石川県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

石川県で退職代行サービスが人気の理由

石川県は、東京都にも愛知県にも大阪府にも、微妙に遠くて微妙に近い土地にあります。交通機関が発達していないのもあって、経済の鎖国都道府県ともいえるでしょう。

そんな石川県で退職代行サービスが人気の理由についてまとめました。

■晴れでないと仕事ができない職業の人は退職しやすい

石川県は年間雨日数が多いことでも有名で2010年度では全国1位の降水日が多い都道府県となっているくらいのですので、高所作業を受け持つ建設業などに勤めていると雨だと仕事ができないので給料が減って、退職を考える傾向があります。

特にとび職などは日給で雇わるのが普通で雨の日には危険性から仕事ができません。そうした人は石川県で退職をして、他県で仕事をするという退職の仕方をする人もいます。

降水確率を気にして音楽フェスなどのイベントも、屋台飲食店での売り上げが伸びないなどの理由で失敗に終わる傾向があり、失敗した損害によってリストラされて退職させられる人もいます。

雨は外に出る意欲を失くし、飲食店なども成功できずに廃業して、退職をするという傾向も強いですね。

■優秀な人材は他県に出ていくからブラック企業が多くて退職代行業者を利用する?

石川県は学力が高く、全国学力テスト正答率で2018年に第1位を取っています。必然的に人材が優秀になっていき、石川県に有名な大学がないということもあって、頭の良い人は他県に行ってしまい、石川県の地元で経営者をしているのは人材マネジメントが下手ないわゆるブラック企業を作ってしまい、そこで働く地元民は嫌になって退職代行で辞めてしまっているという理由はあるでしょう。

■自分のお店を持ちたいという独立意識の高さで退職して独立の道へ

石川県は個人店舗が多く、修行を積んだ後に退職して独立する人もいます。石川県では伝統的に技術が受け継がれている生け花や茶道の教室数は2014年度で第1位となっており、技術を学んで独立するために退職する人は多いようです。

初期費用が安くて開業できる焼肉店の店舗数も2014年度に第1位であり、そして飲食店の中でも最も初期費用がかからないといわれているカレー屋の店舗数は2013年度に第1位をなっており、独立して「自分の城」を持ちたいという意識から経営方針やレシピのノウハウを学んだ後に退職して独立する傾向があります。

 

天候、人材、意識の高さ、それぞれに関係して石川県の退職事情に繋がっています。初期費用がかからない飲食店などを目指す傾向は退職の理由としても大きいようですね。