鹿児島県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

鹿児島県で退職代行サービスが人気の理由

鹿児島は九州の中でも最南端に位置しており、温かい風土と九州という土地環境の中で、どういった退職事情に繋がっているのか、鹿児島県ならではの退職事情について調べてきました。

■仕事によっては病気が原因で退職する人も

鹿児島県はその温かい気温から、熱中症救急搬送者数が2017年度で最も多いというデータが出ており、職業的に熱中症になりやすい職場だと、熱中症で倒れやすいという理由で退職する人もいます。

また、熱中症で倒れて、病院で長く休みを取ってしまうと、会社から見れば休暇リスクが高い人物だとみられて退職させられてしまう現状もあります。

施設経営などの管理者だと、熱中症で利用者を危険な状態にさせてしまうと、その責任を取って退職しなければならない状況に追い込まれて、それで退職する人もいます。

■うつ病などの精神疾患で退職代行サービスを利用する人が多い都道府県

鹿児島県は2012年度のデータで、精神科病院数、精神病床数、発育障害者などが持つ療育手帳交付数が最も多いというデータが出ており、働いている内にうつ病などの心の病を持つ人が多い県民性であるという側面もあり、うつ病になって働けなくなって退職代行業者を利用する人も多い傾向にあります。

心の病になれば働けなくなって退職せざるを得ません。鹿児島県はそうした退職事情を抱える県民性があるのですね。

■ものづくりの精神から独立意識から退職する人も

鹿児島県は、農業産出額が2015年のデータで全国3位となっており、農業が盛んで、技術を学んでから独立するために退職する人もそれだけ多いです。

伝統的に鹿児島県は焼酎文化が盛んであり、焼酎酒造場数は2013年度に第1位、焼酎消費量も2016年度で第1位とあって、焼酎の酒造りに対する思いの高さから職人としての技術を上げて独立したいという焼酎職人は多い傾向にあり、技術を学んだ後に退職するという人も多いです。

ものづくりの文化からくる上昇志向の高い退職事情に繋がっている人も多いのですね。

 

鹿児島県は九州の最南端に位置しており、九州の文化もありながらも、他の九州地方の都道府県とは異なる退職事情を抱えています。熱い土地柄ならではの病気、県民性など特殊な退職事情に繋がっているケースも多く、退職する人が多いとは言えませんが、様々な要因から退職代行サービスを利用する人がいます。

鹿児島県の九州人としての歴史から精神的な部分で他の都道府県とは違っている側面もあり、それが今後の退職事情にどう繋がっていくのか、考察が多種多様にできますね。