京都府の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

京都府で退職代行サービスが人気の理由

京都府は古風な日本の伝統文化が根付いており、歴史ある都道府県であるのと同時に、「一見さんお断り」のお店が多いなど、閉鎖的な県民性であるとしても有名です。

そうした京都府ならではの退職事情について調べてきました。

■退職率が高い非正規雇用で働きながら大学などに通う人も

京都府には東京大学の次に位置する日本第二の名大であるとされている京都大学があるため、それを目指して大学進学率が2017年度に第1位となっていたり、京都大学院などで研究職や教授を目指す人も多いため大学院生数も2011年度で第1位となっていたりするなど勉学に熱心な県民性ですが、親への仕送りが年々減っているという日本の現状では、在学中にバイトをして学費を稼ぐ人も多く、高校時代に勉学に集中している人が多いために、社会的能力が低くて耐え切れずにバイトを転々とする人もいます。

大学や大学院での勉強に集中したい人は短期バイトをして直ぐに退職する傾向もあります。

高学歴の大学生以上での身分では塾講師に時給が高いと応募する人もいますが、自分で勉強するのと人に教える才能があるのは別物で、そのギャップでストレスを抱えて退職する人もいます。塾講師は定年退職する人の方が少なく、時期がきたら退職するという人も多いです。

■テレビが原因となって退職代行を利用することも

京都府は中学生の長時間テレビ視聴率が2015年度で第1位という側面も持っており、これは中学生がテレビへの関心が高いというよりも、テレビを常につけて垂れ流している家庭で育っているということであり、テレビをつけっぱなしにしている家庭は家庭内での会話が少ない傾向もあり、コミュニケーション能力が育たずに社会人として通用しない人材を生みやすい環境であるともいえるため、仕事での人間関係を上手く熟せないという理由で退職する人もいます。

人間関係で退職する人は全世界共有して多いですが、京都府はそうした人を育てやすく退職に追い込まれるまで悩んで退職する人も多いです。京都府は大阪府に近い関西地方にあり、ジョークなども上手くないといけないという風習も強く、テレビっ子として育つとそうしたハードルの高い人間関係に馴染めないという人も多くなって、それで退職代行サービスを使用する方もいます。

 

伝統のある都道府県である京都府ですが、特にこれといった特別な退職事情があるというわけではないですが、人間関係などについて職場が特徴であり、会社にいるだけでスキルがいるため、スキルを磨けないと退職してしまう人も出てくるようです。