大阪府の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

大阪府で退職代行サービスが人気の理由

大阪府は日本三大首都の一つで商いの街として成長して現在の姿に至っています。寛容で誰とも仲良くなれるような開けた県民性でありますが、それ故に抱える問題によって退職に繋がっていくこともあります。

他県にはない大阪府ならではの退職事情について調べてきました。

■犯罪の多さが定職に就けない闇社会との繋がりが深い人を多く生んで退職を繰り返す?

大阪府は重要犯罪認知件数と性犯罪認知件数が2014年度で第1位とあり、そうした凶悪事件以外にも全体の刑法犯認知件数が2016年度で第1位となるなど大阪府は県民性として人情を利用して犯罪をしやすい環境が整っており、犯罪者予備軍を抱える闇社会が反映しており、そうした人は「退職しても犯罪をして食いつなげるか」という考えになって仕事に耐えきれなくなると直ぐに退職をしてしまう傾向があります。

犯罪体験を一度でもしてしまうと、「楽して稼ぐ」ということに重点を置いてしまうマインドになってしまい、「苦労して稼ぐ」のが一般的な一般企業の考え方と相反してしまう傾向もあり、退職理由に繋がっています。

また、犯罪をして逮捕をされればその事実を重く見た会社によってクビを言い渡されて退職することになります。逮捕される人が多いということはそれだけの数と同じく退職している人もいるということでもあります。逮捕をされただけで必ず退職させる権利が会社にあるわけではないですが、逮捕から起訴まで少なくとも7日は警察に拘束されるため、会社の中で自然と本人が犯罪をした事実は伝わって、無理やり会社にとどまっても結局は居づらくなって退職代行サービスを利用する人もいます。

■生活保護を受給しやすい環境が退職代行への誘惑を導く

大阪府は全国で最も生活保護の申請が簡単に下りるといわれており、生活保護受給者は日本人と外国人を区別して計算した生活保護受給者数でもともに2014年度で第1位であり、同年で全国の中で生活保護受給世帯数が最も多いというデータがあり、働くのが嫌になったら直ぐに退職して逃げる人も多いです。

生活保護世帯で育った子供は生活保護受給者になりやすい傾向もあり、しんどい思いをして働くくらいなら生活保護で生活しようと退職をする人も多いです。

 

大阪府の県民性として、人情があるとよくいわれますが、過ぎた人情によって働かずに生きていける市場が成長しており、それが退職へのマインドを誘惑しています。

働くのが馬鹿らしくなって退職代行サービスを使用するという意識が他県よりも強いといえます。