熊本県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

熊本県で退職代行サービスが人気の理由

熊本県は九州男児として知られる豪傑な県民性を持っていると有名であり、そうした県民性が熊本県の退職事情について繋がっている側面もあります。

そうした熊本県ならではの退職事情について調べてきました。

■風俗に落ちて退職代行サービスを利用する女性も多い

ソープランド店舗数が2016年度に第1位という記録を熊本県は持っており、風俗嬢として体を売り、昼間の職業を退職する女性が多いとわかります。

男気があるという形がインターネットに普及によって都合よく解釈されてしまっている風土は熊本県にはあり、自分の女をソープランドで働かせて貢がせ、それで収入を得ている男性も多くいるため、女性は硫黄がなしに、ソープ嬢になるために昼職を退職してしまう女性も多いのですね。

ソープ嬢は一時的には高収入を得ることができますが、生涯年収としては普通のOLの方が高いというデータが出ており、普通ではソープ嬢になるという思考にはなりませんが、熊本県はそうした意識を無理やり矯正する県民性があるために退職事情に繋がっている部分もあるのです。

■パチンコ依存症になって生活が荒れて退職理由となることも

熊本県はお金を派手に使って楽しむのが男の性分だと思っている節が多いとされており、25歳以上の男性パチンコ人口が2016年度に第1位と熊本県がなっていることからも考えて男のストレス解消の手としてギャンブルで発散する県民性があり、それがパチンコ依存症の人を増やして生活が破綻して退職する人もいます。

パチンコに依存するとそれだけお金を無駄に使ってしまい、金策に困って会社に損害を出すような違法行為をしてしまって退職する人も出てきます。また、パチンコ依存症になると働く意欲を削いでしまい、精神的に仕事を続けられなくなって退職する人もいます。

パチンコは闇社会にお金が流れてしまったり大手の企業にしかお金がいかなくなったりするなるなどして地域の経済を停滞させる原因となり、将来的に地域経済の損害という形で人件費削減として退職させられてしまう人が増えてくる要因にも繋がっていきます。

 

熊本県は女遊びとギャンブルに没頭してお金で揉めて退職する人も多いです。男性は女遊びやギャンブルという経済的に負担がかかる娯楽を選びやすい県民性を持っているので、そうした側面から、お金を友人から借りるなどしてお金のトラブルから、環境から逃げるために退職する人もそれだけ多いようですね。消費者金融などでお金を借りて蒸発するために退職するなど様々な事情が重なって退職に繋がっている側面があります。