香川県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

香川県で退職代行サービスが人気の理由

香川県といえば讃岐うどんが有名なうどん都道府県ですよね。産業についてもそれなりに発展しており、経済は安定している部分は大きいです。

そうした香川県ならではの退職事情について調べてみました。

■自分の讃岐うどん店を出しやすく脱サラして退職する人も

香川県はうどん屋店舗数も2014年度第1位の数を誇りますが、 うどんの消費量も2016年度に第1位、うどんの外食費用も2016年度に第1位となっており、需要も供給もうどんに関しては非常に高い都道府県であるため、サラリーマン生活に嫌気が差して自分のお店を持って城を作りたいという人にとって優しい環境になっており、脱サラして讃岐うどんのお店を持つために退職する人もいます。

讃岐うどんは技術が必要ではありますが、幼い頃から讃岐うどんに親しんできた香川県民にとっては独学でお店を出すこともでき、正社員で資金を貯めた後に退職する人もいますね。

■すさんだマインドを持つ香川県の県民性が退職意識を強めている!

香川県は様々な面ですさんだマインドを持っているといえ、それが自暴自棄になって退職をする人材に繋がっていっています。

精神面では小学生の自己肯定率が2017年度でワースト1位となっており、犯罪面では万引き認知件数が2010年度で第1位、自動車の粗さでは交通事故死亡者数で2016年度に第1位という香川県の様々な記録があり、そうしたすさんだ行為を行う環境であることによって定年退職まで勤めずに直ぐに退職してしまう人を増やしているのですね。

香川県はマインド的に退職しやすい県民性ともいえます。

■飲食費にかけるお金が低いため体調管理ができずに退職理由に

京都府には、生活費の中で飲食費にかける割合を計算するエンゲル係数が2013年度に全国で最も低いというデータがあり、生活水準としての幸福度が低いということであり、体調を崩して退職する人もいます。

安いうどんが主な外食費であるという都道府県であるということから、そうしたデータになった側面もあるとは思いますが、安い炭水化物を中心にした食生活となっており、バランスの取れた食生活ができていなくて、退職する人もいるようですね。

 

香川県と讃岐うどんは切っても切れない関係にあり、それが退職事情について繋がっている側面は大きいです。讃岐うどんという食べ物のベースになるもので退職事情に巻き込まれているのですね。

そうした香川県でならではの退職事情があり、県民性によって、退職理由に繋がっているという側面は大きいです。