佐賀県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

佐賀県で退職代行サービスが人気の理由

佐賀県というのは九州に位置しており、田舎街というイメージがあるかもしれませんが、2007年度には県内総生産が3兆115億円となっており、日本の47都道府県でも4番目の経済規模を誇っており、全国際社会で見ても85位程度の国家相当に値する経済規模を持つ経済都市です。

そうした佐賀県ならではの退職事情について調べてきました。

■高卒就職者の多さから退職事情に繋がっている面も

佐賀県は、農業や漁業が盛んで高卒で就職できる環境が整っており、高卒求職者数が2012年度に第1位、高卒就職率が男子の面で2017年度に第1位という環境が整っており、高卒就職者は大卒就職者よりもメンタル的に安定していない部分があるため退職率が高いといわれており、特に過酷な農作業や漁業での仕事環境に耐え切れずに新卒の高卒就職者が退職代行サービスを利用しています。

農業も漁業も将来的には収入は高くなりますが、新卒で入った最初の頃はそこまで給料が高くない上に覚えることも多く、肉体労働で仕事そのものもきつく、それが退職代行業者を利用する理由に繋がっています。

■荒っぽい車の運転で運転免許を失って仕事を退職せざるを得なくなる人も

佐賀県はあまりイメージないかもしれませんが、交通事故件数が2016年度で第1位となっており、歩行者の交通事故で死亡する人の数も同年で第1位になるなど交通ルールが荒い県民性を持っており、交通事故を起こせばそれだけ運転免許証の免停や剥奪に繋がっていき、車の運転が必須である農業などが盛んな佐賀県では、それで仕事を退職せざるを得なくなる人もいます。

交通違反は県によって取り締まりの度合いが違いますが、交通事故、特に人身事故を起こすと、必ず警察のお世話になり、一発で免停になる可能性もあるため、そうした事情で突発的に退職する人も佐賀県にはいます。

■給料が安いからという理由で介護士などが退職する傾向も

医療や福祉業界の年収が2012年度も最も低いというデータも佐賀県では出ており、待遇面で苦しい生活を送っていることが多い介護士は退職理由として「給料が安いと思ったから」として退職する人もいます。

介護士は会社によって大きく待遇が変わっており、昇給制度がある会社の方が少なく、長く勤めていても給料が上がらないといった実情があり、給料が全体的に低いとどうしてもその他の原因が重なると直ぐに退職を決意してしまいます。

 

佐賀県は産業が発展していますが、それ故に色々な理由から退職する人がいます。経済成長が著しい現在の状況だからこそ発生する新たな退職事情が生まれる可能性も高いですね。