長崎県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

長崎県で退職代行サービスが人気の理由

長崎県は第二の被爆地であり、九州地方の最南端にあり、韓国や北朝鮮と近い都道府県でもあるため、自衛隊基地が多いという特徴があります。

そうした長崎県ならではの退職事情について調べてきました。

■釣りが好きな県民性が趣味に高じて転職するために退職する人も

長崎県は海に囲まれた土地柄のため、釣りが好きな県民性で25歳以上釣り人口が2016年度に第1位というデータも出ており、その上に漁業が発展しているため漁業就業人口も2013年度で第1位になるなどの2つのデータから、趣味が高じて釣り好きなサラリーマンが漁業に転職しようと退職する人もいます。

長崎県は脱サラして漁師になるという環境を変えやすい風土があり、脱サラのために退職する人は退職しやすい都道府県です。

■起業が成功しにくい風土のため、上京するために退職する人も

長崎県は上場企業数が2016年度のデータで最も少ないとされており、中小企業がなかなか上場して株式市場の世界で活躍できる企業が育たない環境にあるため、起業を考えている人は長崎県で雇用されながら起業する人は少なく、退職して上京して起業する起業家が多く、資金が貯まったら退職するという人もいます。

また、同じく2016年度のデータにおいて全国で長崎県が最も教育費にかける金額が低いというデータも出ており、学歴的なハンディキャップを背負った子供がこれから自分の理想的な就職ができずに退職に繋がっていく傾向も出てくるでしょう。

■自衛隊の環境が変化していく中で退職する自衛隊員も

長崎県は関係が悪化している韓国や北朝鮮と隣接しているため、北朝鮮のミサイル発射や韓国のレーダーによる攻撃意思の表明など軍事的威嚇行為など様々な朝鮮半島事情の軍事ニュースが話題となっている中、「いよいよ軍事行動を自分で行う必要がありそうだぞ」と感じた場合、自衛隊を退職する人もいます。実際にそうならなくてもそうした兆しがあった場合には退職してさっさと逃げようとする自衛隊員も少なからずいるのです。

そもそも自衛隊は軍隊ではないという前提で入隊する人も平和ボケした感覚で入隊する人も多く、こんなはずじゃなかったと社会情勢の変化に耐え切れずに退職する人は一定数います。

イラクなどの海外に派遣されるなど自衛隊の活動は常に変化しており、それに嫌気が差して退職する人はいます。

 

長崎県は大きな領海水域を持つ資源豊かであるといった環境と危険な隣国に接しているという環境の2つの側面を持っており、その両方が退職へのマインドに左右しています。