栃木県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

栃木県で退職代行サービスが人気の理由

他県民から見ると、何かインパクトのある印象があるというわけではないというのが正直な栃木県の見方でしょう。東京に近いようで遠いので首都園の中にも入っていません。栃木県には何があり、何によって退職に繋がっているのかわかりにくいですね。

実態はどうなのでしょうか?

■主要産業がないのが退職に繋がっている?

イチゴ生産量が2010年度第1位となっているくらいで栃木県には日本一といえるものがあまりありません。つまり、他県に比べて安定した産業が少なく、景気によって給料が減ったり会社が倒産したりして退職しやすい土地だといえます。田舎であるので退職をしてより良い条件につこうとするマインドは強いですね。

農産物が主要産業ではあるのに関わらず、内地で漁業に関しての仕事が全くできないというのも痛手ですね。

ブランド米が有名ですが、秋田県などに比べると圧倒され、農家の廃業率すなわち退職率も高くなっているのはあります。

■政治思想で現実的な考えを持っていると、退職に繋がっていく可能性が

栃木県は与党を支持する保守的な政治思想が強い土地である傾向があります。与党であるみんなの党得票率が10年間連続1位になったり、2013年度では与党投票率が全国1位となったりしています。

そうした傾向が強いとどうなるかというと、土地にお金が流れなくなり、退職理由に繋がります。野党の議員の方が汚職などいわゆる「汚いお金」の流れがよくなり、地方には利益が還元されるからです。建設事業など様々な事業で地元の人が優遇されるようになります。与党が土地に根付いているとその逆で、栃木県民のみに利益が出るということはなく、結果として退職理由となります。

栃木県の得票率で全国47位となっているのは、全て野党です。2010年参議院比例代表では、日本共産党、たちあがれ日本、社会民主党、幸福実現党など、地元汚職に強い政党を毛嫌いする傾向があります。新党改革得票率や女性党得票率も最下位であります。

ゲテモノには手を出さない。

そうした国全体を考える政治思想であるとはいえるのですが、その分、栃木県に「汚い仕事」が減って景気が悪くなって退職理由になっているのはあるでしょう。

 

栃木県には魅力的なものがあまりなく、魅力的なものを取り入れない閉鎖的な環境もあって嫌気が差して退職する人は多いです。

地元民だとずっと定年までいられる可能性は高いですが、他県からやってくると退職してしまう傾向が特に強いですね。