宮崎県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

宮崎県で退職代行サービスが人気の理由

宮崎県は九州の中でも南に位置しており、温かい気温であるのが特徴で、農業や漁業が盛んな地域でありますが、そうした環境がどう退職事情に繋がっているのか宮崎県ならではの退職事情について調べてきました。

■農業大国ならでは退職事情がある

宮崎県は、農業や水産業などの自然から直接資源を採取する産業である第一次産業の従業者数が2014年度に全国第1位となっているほど、第一次産業が豊かでありますが、そうした仕事は激務であることが多く、それで退職代行サービスを利用する人もいます。

貿易戦争といわれている現代では外国産食品によって食品価格の低下によって経営そのものが困難になってしまい、経営者の廃業によって従業者が退職せざるを得ないという退職事情もあります。

仕事柄として寮などに入って仕事メインで生活する人が多く、宮崎県は社会人の通勤時間が2016年度で最も少ないというデータもあり、仕事疲れで退職代行業者を利用する人は多い傾向があります。

■介護士が待遇を求めて退職している側面も

宮崎県は老人福祉事業所及び介護事業所数で2014年度に第1位の数を持つなど、介護事業に関して発展している側面もあり、介護士は劣悪な環境で働いていることが多く、人間関係でストレスを抱える人も多く、介護士の退職が宮崎県全体の退職率を引き上げている退職事情があります。

介護施設が多いということはそれだけ人間関係や雇用条件などでトラブルを起こすと退職しやすくなっています。また、求人の多さから、仕事を失った人が、安易に介護職に就くケースも多く、そうした人は介護職の現実的な厳しさに耐え切れずに直ぐに退職代行サービスで退職する傾向があります。

■再婚事情で退職する人も

宮崎県は再婚件数が2016年度で全国第1位となっており、1000人中5.83人が再婚しているというデータが出ており、170人に1人が再婚家庭という事情から再婚が原因で退職に繋がっていく人も多いです。

再婚するために一緒に住むために退職する人もいるはずです。

再婚家庭で育った子供は年収が少なるなるというデータも出ており、複雑な家庭環境で過ごす子供がそれだけ多いということになり、それが将来的に安定した職に就かずに退職を繰り返す大人を生む要素にもなっています。

 

宮崎県はデータから見るとこれに特化したというものはないですが、様々な要素から退職事情に繋がっている側面があり、複数の側面から退職する人がいるようですね。

宮崎県は幾つかの要素が重なって退職するという人が多い傾向にあります。