奈良県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

奈良県で退職代行サービスが人気の理由

奈良県は東大寺にある奈良の大仏や奈良公園で野生に繁殖している鹿など観光名所が多いため観光産業が発達している一方で、それに依存した負の部分もあり、そうした部分が退職に繋がっています。

観光名所である奈良県ならではの退職事情について調べてきました。

■受験勉強に失敗して就職すると、妥協した就職先での待遇に耐え切れずに退職代行を利用する人も

奈良県は、小学生の学校外学習率が2006年度に第1位となったことから始まり、中学生通塾率が2017年度に第1位や学習塾及び予備校費用が2016年度に第1位になるなど塾通いの「当たり前化」が顕著であり、良い学校に入るために受験勉強をより努力して行っている都道府県でありますが、努力するということは努力が実らなかった場合に、その結果に耐え切れずに高校中退や大学中退などその後の人生でも就職と退職を繰り返すような人生を送ってしまう逃げや諦めから退職思想が高い人になってしまい、「なんとなく退職する」という人も出てしまうのはありますね。

名門学校を目指す意識はデータに色濃く出ており、高校県外進学率が2010年度には第1位になったり、2017年には同志社大学合格者数が全国第1位で2018年度の大阪大学合格者数でも第1位になったりするなど名門校を目指すエリート意識が強く、その反面で合格できなかった人は自信を失って諦め思考になってその後就職しても退職してしまう人もいます。

努力が成功するとは限らず、失敗した人はそれだけ大きな精神的ダメージを受け、その後の働き方にも影響して退職へ繋がることもあります。

■理想を持った人がそれを叶えるために退職代行サービスを利用することも

奈良県は県内総生産が2016年度で最も低く、農協数も2012年度で最下位ということで、ものづくりをして生産するような仕事は少ないという側面があり、周りにあまりないために、ものづくりをしたいと夢ばかりが膨らんで理想のために退職する人もいます。

また、大企業数も2014年度でワースト1位の少なさであるために、大企業への転職を考える人は内定がとれるまで仕事をして内定がとれた途端に退職するというスタイルをとる人もいます。

 

伝統文化が色濃く残っており観光資源も豊富な分、経済の方向性が観光産業に偏っており、観光産業での仕事に興味がない人は退職をする人も出てしまうのは仕方ない傾向でしょう。

また、受験戦争には勝てば大企業への就職など人生の成功が保証される面がありますが、失敗した人のメンタルは退職を直ぐに考える諦めの逃げの考え方になってしまいます。