滋賀県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

滋賀県で退職代行サービスが人気の理由

滋賀県といえば日本一の湖である琵琶湖があることで有名です。角川書店が出版している47都道府県ごとに出している地域についてまとめた角川日本地名大辞典では、温和で努力家、文武においては文の方に優れているが、閉鎖的な県民性でもあるとされています。

そうした滋賀県の県民性から考えた退職事情について調べてきました。

■スマホ世代が多くてパソコン仕事ができずに退職する人も

スマートフォン普及率が2012年度と早い段階で全国第1位の記録を出しており、利害に敏感である滋賀県の県民性が現れていますが、スマホを使っているとパソコンの操作ができなくなるという特性もあり、就職先でパソコン作業が上手くできずに仕事がハードに感じてしまい、退職する人もいると思われます。

特に事務職ではパソコン仕事がメインですので、エクセルの操作などパソコン技術で仕事ができる人であるか評価されるため、そうした職場に就いてしまうと、仕事ができないという声に耐えられずに退職代行にお願いする方もいます。

仕事ではスマホを幾ら素早く入力できる能力があってもそんなことは関係なく、別物であるパソコンを使いこなせる能力が求められており、そうした仕事環境に今時の新卒の若者がついていけずに退職代行を利用する可能性は他県よりも滋賀県は高いでしょう。

■勉学に優れている反面で滋賀県に勉学施設がないことで退職リスクを高くしている?

滋賀県は勉学に優れた県民性であり、関西地方の名門大学である立命館大学合格者数が2017年度で第1位という記録を持っている反面で、滋賀県に名門大学がなく、滋賀県内で就職したとしても、知性を活かした就職先に就けずに理想と現実のギャップで退職する人もいるでしょう。

また、小学生の往復通学時間が2016年度で第1位となっており勉強する時間が削られて全国学力テストの小学生正答率が2018年度で全国最下位という記録を出しており、義務教育での勉学をする環境が整っておらず、勤勉な意欲と学習施設の数がマッチしておらず、将来的には低学歴を多く生んでしまい直ぐに退職する仕事意欲の持てない人がでる退職リスクも背負っています。

近場に通える小学校がないということは、塾や学習スクールなど小学生を対象にしたビジネスの効率的な立地条件を持つ経営場所も少ないということであり、高学歴な人がビジネスをしようとしても失敗して廃業して退職するというパターンもあります。

 

滋賀県民は勤勉な県民性であり地元意識が高いのですが、そうした人材を活用できていない部分もあり、それが退職に繋がっている側面もあるのですね。