退職代行サービスが誕生してからしばらく経ちましたが、まだまだ世間では”不義理”と言いますか、逃げのようなイメージが持たれているのは確かなところ。

実際に自分が退職代行サービスを利用する前には、本当に「退職代行サービス」と言う方法で退職して、後悔していないのか気になるかもしれませんね。

 

そこで今回、クラウドソーシングサービス等を通じて28名の方に「退職代行サービスを利用して後悔していないか」についてアンケートを取ってみました。

 

※後悔しているか、それとも後悔していないか公平に聞きました。意図的に結果を抽出したりはしておりません。

 

頂いた意見をそのままご紹介しておりますので、完全に公平な意見です。

わざと「後悔していない」という意見が集まるような聞き方もしていませんので、結果は信用していただいて問題ないと思います!


スポンサードリンク

退職代行サービスを利用して「後悔していない」という意見

後悔はしていません。
そもそも退職した会社には、どうしてもこれ以上行きたくありませんでした。

上司に退職することを告げ、周りの人の目を気にしながら辞めるといった辛さがなく、好きなタイミングで即日退職できたこと。
それから、同僚に気づかれないように、退職に向けた身辺整理をこっそりと行い、ここぞというタイミングで辞めたこと。

この二つを考えると後悔は一切感じません。
サービスの利用に3万円弱かかりましたが、個人的には安いと感じているくらいです。

業者の対応もあっさりしていましたが、満足しています。
しいて言うなら、ぎりぎりもらえなかった賞与のことが少し心残りなくらいです。

私は退職代行サービスを利用して良かったと思っています。
全く後悔していません。

なぜなら自分が本当に心から望まない場所で働き続けるのはとても苦痛だったからです。
行サービス自体とても良いシステムだったと思いました。

私の言いにくい事や面倒な事はすべてやってくれるので、自分からは会社と関わる事なくスムーズに進めてくれてすごく良かったです。
今は転職して好きな事をやっているのであの時退職代行サービスを使って後悔はしていません。

退職代行サービスを初めて利用し、初めは不安がありましたが後悔はまったくありません。
理由は、スムーズに退職する事ができたからです。

社内の人間関係にもつれがありこのまま会わずに退職したいと思っていました。
代行さんが代わりに退職届けと制服を返しに行ってくださったので、誰にも会わずに気持ちも楽な状態で辞める事ができたからです。

退職は今回限りと感じていますが、もしまた同じように退職をしなければならない場合は再度お願いするつもりです。

後悔していません。
むしろ退職代行サービスを利用して良かったと思っています。

私の場合、何度か退職したいと上司に申し出たのですがマネージャに言えとか部長に言えなどとたらい回しにされました。

やっと時間を作って話をすると言ってもらえるところまで行きましたがスケジュールを調整するといって2・3か月何もないまま過ぎてしまって、このままではらちが明かないと思いお願いしました。

退職代行サービスの方が電話したところスムーズに話が進み、会社の人間にも顔を合わすこともなく無事退職出来ました。

求人情報に掲載されていた給料や勤務時間と大きく異なっていたので、退職を考えました。
上司に相談すると「まだ勤め始めたばかりなのに」と言われてあまり相手にしてくれなかったので、代行サービスを利用しました。

私が利用したサービスはとても迅速に対応して下さり、周囲にバレずにスムーズに退職する事が出来ました。
料金もリーズナブルで助かりました。

会社から借りている物の返却など、諸手続きもして下さりました。
依頼して良かったです。

1年程前に退職代行サービスを利用しました。
結論方書きますと全く後悔はしていません。

理由は、人間関係が主な理由で退職を考えていたため面倒な面談ややり取り、退職の作業を割愛できたからです。
退職するとなると会社機密の書類の処理や退職処理、会社支給品の返却作業など、色々面倒なことがあります。

キャリアアップの目的であれば良好な関係のまま退職した方が良いと思いますが、人間関係の場合、代行サービスを利用することを個人的にはとてもオススメします。

後悔はしていません。
辞めたいと思ったらお金さえ振り込めばあとは自由の身になれるので、こんな楽なものはないと思いました。

自分が直接関係していなくても、空気を悪くするような人間関係が原因で辞めたくなることが多いので、辞めたい理由を説明する必要もなく代わりに意思を伝えて了承してくれるサービスがあって感謝しています。

引継ぎが必要な仕事ではなかったので、いつまでもぐずぐずして体を壊す前に立ち去ることができてよかったです。

後悔はしていません。
世に言う、ブラック病院で働いていました。

なかなか辞めることができず勤続15年になってしまい、いざ辞めると決めて退職届を出しても受理されず。
直近では退職届すら貰えない状態でした。

休みも減らされサービス残業も当たり前。
ボーナスは毎年カットされ昇給もない上に、患者とのかかわる時間もないくらい雑務や管理職の仕事を押し付けられる環境に嫌気がさし、どんな手段を取っても辞めたいと思い、代行をお願いしました。

第三者が入ることによって、うやむやにする事も出来ずに、スムーズに退職することができました。
とても感謝しています。

私は退職代行サービスを利用したことに対して、全く後悔しておりません。

理由としては、辞めたいと思ったときにすぐ辞めることができ、引き継ぎ期間の精神的負担も抱えることがなかったからです。

今すぐに会社を辞めたい、と思っても、引き継ぎなどの業務で最低でも1ヶ月ほど要します。
その期間は上司も私にとっても生産性がなく、上司や私、双方にとって気まずく、不穏な空気が漂い、精神的な負担がかかります。

また、会社を辞めることを躊躇するのは、直接上司に言いづらいということがあると思います。
辞めたい理由があるほど、考えているのにも関わらず、押し殺してその仕事を続ける理由はありません。

退職代行サービスは次の一歩を歩むために、利用者を後押しするサービスだと思います。

後悔はしていません。
私は自分の意思を押し通すことがとても苦手で、何度もひき止められて困っていました。

辞めたい気持ちはあるのですが、説得されてしまうと、それを強く振り払うだけの勇気がないのです。
そんなときに、退職代行サービスのことを知りました。

言いづらいことを言ってくれるので助かりますし、気持ち的にとても楽でした。
ですが、後悔というほどではないのですが、辞めたという実感がなかなかわいてはこなかったのがちょっと困りました。

退職代行サービスを利用しようと思ったのは、精神的にうつになってしまって会社に行けなくなってしまって、もう退職するしかないと思った時に、自分で連絡をする勇気さえなかったからです。

会社から電話がきても出られない状況だったこともあり、代行の方に任せてしまいました。
やめなければ会社とのつながりもたつことが出来ませんし、だらだらとしていた部分があったので、きっぱりと退職することが出来て良かったです。

今は静養していますが、やめられたことで気持ちが少し落ち着き始めたのでよかったです。

3年ほど前に4年ほど勤務した会社を退職代行サービスを利用し退職しました。

退職理由としては、上司とうまくいかず、ストレスで身体を壊してしまい、やむ無く退職という決断を致しました。

退職サービスを使おうと思ったのは、どうしてもその上司と顔を合わせるのが、拒否反応が起こるほど嫌で、最後の挨拶くらいは直接と思ったのですが仕方なく利用しました。

これ以上関わりを持ちたくなかった上司と顔も合わさず退職できた事については後悔はありません。
しかし、同僚や良くしてくださった他の上司の皆さんにケジメを付けれなかったことは、今ふと思い返しても少しモヤモヤするものがあります。

後悔してません。
前職場では上司からパワハラを受けており、辞表を提出しようとしても、受理されないなどの嫌がらせを受ける可能性も考えていたのですが、退職代行サービスを利用したことにより、辞表の提出も含め全て行っていただけました。

最後の月の給料もちゃんと振り込まれてましたし、離職票もしっかり届きました。
本来は全て当たり前のことではあるのですが、こういったサービスを利用したことにより給料やら離職票が届くのが遅くなるのではいか、又は直接会社の窓口に行って改めて手続きを踏まなければならないのではないか等、様々なデメリットも視野に入れてましたが、そんなこともなく、結果的に嫌な気持ちになって無駄にストレスを溜め込む事もなかったので良かったと思っています。

そもそも、会社をやめたいと思った経緯は、経営者のパワーハラスメントに近い言葉の暴力が切欠でした。おこり出したら周りが見えなくなってしまうような人でした。

そのような方でしたので、こちらから、やめる意向を伝えても、精神的に追いつめなれそうな雰囲気もありました。
しかし、第三者に仲介に入って頂ければ、相手も聞き入れて頂けると考え退職代行サービスを利用しました。

若干、費用は掛かりますが、精神的なストレスを考えたら合理的です。
おかげ様で、無事、退職をすることが出来ました。

男の退職代行を利用しましたが利用した事に対して私は全く後悔したとか失敗したとなは思いませんでした。
理由は本当に辞めたい会社をすんなり退職する事が出来たからです。

私が退職したかった会社はいわゆるブラック企業というやつで給与の未払いや不当な残業でやりたい放題な会社でした。
私は何度か会社側に退職願いを提出し辞めたい意志を伝えたのですが会社側は全く聞く耳を持たず無視、私はどうにもならないと思い最終的に男の退職代行を利用しました。

利用すると代行スタッフの方はスグに会社の人事部に連絡を取り私が辞めたいという意向を伝えました。
すると会社側はスグには辞めてもらっては困るという事を言ってきました。

すると代行スタッフの方は給与の未払いや不当な残業の事をズバズバと訴えました。
そして退職に同意が頂けない場合と未払い分の給与の支払いが行えない場合は即会社側を告訴すると伝えました。

すると会社側は少し時間を下さいと一度電話を切り20分程度経過して電話をかけてきました。
会社側は私の退職を承諾しますという返事をしてきて未払い分の給与も翌日中に振込むと約束してくれました。

こうして私はすんなり退職する事が出来ました。
こうした事から私は退職代行サービスを利用して後悔や失敗した等の気持ちには一切ならず、むしろ利用して本当に正解だったなと心から思いました。
以上です。

後悔していません。
理由は、上司と直接的なやり取りをすることがとても苦痛に感じていたのですが、退職代行のお陰で辞めるまで一度も会社と直接のやり取りはせず、必要なことは全て進めてくれたので、ノンストレスでスムーズに退職できたので感謝しかないです。

先払いで高額ではあるので多少の不安はありましたが、振込みしたその日から早速会社に連絡してくださり、退職の理由なんかも全て代弁して、必要な書類も会社に通していただき、自分自身一切何もせず無事に終われて、気持ちも楽になれました。
とてもいいサービスだと実感しました。

ハローワークで転職して、社員の口コミなどをあまり確認せずに転職した就職先だったのですが、やはり理不尽な事が多く今回退職代行サービスを利用しました。
担当者の方がすごく親身になって話を聞いてくださり、退職届やその他諸々の連絡など、もう私は会社と話をしたくなかったので、そういった面倒な事をすべて請け負ってくださったので、私は利用してよかったと思っています。

後悔はしていないです。
しかし、次に転職し、また辞める事があったら、代行サービスを使わないようなスムーズな辞め方をしなければいけないな、とは思っています。

退職代行を利用して後悔はしていません。
身体の都合で退職しましたが、その時に医者の診断書がどうだとかまだいけるんじゃないかとかこちらの話を全く取り合ってくれない上司だったために、話し合うこと、連絡すること、顔を合わせることが全て省けて書類のみで退職でき、連絡した翌日にはもう会社に行かなくてよい状態まで持っていってくれたので感謝しています。

話が通じない人と話す時間は無駄ですので潔く、退職代行のサービスを利用してスパっと退職してしまった方がいいです。

退職代行(雇用弁護士がいる所)を利用して退職しましたが全然後悔していません、無事退職できて本当に良かった気持ちです。

とんでもない高圧的な態度をとるクソ社長で辞めようと悩んでいたのですがなかなか退職を言うのに切り出せずにいたのですが、ある日退職を思い切って言い出した所案の定恫喝やら物を投げ付けてくるやらで収集が着かず、その後出勤せず退職代行を利用し、その後のやり取りも全部遂行してもらい退職しました。

雇用関係に強い弁護士のいる所の代行会社だったので安心してお任せ出来ましたので助かりました。

去年、退職代行サービスを利用しました。
そもそもなぜ利用したかというとかなりのブラック企業だったので中々辞めれるような感じでもなかったからです。

周りの社員に聞くと大半は止められて引き戻されてるとの事で恐怖でした。
そこでサイトで代行サービスを見つけて早速以来しました。次の日からそこの会社に行く必要は無くなったので凄く安心しました。

利用してすぐに辞めれた事に関しては良かったですが仲良い社員とも縁が切れたのでそこは凄く寂しいですね。

昨年12月に利用しました。
数か月たちますが、全く後悔しておりません。

理由はこうする以外にリセットする方法が思いつかなかったからです。
利用したのは発作的で、わずか数時間でラインで連絡して実行していました。

それも26年間勤めた会社に。
突然、やめることに対して人に迷惑をかけたことは否めません。

しかし、その思い以上に苦しかったので今でも大正解だと思っています。
今は再就職し、給料も大幅ダウンですが、全然後悔はありません。

退職代行サービスを利用して正直後悔はしていません。
使う前までは退職は自己責任で行う物と考えていましたが、そんな事言っていられない出来事が起こりました。

私が以前働いていた職場は某レンタカーで、営業所間で頻繁に異動がありました。
そして、私が辞める切っ掛けになった営業所で所長にパワハラを受けました。

最初は自分の仕事の出来が悪いから仕方ないとは思っていましたしたが、関係ない事まで言われたり、私のしでかした事以外の事も押しつけるような事が起こり始め、段々と精神的にキツくなり、出勤する旅にお腹が痛くなったり、仕事で今までミスしなかった事までミスするような悪循環に陥りました。

そして、ある日腹痛だけでなく吐き気を催すようになり、このままでは確実に鬱になると危機感を感じ辞めようと思いました。
しかし、退職願いを出しても受理されて退職できるまで2ヶ月は掛かるし、どうしようと思っていた時にふと前にTVで流れていた退職代行サービスを思い出しました。

すぐに辞めたかった私はスマホで代行サービスを検索し、「EXIT」という退職代行サービスに依頼しました。
契約金は他の代行サービスより割高でしたが、解らない事を一から丁寧に教えて頂いたり、退職が完了するまでの間会社からの連絡を代わりに行ってくれるなど精神的にも助けられました。

雇われている私達は全員が全員、労働基準法を細かく知っている訳ではないので、専門知識を持っている方達のサポートは非常に助かります。
自力で退職するのが本当はベストですが、本当に自分でやむを得ない場合はこうしたサービスを利用するのも有りだなと思います。

身体を壊してまで嫌な会社にいる必要はないとも思っています。

今年の6月に退職代行サービス「EXIT」を利用し退職しましたが、後悔はありません。
「退職までに何をしたらいいか分からないけど、とにかくすぐ退職したい」という希望をかなえられたためです。

退職を決意したきっかけは、出張で関西から関東まで数百kmを往復する予定が突然入ったことです。
日帰りだと帰宅するころには次の日になるにもかかわらず、宿泊は認められず、出張の翌日にも仕事がある、というきついスケジュールでした。
こんな働き方では、生活リズムが狂い体がおかしくなると思ったので、退職することを決意しました。

ただ、当時は退職するまでにどういったことをすればいいか知りませんでした。さらに、出張の予定が迫っており、退職に必要な手続きについて調べる余裕がありませんでした(期日的にも、精神的にも)。
幸いなことに、退職代行サービスの存在は知っていたので、それを利用して、出張日を欠勤したうえで退職をすることができました。

私はこのような経験で退職できました。
退職までにどういった手続きをとればいいか学べたし、退職日まで出勤したり、辞める旨を上司に納得させたりする必要はないと分かったので、次の仕事で退職代行サービスを使うつもりはありません。
しかし、これは退職代行サービスを利用したからこそ言えることです。そのため、退職代行サービスの利用に後悔はありません。

会社の労働契約書にある「退職は30日前に申し出る」に則って退職の意思を示したにもかかわらず、パワハラとまでも言えないが、人手不足や後任者を直ぐに用意はできない等と、自分には無関係な会社都合を理由に退職を認めない会社の態度に、怒りを通り越して失望していました。

当然そんな状況下で仕事をしても全く生産性も上がらず苦痛しかない状態の為、退職代行サービスの利用を決意しました。
このようなサービスがある時代に生まれてよかったと思っており、このサービスを利用した事に後悔はありません。

会社側は自分の事を甘く見ていたのだと思います。
退職代行で突然辞められたので、会社側は引継ぎやら後任人事やらが相当大変だったでしょうし、こんな事なら最初からきちんと退職手続きを踏んでおけばよかったと痛感した事と思います。

私が退職代行サービスを利用をしたことのメリットとデメリットの両方があると思いました。
メリットとしては退職代行サービスを使うときの自分は極限近くまで精神的に追い詰められており、そんな状況で勤め先の人たちと全くやり取りをしなくてよい点です。

当たり前の事なのですが円満退社であれば退職代行サービスを利用する人はいません。
もう会社に行くのも、そこにいる人たちと話すのも怖い、考えるだけでおなかがキリキリと痛むなどといった状況下では非常にありがたいと思いました。

デメリットとしてはお世話になった人たちにお礼を言うことができなかったことです。
どんな職場でもそうだと思うのですが、1人や2人くらい仲の良かった人やお世話になった人がいると思います。

落ち着いた時に、そういった方にしっかりとご挨拶もせず、退職してしまったことはとても申し訳なかったと今でも思います。

理由として、後悔はしていません。
俗に言うパワハラやサービス残業の強要があった為、退職を決意した時は会社には二度と出社したくないと思いました。

代行して頂いた方には契約通りのサービスをしてもらったので良かったと思います。
会社からの直接の連絡や接見を恐れていましたが、禁止になった為気持ちよく転職活動にも移行出来たので良かったと思います。

有給休暇の消化の問題もありましたが、出社せずに退職したことがもっともよかったのではないかなと思います。

退職代行サービスを利用して「後悔している」という意見

じぶんは現在でありますが33才の男性会社員をおこなっております。
じぶんは去年でありますが5年間勤めていた会社を退社代行サービスを活用して、退職をさせていただきました。

元々は人間関係が非常に嫌で上司の顔なども見たくはないのでこちらのサービスを使用させていただきましたが、現在ではそのほかにもお世話になった先輩などもいるのでしっかりと挨拶をしてから退職をすればよかったと現在では後悔をすることがあります。

実際に使用をしてみて、後悔をしています。
何万円かを先にお支払いして退職手続きをはじめとしたその他処理などを行って頂きました。

しかし、結局のところ勤めていた会社の人事や総務に話が行き渡り退職するまでに何回か会社から連絡が来たり、手続きのために会社に出社するなどとても手間でした。

今後、退職代行サービスを利用する際には、退職の際に面倒なことにならないようなサービス提供会社を探す必要があるのではないかと感じました。

終わりに

結果を見て見ると、28名中26名が退職代行サービスを利用して「後悔していない」と答えられました。

そもそも以前”退職代行サービスを利用していない人”に退職代行サービスについてどう思うかについてアンケートを取った際も、7割以上の方が退職代行サービスに理解を示していました。

退職代行をどう思うかアンケートを取ったら、7割の人が…

 

要は皆さんどこかで(こんな時代だし、退職代行サービス使っても仕方がないな)と思われているんだと思います(笑)

退職代行サービスを利用して後悔することは”ほぼゼロ”だと思うので、ぜひ利用してみてください。

⇒最大手の退職代行サービスはこちら