高知県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

高知県で退職代行サービスが人気の理由

高知県は全国でも三番目に人口が少ない都道府県であり、農業が盛んな風土を持っています。そうした典型的な田舎風土がある高知県において、退職するにはどんな事情があるのか気になりましたので、高知県の退職事情について調べてまとめてみました。

■病院ビジネスの発展によって他の産業が発達せずに退職せざるを得ない環境に

定年退職した高齢者が病気でもないのに高齢者同士の社交場として病院に通院しているというのは若者の間で不満の声が挙がっています。高知県は人口が少ないのに関わらず、病院数が2016年度で第1位という記録を持っており、そうした社交場としての病院ビジネスは他の都道府県より突出して高いのは事実であり、お金を持っている高齢者が病院にお金を使うため、経済の流通が病院に特化し、他の産業が停滞して、その結果、仕事を失って退職するケースもあります。

経済の流れが病院で止まり、病院から経済が発展することはなく、今後の高知県の退職に大きく影響してくるでしょう。

■離婚家庭で育った子供が多い高知県民は不安定に退職する傾向がある

高知県は父子家庭数と母子家庭数において2015年度第1位となっており、非行少年の多くが片親家庭を理由にしていることが多く、そうした不安定要素の根本的な問題となって、精神的な不安定さから仕事が安定せずに退職する傾向があります。

高知県はそうした退職事情について関連性があるのですね。

■アルコール依存症によって退職する

高知県は飲酒費用が2016年度で第1位となっているほどほどアルコールにお金をかけており、それだけアルコール依存症になる可能性が高くなっており、そうした依存症になると仕事中までアルコールを摂取しなければやっていけないなど常識から外れた行動をとることが多くなって、それで退職に追い込まれる可能性が高くなります。

アルコール依存症は生活を破綻させ、いきがいの全てをアルコールに依存させてしまい、それによって精神的にも肉体的にも異常がしてきて退職理由になっていきます。

また、不眠症などの精神疾患にも繋がりやすく、それによって退職代行サービスを利用する人もいます。

 

高知県は人口が少ない割には色々な退職事情について環境がまとわりついています。人口の少ない田舎ならでは事情で退職に繋がっていますね。高齢者による病院依存や、娯楽が少ないためのアルコール依存症、離婚率の高さなど高知県ならではの田舎的な要素によって退職事情について関連している部分が大きいです。