三重県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

三重県で退職代行サービスが人気の理由

三重県は志摩スペイン村やスガシマスパーランドなど遊園地施設や温泉施設などが多くて観光スポットが多く観光産業が発達している反面、観光に依存している側面もあります。

そんな三重県の退職事情について調べてみると、意外な顔がありました。

■地元意識が高いと高卒で就職して挫折感から退職代行を利用する新卒も多い

高校生就職内定率が2009年度第1位と三重県はなっており、観光産業は大卒でなくとも入れるということや工業生産額 が2016年度に第1位で大卒でなくとも働ける工業産業が発達しているということで、新卒が高卒であることが多く、退職事情として753といわれるように中卒7割高卒5割大卒3割という割合で若い内に就職するとそれだけ挫折した時に直ぐに退職してしまう傾向があり、それは退職理由になっています。

地元意識が高い傾向があり、そうなるとどうしてもホテルなどの観光産業や地元の工業企業に就職するしかなく、それが高卒で働く人を多くして、結果として幼い精神で激務についていけず退職する人が出ています。地元を愛する気持ちが退職率を上げているともいえ、退職理由としても挙げることができるのですね。

■政治意識の民主党支持が強い考え方が退職意識を誘っている?

旧民主党であった現民進党の得票率が2016年度までの直近10年間で第1位と安定しており、 民主党が2009年に政権交代して与党となって以降に政治的な様々な迷走を行ったため民主党政権時代の3年3か月は失われた3年とも言われているくらいのもので政権を自民党に奪還された2012年からは共産党にすら票数を越されてしまったくらいに国民的に嫌われたイメージのある民進党ですが、それでも三重県では安定して支持されているということは、それだけ政治家の地盤となっており、特定の政党に所属する政治家が根をはっているということで、どうしても政治的汚職の意味合いが強くなり、新しく起業する人などは不利となって廃業して退職してしまいます。

古くから政治家と密着した企業が成長するということで、「努力してもこの会社では給料は上がらない」と政治家との癒着がない企業に就職した場合、退職代行サービスを使用する理由になっている現状はあるようです。

 

三重県は観光都市として外から人を受け入れている反面で、生活するコミュニティーとしては非常に閉鎖的な一面を持っており、それが退職に繋がっている顔があります。閉鎖的な環境で生活しているという県民性が退職代行に繋がっている要因にもなっているのですね。