夜の仕事・水商売の業界では、お昼の仕事では珍しい状況に見舞われることが多々あります。
そんなこともあって、現在ナイトワークや風俗業を辞めたいと悩んでいる人も多いと思います。

特にソープランドは本番をしますから、ほかの風俗業よりも悩みが深い事が多く、「ソープ嬢の仕事がつらい・きつい」「ソープランドを辞めたい」という人も本当に多いです。
もしかするとこの記事を読んでいるあなたもソープで働かれていて、すでにソープの仕事を辞める理由お考えていたり、退職の切り出し方を考えているかもしれません。

 

というわけで今回は、ソープランドでソープ嬢を実際に辞めた方を対象に、アンケートを取ってみました。

内容は

  • ソープを辞めたいと思った理由
  • 退職理由の言い方・伝え方
  • 辞めると伝えたタイミング
  • 退職届にはどう書いたか
  • ソープを辞めてよかったと思ったこと

です。

実際にソープを辞めた方が、どういう風に退職を伝えのかは参考になると思います。

 

その後に、ソープを辞めるうえでよくあるトラブル

  • 辞めると言ったら脅されたり、罰金や損害賠償を請求された
  • 辞める時に給料をもらえなかった
  • 辞めた後に実家や学校に電話されたり、怖い人が家に来ないか心配
  • ソープをバックレるとどうなる?

などをまとめて解決してくれる退職代行サービスというものを紹介します。

最後にはお店に行かずにソープを即日で辞める方法もご紹介します!


スポンサードリンク

ソープを辞めた5人の体験談:退職理由や言い訳、伝え方など

※枠内をスクロールしていただくと読めます。

お金のために割り切ってソープで働く事は嫌ではなかったしどうしてもお金が必要になり知り合いが昔、ソープを経営していたのでその知り合いのツテでソープを紹介してもらいました。
その店は昔からあるトルコと言われていた時期の建物をそのまま少し手を入れて名前を変えて営業しているところでした。

ソープ未経験の私にママ自らが裸になってマットでのプレーを教えてくれました。
ドレスも貸してもらえたし本名も明かすことなく伝えたのは携帯番号のみ。

支払いは現金を日払いでもらえました。

 

お客様は嫌なら断れる様になっていたのである程度は選べるし、知り合いと会う事もなく仕事が出来ました。
ただ店には数人の男性が働いており人によって対応が違いました。

当然、良い人も居ればそうでもない人も。親切な人は使った後のタオルを下げに来てくれたりしましたがある人は片付けも全て私。
お客様も韓国人を回して来たり嫌がらせとしか思えませんでした。

 

私は年齢も高く若い子には年では勝てないのはわかっていましたが熟女好みのお客様も多く、従業員に差別される事が嫌でお店を辞めました。
辞めるにあたりもめる事もなくすんなりと辞める事が出来ましたが辞める話をした時にママから「たまにはお茶をひくこともあるよ」と言われました。

ママは私がいつもお客様がつかないことを不満に思って辞めると思っているようでした。
元々昼間はフルタイムで仕事をしていたのでソープ一本で働くつもりはなかったし辞めた事をきっかけに新しい店を探す事はしませんでした。

勤めていたソープは一年後に熟女専門店になっていました。

 

昼間の仕事は勤めて10年になります。
仕事関係の80前の年寄りから月20万でご飯を食べたり話したりして欲しい。と言われています。

愛人?と言う事なのでしょうか?
奥様は15年前から施設に入っており、今は寝たきりになっています。

元々拘束される事は嫌いなので返事もしていませんがこれも転職なのかと考えています。

 

初めまして、20歳前半にして経験した内容を話していこうと思います。
まず、何故この仕事を始めたのか、今は旦那になりましたが当時の彼は学生だった為収入が少なく『一緒に暮らしていく為にはお金が必要だった。』とゆうのが1つと『彼に負担を掛けたくなかった。』が理由です。

と言ってもこの仕事を始めるにあたって凄く勇気がいりした。
簡単な仕事ではない為精神的に苦痛になったり…それでも、粘って頑張っていた私にある事件が起こりました。

 

どこの会社でもやはりあるのでは?とその時に思ってしまいましたが『金銭トラブル』。
明細表と金額が合わなかったりしていた為何度かスタッフさんに尋ねたりしてみましたが軽く流されるような態度を取られたりしていましたね。

体調が悪いにも関わらず何度も連絡をしては出勤のお願いをされたり…分かってはいるんです。
ですが、『お金の管理がきちんとなっていない会社に何故私が無理して働けばいけないのだろうか。』と日々思うようになってしまい辞める1ヶ月前には社長さんにもお話を致しました。

 

色々とお世話していただいていましたが、金銭トラブルが関連してくると疑うわけではありませんがそうゆう目でどうしても見てしまうんです。
私だけですかね…。

それから1ヶ月が経過して違うお店に勤めてみましたが前の職場とは違って毎回確認をしたり金額があってなかったりすると深く御礼をされ気持ちプラス頂いていました。
スタッフさんの対応も良く、この環境の違い差に凄く驚きでした。

 

色々なお店ありますがブログ等に記載されているのは本当の事だったり嘘を書かれていたり…色々な世の中ですが1度体験してみるとこうゆう世界なんだなと思い知らされました。
嫌なことばかりではありませんでしたが職場が嫌になり違うお店に転勤した事で色んな事が学べたし、何より自分と葛藤していた気持ちがすっきりして解決できました。

世間的には嫌な目でしか見られてない仕事ですが、ソープランドのお仕事も立派な職業だと私わ思いました。

 

20代前半で起業し、失敗。多額の借金を背負いました。
自己破産しようと思い家族に相談しましたが、家も自営業なので自己破産はやめてほしいと言われ、なくなく諦め風俗の道へ。

約2000万以上の借金がありましたので、早く何とかしようと思い切ってソープに入店しました。
経験もなく、手探りの状態での入店でしたし、システムもわかっていませんでした。

 

手取りのお給料で一番高いお店を選び、幸いにも合格。
顔出しは一切なしでしたので予約は入りづらかったですが、月日が経つにつれて、御指名様が増えて気が付けば借金も残り数百万。

このままの調子でいけば、一年以内に辞められるかなと思っていた矢先の出来事です。
お客様は基本的に優しいお客様がほとんどでです。

 

ソープなのでマットプレイとベッドプレイを行います。
お店によるのかもしれませんが、私が働いていたお店は避妊具着用店でしたので、そういう面では安心して働かせていただいてました。

それがある時期を境に、避妊具を着用せずに挿入しようとするお客様が急激に増えてきました。
もちろんルール違反ですから、丁重にお断りしていましたが、腹を立てたのか嫌がらせのように匿名掲示板に誹謗中傷を書き込まれるようになりました。

 

完全に逆恨みの営業妨害です。
お店のスタッフにそうだんしたものの、上っ面では心配してはくれましたが、風俗嬢だからそんなのをいちいち気にしていたら仕事が務まらない。と言われ、そんなものなのかと自分に言い聞かせて働いていました。

掲示板を見るから、精神衛生面が悪化すると頭ではわかっていますが、万が一何かの拍子で個人情報が掲載されるかもしれないと、見るのをやめられませんでした。
そうしているうちに、だんだんと新規のお客様を接客するのが怖くなり、挙句、本指名のお客様すら怖くなって、仕事に行くのが億劫になりました。

 

もう少しで借金完済。その為に頑張れと自分を鼓舞して頑張っていましたが、ある時、ポストに手紙が入っていました。
HPで掲載している私のモザイクのプロフィール画像でした。宛名も何もなく、ポスト投函です。

恐怖で全身が凍るようでした。
思い当たる節がなかったわけではありません。

 

避妊具を破ってまで行為に及ぶ方が中にはいらっしゃったので、さすがの私もスタッフを呼び然るべき対応を致しました。
その方ではないかと思うのですが、証拠も確証もありません。

このままでは刺されるかもしれないと思い、店を辞めて引っ越し、今は別の仕事をしています。
引っ越してからはなんの嫌がらせもありませんが、恐怖と不安が消えません。

 

風俗に来るお客さんはルールが理解できていない方も多々います。
楽してかせげるなんて簡単に思って入店しないほうがいいと思います。

ですが、そのお陰で昼の仕事に復帰してから、多少の理不尽には耐えられるようになりました。

 

これは私の彼女の話であります。
元々は地元の同級生で再開して付き合っていたのですが、彼女の仕事は後から知った感じでした。

最初にソープランドで働いてたことを知っていれば、付き合ってなかったと思います。
彼女に情がうつり、カミングアウトされた時は正直、疑いました。

 

私は生真面目な方で風俗なんか行ったこともなければ、そこで働く人たちやその客人をあり得ない目で見ていたからです。
まさか自分の彼女が…なんて目からうろこでした。父子家庭で育った彼女には彼女なりの理由があったのでしょう。

深くは聞きませんでした。
2年ぐらい働いてるそうですが、もう辞めました。

 

理由は私との関係性を気にして、世間体、あと、体力的にしんどかったのと、お金にも余裕が出来たことです。
体力的にしんどいのはフェラチオですね、最初にシャワーで良く洗ってからパクっとくわえるのですが、その長さがお客さんによって長い人がいるのです、

あごが疲れるまでやらさせたりと、セックスの中で1番嫌な作業だったと言います。
他にはオプションで副収入となるプレイのアナルファック、気持ちよくなかったみたいです。

さすがにスカトロやSMプレイは給料はいいものの勇気が出なかったらしいです。

 

よく聞かれる職場での女同士の派閥や男性社員やお客さんとの恋愛トラブルや妊娠問題は彼女にはなかったらしく、私は1番心配していた種は解消されました、
もちろん彼女がソープ嬢だとカミングアウトされた時に最初に聞いたことですから、後で面倒なことになったらたまらないですからね、

もしも彼女は私と付き合ってなければ、ソープランドを続けていたかと質問してみました。
続けていたかもしれない、ただ、辞めれるきっかけを探していたのは事実でした、

 

歳を重ねていけば商品としての価値は急激に下がる仕事ですので、引き際を自分で見つけられなかったそうで、感謝されています。
セックスが大好きな淫乱女というわけでもありませんが、正直、しごとがらプロですね、

彼女とのセックスは最高です。誰にも言えませんけど。

 

雇用形態は常勤でした。2日出て1日休み。
やめようと思った理由は海外留学をするためです。

私はその店はけっこう長く勤務していてそのころには2年以上は過ぎていたと思います。
ずっと夢見ていた海外留学のためにお金をためて常勤で働いてきました。

 

目標の金額まで貯金がたまりついに店をやめることを決意しました。
ずっと仲良くしてくれた店長にすの胸の内を伝え。いつ辞めるかなど今後の事を話あいまいした。

彼とは長いつきあいで指名が取れない時やいやなお客さんに会った時などたくさん力になってもらえた。
ただの店長というよりはほぼ同志のような感覚の関係でした。

 

いつも店の終わった後に一緒に食事をしにいってさまざま事を話し合ったり相談したりしていました。
店長はとても喜んでくれて今後うまくいくようにみんなで送別会を開いてくれると言ってくれました。

それは風俗嬢にはとてもありえない事。
ほとんどみんなそのまま消えてしまうような中でそこまでしてくれる事は本当にうれしかったです。

 

それがそこからは急に悪い展開が…まだ辞めるまであと1月ほどあるところで急に店長が私を個室に呼び出しました。
今になって仕事の内容をみるために研修をするというのです。

今まで親しくしてくれたのに断りずらくなり一緒にお風呂に入り、お客様に接客するよと同じような状態で研修をしました。
特別不安に思ってはありませんでしたが急にまた新たな展開が。

 

本番になるようにアプローチしてきたのです。
しばらく様子を見ていましたがからだをずらしたり何気なくそのモードから切り抜けようと一生懸命に態度であらわしました。

結局何もおきずうまく退職までできましたがやはり風俗業ではよくある話らしく、店長が女の子を仕事と称して無料で本番行為をするらしいです。
最後の最後でこんな事がありやはりくやしく思いました。なので退職してすぐにいつも取っているでまえの店に電話して架空の注文をしていやがらせをしてやりました。

 

このほかにも、学生でソープで働いていた方、体験入店のみでソープを辞めた方、研修中に辞めた方もいました。

その他のソープ嬢を辞める理由・行きたくない理由って?

その他のソープ嬢を辞める理由としては

  • 体験入店だけのつもりが、むりやり流れで働かされそうになった
  • 病気が怖くなった
  • 精神的に辛くストレスがたまった
  • とにかく仕事が大変、辛い、きつい
  • 働いてみると求人の内容と違った
  • 親にばれるのが怖くなった
  • 自分には合わないと感じた
  • 生活リズムの乱れについていけなくなった
  • 大切な人ができた
  • 人気がでなくていづらい

などがありました。

 

ソープを辞める方法は、以下に紹介する記事が参考になると思いますが、もし

  • 自分から退職を切り出せない、
  • 辞めたいといっても強い引き止めに合う
  • 即日退職したい

という場合は、この記事の最後までお進みください。

自分で退職するコツ

退職時のよくあるトラブル解決法

今すぐ一言も話さずソープを辞めて、その後の関係も一切断ち切れるサービスって?

ソープを辞める時って、昼職とは少し違う問題が起きやすいんですよね。

例えば

  • 罰金や損害賠償を請求すると脅される
  • 学校や実家に電話がかかってこないか心配
  • 「それなら給料はもう払わない」と言って引き止められる
  • 辞めた後に怖い人が家に来たり、嫌がらせの電話が来ないか心配

などの怖い思いをしていて、簡単にソープをバックレたり飛ぶ事ができなくて悩んでいる方も多いです。

勿論これらは違法なのですが、自分一人で相手を説き伏せるのもなかなか難しいと思います。

 

こんな時に便利なのが、第三者が間に入ってくれる退職代行サービスです。

退職代行サービスは私たちと会社の間に入ってくれるサービスで、

  • 代わりに退職を伝えてくれる
  • 当然の権利である給料、残業代についても伝えてくれる
  • 私たち本人はもちろん、実家や学校に電話しないよう伝えてくれる
  • 今この瞬間から、一言も会社の人と話さず退職できる
  • これまで退職を拒否されたことがない
  • 訴えられたこともない
  • 最短で即日退職可能

という特徴があります。

退職代行サービスという第三者が間に入ってくれることで、お店も違法なことをバラされてはいけないと、急に退職を認めてくれることが多いそうです。

ある退職代行サービスでは1日30件ほど問い合わせがあり、こういう問題にも慣れているそうです(笑)

「今からもう一言も会社の人と話す必要はありません。我々が穏便に貴方を退社させます」
「我々が全力であなたを守ります。絶対に連絡しないよう伝えるので安心してください。」
「これから先は全て我々を通じてやり取りします。我々は慣れていますから、リラックスしてお待ち下さい。」

私が使ったときは、そう言ってリラックスさせてくれて、その通り一言も相手と話すことなく退職することができました。
もちろん退職後も一切関わりがありません。

 

自分が退職できる状態かどうかの無料相談は、24時間…つまり今この瞬間でも出来ます。
詳しくは以下の記事を読んでみてください。

⇒退職代行サービスの仕組み、値段、法的な問題、体験談はこちら