宮城県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

宮城県で退職代行サービスが人気の理由

宮城県と聞くと土地勘がない人はどちらかというと自然豊かな田舎でアクティブに活動しているイメージを抱いている人も多いかもしれません。しかし、実際には宮城県は全国1位の「ひきこもり体質」であるとランキング結果から推測できます。

宮城県という環境だからこそある退職サービスを利用する理由があります。

■東日本大震災への恐怖が退職に繋がっていることも?

宮城県は2014年で住宅や建築の着工件数及びに建築着工床面積と建築着工費用までもが全国1位となっている住宅に対する意識が高い県となっています。

これは2011年度に起きた東日本大震災の被害による復興のためもので宮城県の持つ本来の性質ではありません。しかし、その副産物として2013年には空き家率が全国で最も低くなるという防犯住宅を持つ県民性に変わってしまっています。

東日本大震災の恐怖が強い中、そうした県民性へと変化し、住む家が快適になったことで外に出なくなった傾向があります。外に出なくなるとどうしても退職への繋がりとなります。

まず、自動車免許を取るメリットを身近に感じたれなくなります。車離れが進んでいる日本で自動車免許を取る意識が薄くなっていくのは当然でしょう。しかし、どうしても仕事では車の運転は必要です。そうした意味で良い就職先が見つからずに退職をして転職をしてしまうということがあります。

家にいる時間が幸せとなり、残業などに耐えきれなくて退職するマインドになってしまう傾向もあります。

そもそも東日本大震災をきっかけに会社が倒産したり経営が傾いたりして直接的に退職する人も多いのですね。

■成功すれば安泰だが、失敗すれば退職を繰り返す人になりがちな環境

宮城県にはこんな退職のリスクが見られるデータがあります。

・東北大学合格者数1位(2018年)

・不登校中学生数1位(2016年)

東北地方において最も高学歴である東北大学合格者数がトップであるのに対して、不登校中学生数もトップの記録を出しています。

学歴競争が激しいのですね。

成功すれば退職リスクは少なくなります。しかし、失敗して一度不登校という、今どきで言えば「ニート」の状態を味わってしまうと、退職という「逃げ」の意識に繋がっていきます。逃げた先にある安全を知ってしまい、職場でも退職代行サービスを利用して逃げてしまいがちです。

 

東日本大震災が生んだ様々な不幸が近年の宮城県を変えました。

それが退職の理由に繋がっているのは間違いなく、これからどうすればいいのか真剣に考えることが宮城県の目標となるでしょう。