最近、退職代行サービスのニュースを見ることが多いですね!

多くの場合は「退職代行サービスなんてあるんだって、困ったものだ…」といったコンセプトで紹介されていることが多いですが、中には「ブラック企業が蔓延している日本には必要なもの」と紹介されるケースもあります。

 

そこで一度、「退職代行サービスについてどう思うか」を当サイトでも募集してみました。

テレビの声とネットの声では正確性が違うので、実際のところどう思われているかの参考になると思います。

 

あ、一つ言い忘れました。

誰がどう思おうが退職代行サービスは合法なので、安心して利用して大丈夫ですよ!


スポンサードリンク

退職代行サービスってどう思う?賛成派の意見

わたしは退職代行サービスについて賛成です。退職代行サービスは残された社員に負担がかかるとは思います。しかし、それ以前に退職者がその退職意思を伝えられない環境に問題があると考えます。そのような職場環境の改善の為にも退職代行サービスはひと役買うのではと思います。

 

ブラック企業が多い中雇用主や上司に面と向かって意思疎通が困難であることが多いと思う。
そういった弱い立場の人たちの手助けとしてこの代行業は一役買っていると思います。
実際に理由を告げずに音信不通で退職したり解雇ではなく退職というケースになってる場合もあるので、このサービスは今の時代にマッチしている。

 

賛成です。自分で退職を伝え、円満に退職できるのが1番だと思いますが、世の中にはブラック企業がたくさんあります。そのようなブラックな会社を退職したいと考え、自らその意思を伝えたとしても、うやむやにされたりしてなかなか退職できない可能性も考えられます。また退職出来るにしても、嫌な態度をとられたりする事も想像できます。そのような事態を防ぐためにも、第三者である退職代行サービスを利用した方が、良いのではないかと思います。

 

賛成です。
理由は、やむを得ない時もあると思うからです。
単純に辞めますと宣言して、はい分かりましたと相手側が承諾してくれるのが一番良いです。でも世の中そんなに穏やかな企業ばかりではないと思っています。
圧力をかけられたり相手にしてもらえなかったり、1人の力ではどうしようもない時は助けを求めても問題ないと思います。

 

会社を辞めたいけど、辞めると言い出せない。
そんな悩みに応えようと、本人の代わりに退職に関する連絡をする「退職代行」のサービスがあるというのは、私は賛成だ。
一部の人や会社側からしたら直接言うのが筋だ、とか、最近の若い者は、と思うかもしれない。
ただ、辞めたくても辞められない、言い出せない、その雰囲気を作ってるのはそういことを言ってる側に問題もあるのでは?
少なくともどちらかが良くて、どちらかダメ、という問題ではないと思う。
言えないまま我慢してた思いが溢れ自殺してしまう、勝手に逃避する、などよりはよっぽどマシ。
時代や文化が変わりゆく中で、ずっと変わらない方が不可能なのでは?
「退職代行サービス」が違法な訳ではないですから。

 

・賛成か反対か
→賛成
・その理由
→精神的に追い込まれて何も行動できなくなっている人もいます。
世の中色々面倒なことは金で解決できるので、退職代行というサービスもありだと思います。
しかしながら、詐欺まがいのような会社やサービスを受ける側が悪意をもって行動する事が考えられうるので
難しい課題も残っているかと思います。

 

退職代行に賛成です。
勿論自分が嫌な思いをしたくないがための利用であれば賛成できない気持ちもあります。しかし、中小企業は特に人で不足ということもあり退職したいと申し出ても何かと理由をつけて退職させてくれない企業も少なからずあります。会社の現状を理解してる人ですと、引き止められてしまってはなかなか踏ん切りがつかずにずるずる退職を引き伸ばしてしまう方も少なくありません。また、いわゆるブラックと言われる企業ですと、社員の心理をコントロールして退職したいと言えない状況を作り上げる企業も少なからずあります。そういった状況にいる方にとってに退職代行とは第三者の視点で客観的に退職という行為を行えるので救われる方も多いと考えます。以上の理由を踏まえて私は退職代行に賛成します。

 

私個人的な意見といたしましては、退職代行サービスは良いのかなとは思いました。会社によっては退職ということを言いづらいようなブラック企業も横行しているので良いと思います。また、顔を合わせたくないのは分かるからです。

 

すごく賛成です。
私は社会人として会社に勤めていたのですが、1年半を過ぎて残業なしだったはずが週3で残業、土日も出勤させられ、フレックスタイム制から時間制の働き方になりパワハラに近いくらい怒鳴られて退職を決意しました。
ですが、きつい言葉で色々言われてきたものとしてはすごく言い出すのに勇気が必要で引き止めにあったりすると言い切る体力も必要なため、業者が流行ってくれればそういう苦痛もなくなるのでいいと思います。

 

職場によっては上司に言いにくい、会社から辞められると困ると言われたりして退職を切り出せない人が多いので退職代行サービスは良いと思います。

中には自分の口から言えよと言う人もいますが、それがどうしてもできない人も世の中にはいると思うので退職代行サービスについて賛成です。

 

利用することに賛成です。今の多くの会社は、対外的に離職率を上げない様新卒採用に影響するため、定年間際ではなければ、当事者同士の話し合いでは会社側が絶対有利になり、退職希望者は不利な条件で辞めることになってしまうからです。

 

賛成です。
理由は私自身が職場環境が原因で退職をした事があって、毎日どのように話すか非常に悩んで心が苦しかったからです。退職代行サービスを利用する事でその苦しさから解放され、その職場に顔を出さなくても良いと言う事ならとても良いと思います。

 

賛成です。
どんなに辞めたいと訴えても受け入れてくれない会社があるし、上司が怖くて退職したいと伝えにくいこともある。
退職したいと伝えるだけでもかなりのストレスになるので、退職手続きを代理でしてもらえるだと助かる。

 

退職代行サービスというものを始めて知りました。少し驚きましたが、今の時代にはこんなサービスもあっておかしくないと思い、賛成です。退職をするにあたり何かと面倒な書類の記入に時間を費やすのは、今は必要のないことなのだと思いました。実際にそのサービスを利用する方がいるのであれば、それだけ必要とされているサービスなのだと感じています。需要があるのであればそういった職業も成り立ち、人材が必要になるので、大いに大賛成です。

 

賛成です。お世話になった職場に、最後くらいは自分で…とも思いますが退職理由にもよるかと思います。心の問題だったり、どうしてももう行きたくなくて、行けなくて、ということもあるでしょう。状況にもよりますが手段のひとつとしてアリだと思います。

 

賛成。退職したい人が退職しにくいことで社会の生産性が落ちるため。また、ブラック企業で働いている人がよりやめやすくなることで、自然淘汰が進み生産性の高く、従業員に対するケアの厚い会社が残っていく社会になると思います。

 

 賛成です。
 最初は、やめる手続きまで含めて仕事だとおもっていましたが、その段階で場合によっては引き止めなどの面倒があり、かなり疲れることも経験しました。そこに介入して面倒をなくしてくれるのなら、このサービスは大変良いものだと言えます。

 

賛成です。
理由として、世の中には退職したくても自分で退職する事がなかなかできない人が多くいるようですので、そんな悩みを解決してくれるしその人たちに変わってサービスを提供しスムーズに退職できる事は良い事だと思ったからです。

 

賛成である。退職の意思を上司に伝えるのは勇気がいるし、かなりストレスを感じることだと思う。それを別の誰かがやってくれるのはとてもありがたい。退職したいと思っている人たちを救うことができるサービスだと思う。

 

賛成です、少し前の時代だったら考えられないかも知れませんが、パワハラやモラハラといった○○ハラ問題で、会社の責任になる事が増えてきました、でもできれば大きく事を
起こさないで自分から穏便に会社を辞めるには、退職代行サービスの力を借りるのもいいことだと思います、黙っていなくなるより全然良いですし、辞めようとしている側も、後ろめたい気持ちを持たずに辞めれるので、これからは主流になっていくんだろうと思います。

 

退職代行サービスの利用については賛成です。
企業が社員に対しどこまで面倒を見てくれるかということが焦点となります。昔のある程度規模が大きい所ならともかくとして個人主義的な要素が増えた近年の状況では深い人間関係が形成されていなければ特にこだわることもなく利用した方が双方後腐れなく済むのでんでよいことでしょう。私自身の退職時を考えれば様々な部署に挨拶にいったり有給消化についていろいろ嫌味を言われましたからそういったことをすべて処理してくれるのですから使えるのならば利用すべきでしょう。

 

私は退職代行サービスに賛成です。勤め先に出向く事が出来ない程、本人の心身に支障をきたしているのであれば、療養にしっかり専念して欲しいと考えます。また、事務処理が滞ってしまうと周りに負担をかけてしまうので、利用出来るサービスは活用すべきだと思います。

退職代行サービスに反対派の意見

新たなビジネスモデルとしてはいいのではないかと思いますが、自分の職場でそういった利用をされては困るので反対です。
これはモラルの問題だと思いますし、例えば職場に問題があるのであればコンプライアンスに相談すればいいと思うので、日本人とし筋道立てて欲しいなと思います。

 

反対です。
社会人である限り自分の仕事に対してある程度責任を持つ必要があり、その仕事の範囲は「退職」する、ということも含まれると思うからです。メンタル的な問題などを抱えている場合直接その意思を伝える必要はないと思いますが、業者を通すのは反対です。

 

反対です。自分の言葉で退職を伝えずに、代行業者に手続きを任せてしまう訳ですから周りからのイメージもあまり良くないと思います。会社には前から退職の意向を伝えつつ、最低限の引き継ぎなどを済ませ、円満に退職する方が常識的な対応だと思います。

 

反対です。退職希望者や退職する会社にとってもプラスになることはないと思うからです。とは言え、どうしても辞めさせてくれないなど事情はあると思いますが、それは然るべき機関に相談すべきであって、お金を払って他人に頼むべきことではないですし、それで利益を得るのは腑に落ちないからです。

 

反対
終わりよければ全て良し、飛ぶ鳥跡を濁さずと言う言葉の様に辞める時はきちんと本人が辞める意思を伝えるべきだと思うからです。
おそらく使う方の多くが気まずさだったり、辞めさせてくれないなどの理由だと思いますが、あまりに辞めさてくれないのが酷い場合は使うのも仕方ないと思いますが、そうなったら代行サービスではなく、きちんとした弁護士さんに頼む方が良いと思うからです。

 

反対です。
どんなに悪徳企業だったとしても、少なからずはお世話になったところはあると思いますので、自ら辞意を伝え、挨拶をして去るのが礼儀だと思います。それができないのであれば、家族が代理で行えばよい話で、全くの他人にお金を払って依頼をするようなことではないと思います。

 

退職代行サービは反対です。
一緒に働いていた人が、実際に利用して退職しました。突然出勤して来なくなり、その日付けで退職すると代行会社から電話が入りました。本人とは一切連絡が取れなくなり、退職理由も一方的でした。引き継ぎも何もなかったので残った人は本当に迷惑し困りました。
会社によっては、本当に辞められない状況などもあるのかもしれません。でも、本人の都合だけで代行を使って退職するのは、社会人としてやってはいけない行為だと思います。迷惑をかけずにきちんと辞めるのも、社会人としての礼儀だと思います。

 

反対です。職場でのイジメなどがあった場合はしょうがないとは思うけど、そうじゃないなら自分でちゃんと「辞職する」事を伝えるのが筋だと思う。同僚や上司に少なからずお世話になっているので感謝の意味も込めて、出来るなら辞職届だけじゃなくて、自分の言葉で「今までお世話になりました」と伝えるべきだと思う。

まとめ

今回30名の方に完全に無作為でアンケートをとったのですが、結果は

  • 賛成:22
  • 反対:8

という結果で、7割以上の人が退職代行に賛成していることがわかりました。

 

意外と受け入れられている退職代行サービス、何の後ろめたさもなく是非利用してみてください(笑)

⇒職代行サービスの仕組み、流れ、値段、法的な問題などについて