沖縄県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

沖縄県で退職代行サービスが人気の理由

沖縄県といえば、年間平均気温及び年間真夏日数及び年間熱帯夜日数が2010年度のデータで第1位になるなど、常夏のイメージがある都道府県です。その環境の違いから、日本の都道府県の中でも最も特徴のある都道府県であるといえるでしょう。

そうした沖縄県ならではの退職事情について調べてきました。

■転職するために退職代行サービスを利用する人が多い

沖縄県は、転職率が2012年度に第1位となるなど、転職する人が多いというデータが出ており、必然的に退職する人も多くなります。

定年退職するまで勤めようという意識が他の都道府県よりも低い県民性であるため、直ぐに転職をしようと決意して、退職してしまうマインドが根付いているのは退職理由として大きな割合を占めますね。

沖縄県での転職はスキルアップの側面よりも遥かに人間関係でのトラブルなどが原因となっていることが多く、一度、転職癖がついてしまうと、何度でも転職してしまい、何度でも退職してしまう性格に繋がっていきます。

逃げの一手で職場環境をコロコロと変えてしまう退職マインドによって退職してしまう傾向はあるようですね。

■手軽に飲み屋を始めて脱サラして退職する人も

沖縄県は地域社会性が高い風土があり、そうした人脈を生かして飲み屋などを立ち上げるケースも多く、飲み屋店舗数は2014年度では全国第1位の数にもなっており、そうした飲み屋経営をしようと脱サラして退職する人もいます。

脱サラをしやすい環境というのは退職意識を高めてしまうのですね。誰だって自分の好きなように働けるのであればそうしたいですし、サラリーマンが嫌だと思っているサラリーマンの人も多いのが実情にあって、そこで手軽に利益を保証できる環境が整っていればサラリーマンを退職して自分の店を持ちたいと退職する気持ちはわかります。

■会社の都合で退職へ

沖縄県といえば貧困率の高さが都道府県の中でも際立っていますが、非正規雇用率も2012年度で全国第1位の数にもなっており、雇用形態が曖昧だと、会社の都合で退職させられてしまうケースも多く、退職理由の一つにもなっています。

■地域の人間関係から逃れるために退職代行業者を利用する人も

離婚件数が2016年度に第1位と沖縄県はなっており、地域社会の中で人間関係のもつれが離婚を原因に発生し、そうした地域社会から逃げるために退職して移住する人も沖縄県民には多いです。

 

沖縄県民は県民性としてルーズも物事を考える人が多く、そうした県民性は正社員で持続して働くのを第一に考える本土の人との県民性とは異なる部分があり、沖縄県の県民性から発生する退職事情も多いようですね。

沖縄県ならではの退職事情が様々あり、退職理由も豊富です。