神奈川県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

神奈川県で退職代行サービスが人気の理由

神奈川県は地理的にやはり東京都へ出稼ぎに行っている県民が多いですが、神奈川県で就職して退職する人はどんな理由を抱えているのでしょうか?

住んでいる神奈川県の事情から退職代行サービスを使う理由を探ってみると、労働者の街ならではの退職理由を見つけました。

■働き過ぎで退職代行に

神奈川県は労働時間が2011年度の調査で第1位を取っており、長時間労働に疲れて退職する人はいます。また、働く人にとって仕事とは何も労働時間だけではなく、神奈川県が2016年第1位をとっている通勤時間も含めて、「仕事時間」であり、その面からも神奈川県の退職理由というのは大きなものがあります。

1日のプライベートがなく、仕事で埋め尽くされたスケジュールで生活していれば、嫌になって退職代行サービスで退職する人がいてもおかしくはないですよね。

睡眠時間も2011年度でワースト1位であることからも「仕事だけで毎日が終わる都道府県」として神奈川県は最もランクイン度が高く、そうした劣悪な環境は退職に繋がっています。長時間労働はうつ病などの精神疾患を引き起こして退職させますし、家庭に参加できないことによって家庭問題でトラブルに対処できずにトラブルになって退職したり、睡眠不足で仕事に集中できず失敗ばかりしてしまうようになって退職代行業者に依頼したりする人もいます。

■働く場所が少なくて退職せざるを得ないことも

神奈川県は労働者の街と記述したように、実際に自営業者数も2012年度にはワースト1位をとっており、神奈川県内で働ける中小企業が少なくて自営業でやりくりするのには厳しい環境で、小さなお店を構えるなど自営業として起業したのはいいものの廃業して退職する人はいますね。

自営業といのは同じ自営業者との助け合いによる利益が大きいので、神奈川県を活性化させようと自営業を始めても失敗して仕事を退職するというケースになるのはある程度は仕方ない部分があります。

あくまでも神奈川県民は東京で労働して東京で消費活動をする傾向があるので、自営業者にとっては退職のリスクと隣り合わせで生きていかなくてはいけません。

 

神奈川県は土地も安く、東京都への交通も便利ですが、その分、交通時間がかかり、仕事にとらわれた生活になって嫌気がして退職代行サービスを申し込む人もいます。神奈川県は、自分の持っている時間を一秒でも多くお金に換金できる大きな機会がある都道府県であるのと同時に、それに耐えられる精神がきちんと整っているかで退職率にへも繋がってくるでしょう。