代行サービスを促す一面も

徳島県は2014年度と2016年度に仕送り額が第1位となっており、仕送りをしていない世帯も含んだ平均値で徳島県は68,990円で、子供が大学生活などを充実して送れるという反面で、甘えた考えになってしまい、新卒で採用されたのはいいものの上手くいかず、仕送りに頼って退職代行で退職してニートになるという子供もいるようですね。

■正社員社会で思い切った退職をする人も

徳島県は非正規労働者数が2012年度に全国で最も少ないというデータが出ており、就くなら正社員という意識が高く、逆にいえば閉鎖的な職場環境であるともいえ、正社員で採用されたのはいいものの会社が合わずにしばらく勤めていたものの溜め込んだストレスを抑えきれずに爆発して退職代行業者を利用する人もいますね。

正社員としての会社に縛られた人間関係が合わず、退職する人が多いというわけではありませんが、社内いじめなどにも発展しやすく、退職する人は全部放り出して清々しい思いで退職代行サービスを利用するといった傾向があります。

 

徳島県は四国の入り口であってあまり特質した県民性などは見られませんが、様々な要因によって退職事情に繋がっているようです。

退職については全体として数が多いというよりも、深刻な理由での退職理由を持って退職する人の数が多いという印象がありますね。退職しやすい環境が整っているというよりも、退職するために重大な決断をして退職をする人が多い傾向があります。