これまで当サイトでは、様々な会社を辞めたくなる理由から退職代行サービスを利用するケースを紹介しました。

例えば

  • セクハラ・パワハラ・モラハラを受けている
  • 就職した会社がブラック企業でうつ病になってしまった
  • 上司や社長にいじめられている
  • 残業代が出ない、長時間労働

などなど、どれも納得できる仕事を辞めたくなる理由ですよね。

 

では、「仕事が楽しくない・つまらないから辞めたい」というのはどうでしょう。

 

おそらく仕事に何の不満も抱いていない人からすると、「贅沢言うな」とか「仕事はどれも楽しくないもので、みんな我慢してるんだ」と言われてしまうかもしれません。

でも実際、この「仕事が楽しくないから転職したい」と悩んでいる人は本当に多いです。

 

今回は、

  • 仕事が楽しくないことで転職を考える、よくある理由
  • 実際に仕事がつまらなくて転職した人に、後悔していないかのアンケート結果

をご紹介します。


スポンサードリンク

仕事が楽しくない・つまらないから辞めたいと思う理由

今回色々とアンケートを取りましたが、仕事が楽しくなくて退職を考えている人の理由としては

  • 営業実績などの結果がほとんど給料に反映されていなかったため、やりがいが一切ない
  • どれだけ頑張っても評価されず、指示をした上司が美味しいところだけを思っていくため、何のために仕事をしているのかわからない
  • 顧客が望んでいないにも関わらず、商品を売り付けたり、こちらの成績のために頭下げてお願いしたり、でっち上げの数字作りに嫌気がさした
  • お客さんが少ない接客業で、何もやることがなくモチベーションが全く上がらなかった
  • 接客業だが客との接点は一人あたりほんの数分。そのため会話を楽しむこともほとんどなく、毎日同じことを繰り返し、ただ件数をこなすという内容に(いつまでこんなことを続けていくのだろうか)と、やりがいを見いだせなくなった
  • 先輩や上司が「いかにサボるか」としか考えておらず、自分にはロールモデルとなる先輩がいないと気づき、もうこれ以上の成長はこの職場ではできない、努力を重ねるための良い刺激となるものがないと感じた
  • 言われたことを淡々とこなすだけだったので、無思考状態で誰でもできるし、全く自己成長を実感できなかった
  • もっと効率よく仕事をしたいと思い、職場の人に提案してみたが、同じことをやっていればいいと言われた
  • 夢のある理想の仕事だと思っていたが、実際に働いてみると理不尽なクレームや上下関係の厳しさ等、当初のイメージと大きくかけ離れていて楽しくなくなった
  • 仕事内容は好きなのに、女性特有の対立・ミスをネチネチ言い訳するような面倒な同僚・いい加減な上司など、人間関係が原因で仕事自体が楽しくなくなった

等がありました。

 

とはいっても、仕事がつまらないからと言って退職するかどうかを悩んでしまう理由は

  • これまでの経験がゼロに戻るんじゃないか
  • 職場に仲のいい人もいたので、辞めることで関係が崩れてしまうんじゃないか
  • 勤続年数がまだ短く、転職するには早すぎるんじゃないか
  • 転職先で、本当に仕事は続けられるんだろうか
  • 引き止めにあったとき、ハッキリと断れるかどうか
  • 自分の年齢でも、転職して間に合うだろうか
  • 新しい仕事をすると、また覚えることとかがあって大変かもしれない
  • 次の仕事は直ぐに決まるだろうか

等がありました。

楽しくない・つまらない仕事は辞めるべき?実際に転職した人からのアドバイス

実際に仕事が楽しくない事を理由に転職された方に、今仕事がつまらない・やりたくない事で悩んでいる人へのアドバイスを貰ってきました!

仕事を辞めるべきかどうか、参考にしてください(クリックしていただくと、アドバイスが読めるようになっています)。

Aさんのアドバイス

転職して本当に良かったと思うのは、自身の特技を活かして前の仕事よりも顧客とダイレクトにやりとりが出来る内容だという点。
今は仕事内容のほとんどを自分で自由に決められる仕事をしています。

試したかった事も試せる。そしてそれが報酬に直結するというのはただただやり甲斐でしか無い。
もし今の仕事がどうしても自分のスタイルに合わないと思うなら、新しい挑戦へと飛び込んでみるべきですね。

私も不安はありましたが、やらずに後悔し続けるよりはやって後悔しましょう。
その場合は転んでも必ず得るものがあります。

Bさんのアドバイス

転職してよかったことは、自分の時間が増えたことです。
まだ再就職していないこともありますが、ほんとに自分がやりたいことは何だろうかと向き合うこともできました。

転職前は、前の職場の人たちと疎遠になることを悩みましたが、意外とそんなこともありませんでした。
むしろ、一歩外で客観的に見れるようになりました。

悩んでいるのであれば、どんどん他にチャレンジするべきだと思います。
一度きりの人生、自分が楽しい!と思って過ごすことが大事だと思います。

特に仕事に従事する時間は長いので、嫌だなつまらないなと思いながら時間を過ごすより、楽しいな面白いなと思いながら時間を過ごすのとでは、仕事に限らずプライベートも充実できると思います。

Cさんのアドバイス

接客ではありますが、アパレルとは別の仕事に転職しました。
自分が退屈だと感じていた分、次の職場はやりがいのある職場と決めていたのでたくさん見学に行ってみたりしました。

ですので今の仕事はとてもやりがいがあり楽しいです。
悩んでる方は絶対に行動にだすべきです。

勤務年数を気にしたりもしましたがお金は働いて使った分戻すことができても、時間を戻すことは誰にもできません。
ですからあの時に決断して良かったとおもっております。

一度きりの人生、悔いのないようにしてほしいです。

Dさんのアドバイス

つまらないと思いながら働くことはとてもストレスで、今はそのストレスがなくなりました。
自分が辞めたあと職場が回るかついて悩んでる人がいるとしたら、そんなことは悩まなくても、残された人たちで結局はなんとかする。ということです。

企業にとって変わりのきかない人間などそうそういないと考え、自分の気持ちを重視することで気持ちが楽になると思います。
転職するにせよ、続けるにせよ、楽しいかどうかは自分の心が決めることです。

少しでも仕事に愛着があり、小さな楽しみを広げられる可能性があるのなら、続けることにも意味があると思いますし、他へ楽しみが見つけられそうなら思い切って新しい道へ進むのも、自分の可能性可能性を広げる方法です。
停滞することが一番無駄なこと。気持ちを変えるか、道を変えるか。

いずれにしても、自分は全力でやったと思えるほど働くことが大切です。

Eさんのアドバイス

ストレスから解放されたことだけでも充分プラスとなったので、後悔していません。
私は次の転職先を決めずにその職場を退職しましたが、それが出来たのは就職活動に苦手意識がなく、また、ある程度の貯蓄があったためです。

転職活動の上で退職理由を堂々と前向きな言葉に転換できるポジティブさがあることと、収入が無くとも3ヶ月程度暮らせる蓄えがあることが確認できたら、今に囚われることなく転職していいと思います。
転職を挫折だとは思いません。経験のある業種・職種の数よりも経験のないものの数のほうが多いのだから、人生を変えるチャンスだと思います。

Fさんのアドバイス

最終的には同業の会社へ転職を成功させ、給料や勤務時間等の待遇面だけでなく人間関係も改善されて、ここで貢献したいという気持ちを持ちながら日々励んでいます。
厳しい状況に置かれて苦しんでいる人は少なくないと思いますが、我慢して自分を壊してしまうのは時間の無駄だと思います。

仕事では多少なりとも楽しくないことはある思いますが、それを我慢し続けることが仕事だとは到底思えません。
現に私自身は同業への転職を成功させて、充実した仕事と生活を手に入れました。

転職への決断は、簡単なことではありませんが捨てる神あれば拾う神ありです。

Gさんのアドバイス

私の場合、転職というより独立という形を選びましたが、本当に働きたい会社があったら転職も視野に入れていました。
仕事を変えてよかったことは、全てが自己責任になる環境に身を置いたことにより、常にどうすればいいかと考えるようになったこと。

1つ1つの試練を乗り越えるたびに成長を実感できるので、本気で生きてると思えるようになったのは、本当に毎日が充実しているので良かったです。
人生100年時代と言われてますし、とにかくやりたいことをやったもん勝ちの時代にシフトしています。

もし、現状にモヤモヤしているなら、思い切った行動も検討する価値はありますよ。

Hさんのアドバイス

保育士は向いてないと転職し、コンビニのアルバイトや派遣、接客業、サービス業とあらゆる仕事転々とをしてきましたが結果的に転職して良かったと思っています
子どもとは別の形で触れ合えますし今は保護者のことで怯えることもないので昔のように小さな子どもは大好きです、あのまま保育士のままでいたらきっと私はストレスで本当に子どもが嫌いになっていたと思います。

もしも今、仕事が楽しくない、つまらないと思っているのでしたら動けるうちに転職してしまっていいと思います。
次の就職先が決まるかわからない不安があるのもわかります、ですが最初は好きで入った業界でもこのままの気持ちだといつか大嫌いになります、そして自己嫌悪に陥ってしまうかもしれません。

そうなる前に、逃げ出してください。
仕事は人生には必要不可欠なものです、ですから楽しい職場で働いてください、一歩踏み出してしまえば道は必ずありますよ。

Iさんのアドバイス

仕事はお金を稼ぐ手段だとか、楽しむことではないとか思われがちですが、実際に楽しんでやらないと毎日がつまらなくなってしまいます。
自分が楽しい!やりがいがある!と思える仕事を見つけることが大事です。

今やってる仕事がつまらないのであれば辞める勇気も必要だと思います。
私は実際に転職してみて、正直一から仕事内容を覚え直すのは大変でしたが何よりやりがいがあります。

職場の方と協力して仕事をするのが楽しいです。皆さんも楽しく仕事をできることを願っています。

Jさんのアドバイス

いつまでも同じ場所、今やっている仕事がつまらないと感じているのならすぐにでも転職した方が良いと思います。
悩んでいる内にどんどん時間は過ぎてしまいます。

今日できたことも明日にはできなくなる可能性があります。
悩んでいる環境にいるということは、この先その悩みが解消されることはありません。

転職は思い切って一歩踏み出せば意外と簡単なことだと思います。実際私がそうでした。
一年後、二年後、10年後後悔しないように今を生きて下さい。

Kさんのアドバイス

転職してよかった事は一から人間関係を築いていける事と、キャリアアップ出来る事です。
自分にはどんな仕事が出来るのか、この仕事好きかもしれない、等といったまだ知らない自分を知る事が出来ました。

私の経験上個人的な考えですが、仕事は楽しさがなければ良い仕事は出来ないと思っています。
身体的に辛くても、楽しいという気持ちがあれば苦にはならないし、自然とミスもなくなるものです。

楽しくないと感じるのであれば、思い切って転職するのもアリだと思います。

 

以上です!

退職を上司に伝える方法については、以下の記事などをお読みください。

嘘の退職理由ランキング!上司を納得させた15の上手い理由

退職すると怖くて言えない、言いづらい?15の退職の切り出し方

今すぐ仕事を辞めたい方へ!訴えられにくい即日退職の方法

「仕事が楽しくない・つまらないので辞めます」とは言いにくい場合は、退職代行サービスも

退職をする際には「退職理由」を上司に伝えなければいけませんが、「楽しくないから辞めます」とは言いにくいですし、そもそも上司が許可してくれませんよね。

そんな時は、今この瞬間から一切上司と話さず、合法的に即日退職できる退職代行サービスがオススメです!

詳しくは以下の記事をお読みください。

⇒退職代行サービスの仕組み、流れ、値段、法的な問題などについて