埼玉県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

埼玉県で退職代行サービスが人気の理由

埼玉県の退職事情は複雑です。東京へのアクセスも最も地方で便利であり、そもそも埼玉県に住みながら埼玉県で就職も退職もしないという人が多いのです。

そんな中、埼玉県の中で考えた退職事情についてまとめてみると埼玉県なりの退職代行サービスを利用する理由がありました。

■新聞の購読傾向から見る埼玉県民の退職理由とは?

日本で最も購読数があるのは朝日新聞と一般にはいわれています。朝日新聞といえば、キャッチャーな記事を書き、エンターテイメントとして優れている反面、極端な左翼思想で知られています。しかし、埼玉県では左翼派朝日新聞の購読数が少なく、逆に右翼派の読売新聞販売部数が2010年に第1位となるなど、極端な傾向があります。

新聞とは毎日読むものですので、個人の考え方にも影響されます。

左翼派の新聞は「世の中の流れを作り出す」ものに比べて、右翼派の新聞は「世の中の流れを分析する」という傾向があります。仕事においてそれを当てはめるとどうしても仕事に対して保守的になり、その結果、実力を数字に出せずに退職に追い込まれるということは考えられます。

政治思想で判断して同僚などを軽蔑する傾向もあり、人間関係でトラブルになって退職代行業者を利用する可能性もあります。

■女性の社会進出が逆に退職率を上げているのは当然

高卒就職者に占める女性比率が埼玉県は2017年で第1位という結果を出しており、女性の社会進出が顕著に出ていますが、それが結果として女性の退職代行サービス利用に繋がっています。

高卒で社会に出ればそれだけ大卒よりも退職率は高いのは当然です。それに加えて女性だと結婚を機に退職するというケースも多く、退職は結果として多くなっているでしょう。出世を考えて女性が仕事をすれば退職せずに休職だけで結婚や出産をすることも難しくなってしまうのは当然の傾向であり、それはそれで地域の人口減少へとつながって経済の循環が怠って未来の埼玉県民の退職に繋がってきます。

■観光地がないのが退職理由になる!

埼玉県は居住区が多く、観光地がありません。旅館数も2007年度のデータでワースト1位、宿泊施設数も2016年度のデータでワースト1位となっています。

観光産業が全くないというのは埼玉県に住む魅力もないということになり、埼玉県にうんざりして退職する可能性はあります。

 

埼玉県で退職するのは、独自のルールにおける退職理由があったのですね。

47都道府県の中でも埼玉県は特に様々な要因が複雑に絡み合って退職するという都道府県となっています。