夜の仕事・水商売の業界では、お昼の仕事では珍しい状況に見舞われることが多々あります。
そんなこともあって、現在ナイトワークや風俗業を辞めたいと悩んでいる人も多いと思います。

そこで今回はホステス・高級クラブ・ミニクラブで働いていた方を対象に、アンケートを取ってみました。

具体的には

  • ホステスやクラブを辞めたいと思った理由
  • ホステスを辞める理由はどう伝えたか
  • 退職の伝え方とタイミングについて
  • 「ホステスや高級クラブを辞めて、よかった」と思った体験

などです。

実際にホステスを辞めた方が、どういう風に退職を伝えのかは参考になると思います。

 

そのあとには、ホステスやクラブを辞めるうえでよくあるトラブル

  • 辞めると言ったら脅されたり、罰金や損害賠償を請求された
  • 辞める時に給料をもらえない
  • 辞めた後に実家や学校に電話されたり、怖い人が家に来ないか心配
  • お店に行かずにホステスを即日で辞める方法

などをまとめて解決してくれる退職代行サービスというものを紹介します。

いまホステスを辞めたい・辞められない人はぜひ参考にしてください。


スポンサードリンク

ホステスやクラブを辞めた5人の体験談:退職理由や言い訳、伝え方など

※枠内をスクロールしていただくと読めます。

知人から人が足りないというコトで、それまで全く未経験だったクラブホステスのアルバイトをしました。
地元で一番古いクラブでちょっと雰囲気のある店でした。

地元の大手企業や弁護士、医者などが顧客で、お客様はマナーをわきまえた方が多く、比較的働きやすい環境でした。

今までお水経験がなかったので時給の高さにも驚き、接客に入らなくても変わらず支給されるお給料にありがたみを感じていましたが、その店で一番売れていたホステスが別の店に移ってしまい、そこから本当に暇になっていき経営が傾き始め、様相が変わってしまいました。

最初、自分の携帯を店に持ち込むなとオーナーに言われていましたが、暇になってからは、どんどん携帯で営業しろ!どんどん名刺に携帯番号を書いて営業しまくれ!と言われ、最初と話が違うと抗議したら、お水はそういう仕事だと叱られました。

ルールを知らなかったし知ろうとしなかった私にも問題はありますが、ズブの素人を雇うのですから、ある程度教育してくれないとわからない部分も多いので教えてくれればやるのに!と思いました。

逆に営業を頑張ると先輩ホステスから嫌味を言われたりするし、なんだか訳のわからない環境になって、働くのがちょっと嫌になってきました。

とはいえ、高額な時給を、大した苦労もせず頂ける魅力は大きく辞めたいほどではなかったので、オーナーの指示通りに名刺を配りまくり、お客様を呼べるようにもなってきました。

そしたら、私より歳上のホステスから、わかりやすい嫌がらせをされるようになりました。
彼女はかなり長く勤めているのですが、お客様とすぐ男女の関係になって捨てられるを繰り返していて精神的に脆い部分のある人でした。

おもてなしのお仕事は連携プレーが大事ですが、わざと気づかないふりをしたり、色気のある飲み方ならともかく、やたらのみ崩れてしまってお仕事にならなかったり、お客様も目を背けるような態度だったりと、密かに軽蔑していたんですが、自分のお客様を私がとったと被害妄想を抱き始めて仕事中でも私を無視するようになりました。

ただただ、面倒くさいな…と思って放っておいたらオーナーから呼び出され、そのコト(お客様をとったという先輩の妄想)を叱責されました。

私は身に覚えがないコトなのでしっかり弁明しましたが、それでも先輩に逆らってはいけないとか、前時代的な説教をされ、挙句に帰りに何故か口説かれ、気持ちが悪くなり、辞めたい!と強く思うようになりました。

オーナーの誘いを断ってからあからさまに以前より扱いが悪くなったのもあり、その店を紹介してくれた友人に断ってから、オーナーに直接辞めるコトを伝えました。
なので、退職届は書いていません。

一応引き止められましたが知人の紹介であったことでオーナーも強くは言えなかったようです。
ホステス不足の店だったので2か月ほど辞めるのに時間はかかりましたが、最後に稼ぎまくってやろう!とがんばってから辞めました。

私は知人のコネがあったため、ちゃんと給料支払いがありましたが、仲良くなった派遣ホステスさんは給料が遅れたり、未払いもあったようです。
早めに辞めて良かったです。

今は昼の仕事で給料も減りましたが、健康的な生活に戻れて良かったと思います。
好きでもない人にお世辞をいうストレスもなくなりました。

人見知りな性格なのでプライペートを切り売りするような営業はきつかったですが、今はそんな無理をしなくてもちゃんと安定したお仕事ができるので良かったと思います。
朝働いて夜はゆっくり家で家族と居られる方が私にはあっているようです。

 

大学生の頃と就職してからも昼職と掛け持ちをしてホステスをしていました。
小さめのなのですが客層が高めで落ち着いた雰囲気のお店でした。

キャストは20代、30代、40代と幅広かったですがみんな仲良く働いて居心地がよかったです。

私が辞めた理由としては夜遅くまで働いて朝には会社に出勤していたので体力的にキツくなり昼職の方に支障が出るようになったことです。

また、売り上げを上げるためにお酒を飲んでいたので体調を崩すこともありましたし、彼氏もできて(お店で知り合った方)お客さん達への営業メールもめんどくさくなってしまいました。

(お店の外で会いたがったり口説いてくるおじさんの対応が大変でした…)そして、彼氏との時間も大切にしたいと思い始めました。

辞める1ヶ月前にお店のママに「昼職の方に専念したい」と伝え、気持ちはよくわかりました、応援してます。と言っていただき円満に辞める事ができました。

私の最後の出勤日には沢山のお客さんに来ていただき売り上げも上がり本当に楽しい一日でした。

辞めた後は昼職に専念し規則正しい生活を送る事ができてお酒を飲む量も減ったので体調も良くなり嬉しい事に体重も減りました!(笑)

一人暮らしでやりくりしていくのがキツくて昼と夜を掛け持ちしていたのですが、お店で知り合った彼氏が建築会社の社長だったのでいろいろ援助もしてもらいお金の面での不安もなかったです。

そして、辞めて一番よかった!と思える事はお客さんへの営業メールをしなくてよくなったことです。
お客さんを呼ばなきゃ!というプレッシャーやお店の外で会いたがったり口説いてくるお客さんもいたのでそれを上手くかわすのが大変だったのと接客がめんどくさい方もいたのでそのストレスから解放された時は本当に幸せでした(笑)

昼職の方に専念できた事で上司からの評価も上がり役職を貰うことかでき充実していました。
また、給料が上がった事も嬉しい出来事でした。

 

20代の頭に数年間ホステスをしていた事があります。
1人暮らしでかなり生活が厳しい状況だったので、昼は違う職種、夜はホステスの二重生活だったですね。

そんな時にホステスの経営を任せられてる方が、途中で変わって新しい年齢は40代後半くらいの男性でイケメンのやり手に変わってからが、かなり店の状況が変わって行きました。

まず、やたらと新しいホステスを求人で入れて来た事と、過去にその男が勤めていた場所から、引き抜きでしょうね、すごい綺麗な子ばかり連れて来たんです。
元からいる私達何十人は、なんか端に追いやられる雰囲気はその時もかなり感じました。

新しい女の子達は、なぜかその経営者の男の事をみんな、〇〇ちゃんって親しい感じで呼んでいたので、これはみんな知り合いか、男女の関係になっているのも間違い無くいると私は思いましたね。

そんな勘はやっぱり当たりました。
その中の美人のホステスと仕事帰りに一緒に帰り、マンションに消えて行くのも何回目撃したかです。

そんな状況は新、旧のホステス達にも、かなりな影響があってやはり経営者のその男性はモテるんで、取っ替え引っ換え状態で、彼の事を嫌いになってるホステス女性は居ないだろうってくらいでしたね。

雰囲気は川崎麻世さんを少し変えたような感じの男性です。

やはり経営の面では、その男性はすごくて新しい女性を入れてから、その店舗の売り上げも上り調子で、ものすごくお客様も増えて来たのですが、でも内部のホステスの仲はもう災厄です、ギスギス感は半端なくて、誰が経営者の男性から特別な女だって思われてるかの争いです。

私も遠回しにみんなの状況を見ていたけど、私自身も何度か飲みに誘われたり、自宅に送ってもらったりもあったけど、周りの状況は知っていたので、自分をコントロールするようにしてました。

ホステスには友人も数人居ましたから、それは絶対に無いように努力もしました。

そんな中で事件が起きました。

お客様と結婚するってなったホステスさんが、実はその経営者との関係があった事でお腹に赤ちゃんが居て、でもお客様とも関係してる事でお客様の子供か経営者の子供って、かなりな騒動になってしまい、店のトップのオーナーまで話しが行き、店の存続まで危うい感じになりました。

その辺りに私を含め、ホステス達数人はもうこんな不安定な職場は嫌なのと、1人の男性が表れた事でギスギスした雰囲気は耐えられないので、集団で辞める事にしました。

 

雇用形態はアルバイトでした。
辞めようと思った理由は、1つに責任者であるマスターの酒癖が悪かった点です。

お酒を飲んでいないときは普通に面白い人で、話していても苦痛ではなかったですが、お客さんが来て一緒にお酒を飲んでいくうちに人格が変わってきて、お客さんの前でも平気で嫌味を言ったり怒鳴って怒る事もしばしばありました。

私はあまり怒鳴られる事はありませんでしたが、ママと平気で喧嘩をしたり、違う女の子に罵声を浴びせたりする事がよくあったので嫌な気分になりました。

そういったことがあると、お店の雰囲気も悪くなりお客さんも楽しめない感じだったので、酔っているとはいえ店の責任者としてどうなのかと思うようになりました。

もう1つは、お給料が時給制で支払われていましたが、働いた時間より少なめのお給料になっている事も多かった点が納得いかず辞める理由になりました。

さな古いお店だったので、タイムカードが無くお店に来た時間から、自分が何時まで働いたかを記入する表があり、そこに記入するのがタイムカードの代わりでした。

自分で記入するので、スケジュール帳にも同じように働いた時間を書き、自分なりのお給料計算をしていましたが、いつも少なめのお給料だったので毎月毎月抗議していました。

他の女の子もやはり同じだったようで不満に思う人が多かったと思います。
そういった不満も募り、マスターに辞めたいと伝えましたが引き止められ、なかなか辞めさせてくれなかったので最後はお店に行かなくなりました。

それまで働いたお給料も少なめに払うというような事も言われましたが、それでも辞めたいと伝え無理やり辞める形になりました。

辞めたいと伝えた時の理由は、両親があまりよく思っていないのでと言いました。
伝えたのは辞める1ヶ月前ほどで、退職届は書かず口頭のみで何回か辞めたいという思いは伝えていました。

新しい職場について良かったと思った事は、それまで夜の仕事だったので、昼夜真逆の生活から抜け出した事です。
昼間寝ている事が多かったので友人と遊ぶ時間帯も合わない時が多かったですが、辞めてからは日中の太陽の光も浴びる事ができて健康的になったと思います。

もう1つはそれまでストレスに感じていた人間関係が一切なくなった事です。
辞めた事でマスターの怒鳴り声や酒癖の悪い場面を見なくて済むと思っただけで心が楽になりました。

辞めた時に、相当なストレスだったんだなと実感しました。

あとは両親の心配が減ったかなと思っています。
やはり夜遅い仕事ですと、両親が心配しているなというのを感じていたので、日中の仕事に転職したのは自分にとっても両親にとっても良かった事だと思っています。

 

31歳くらいのころにラウンジでアルバイトをしていました。
そこで務めるようになったいきさつは、一つに金銭的なことで、私は29歳で離婚をし子供を二人抱えて実家に戻っていたのですが、縁あってエステティシャンの仕事に就き、そこでの経験を経て一年で自宅のそばで開業していました。

その仕事自体は順調だったのですが、離婚の原因となったのが元主人の借金癖で、私名義の借金も多額にあったことから、お金はいくらでも必要な状況だったわけです。

新規顧客もどんどんと増えたころ、お客様の一人で60代の方がラウンジを開くという事になり、開店二か月目ほどでホステスが足りないという事で、私の家庭環境を知っていたこともあって、夜ほんの数時間だけアルバイトをしてくれないかと持ち掛けられ、私も体力的にまだ若かったので引き受けたわけです。

朝は自分のサロンを行い、週に何日か8時ごろから4時間ほどアルバイトをするという生活を送っていたので金銭的にはどんどん余裕が生まれ、借金も順調に返せるようになっていたのですが、やはり仕事内容が疑似恋愛であり、気にない男性に気のあるふりをしなければならないことが精神的に辛く、いわゆる営業電話を入れることや同伴をすることがいつまで経っても慣れなかったです。

私が自分のサロンを開いていることを知っているお客さんも多く、中にはフェイシャルをしてほしいと強引にサロンへやってきた男性客も数名いらっしゃいました。
一応サロンの売り上げにはなるし、夜は夜で私のことを気に入って来店をしてくれるので良い事なのですが、断りたくても断れない状況が嫌でしたね。

そんなときにお客さんの一人と恋に落ちてしまい、子供たちを含めて彼と同棲するようになると、余計にホステスの仕事が嫌になっていってしまいました。
ちょうど借金返済にもめどがついていたという事と、私の年齢も35に近づいていた事などがあり、体力的にきついという理由を話して円満にやめさせてもらいました。

一か月前にはラウンジのママである私のサロンのお客さんの娘にあたるチーママに伝え、了解を取ってもらい、納得してもらってやめたので、その後は私のサロンのお客様としての関係は続けられています。

 

ちなみに試用期間や研修期間、体験入店中に辞める人で多かったのが、「いざ働いてみると求人の内容と全く違った」「お店の客層が悪かった」というのが多かったです。

その他のホステスを辞める理由・行きたくない理由って?

ほかのホステスやクラブを辞めたい理由としては、

  • ストレスが溜まって精神的にきつかった
  • 最近人気がでなくて、売れないのがきつかった
  • 親にばれるのが怖くなった
  • 自分には合わないと感じた
  • 生活リズムの乱れについていけなくなった
  • 大切な人ができた

などがありました。

 

ホステスを辞める方法は、以下に紹介する記事が参考になると思いますが、もし

  • 自分から退職を切り出せない、
  • 辞めたいといっても強い引き止めに合う
  • 即日退職したい

という場合は、この記事の最後までお進みください。

自分で退職するコツ

退職時のよくあるトラブル解決法

今すぐ一言も話さずホステスを辞めて、その後の関係も一切断ち切れるサービスって?

ホステスを辞める時って、昼職とは少し違う問題が起きやすいんですよね。

例えば

  • 罰金や損害賠償を請求すると脅される
  • 学校や実家に電話がかかってこないか心配
  • 「それなら給料はもう払わない」と言って引き止められる
  • 辞めた後に怖い人が家に来たり、嫌がらせの電話が来ないか心配

などの怖い思いをしていて、簡単にホステスをバックレたり飛ぶ事ができなくて悩んでいる方も多いです。

勿論これらは違法なのですが、自分一人で相手を説き伏せるのもなかなか難しいと思います。

 

こんな時に便利なのが、第三者が間に入ってくれる退職代行サービスです。

退職代行サービスは私たちと会社の間に入ってくれるサービスで、

  • 代わりに退職を伝えてくれる
  • 当然の権利である給料、残業代についても伝えてくれる
  • 私たち本人はもちろん、実家や学校に電話しないよう伝えてくれる
  • 今この瞬間から、一言も会社の人と話さず退職できる
  • これまで退職を拒否されたことがない
  • 訴えられたこともない
  • 最短で即日退職可能

という特徴があります。

退職代行サービスという第三者が間に入ってくれることで、お店も違法なことをバラされてはいけないと、急に退職を認めてくれることが多いそうです。

ある退職代行サービスでは1日30件ほど問い合わせがあり、こういう問題にも慣れているそうです(笑)

「今からもう一言も会社の人と話す必要はありません。我々が穏便に貴方を退社させます」
「我々が全力であなたを守ります。絶対に連絡しないよう伝えるので安心してください。」
「これから先は全て我々を通じてやり取りします。我々は慣れていますから、リラックスしてお待ち下さい。」

私が使ったときは、そう言ってリラックスさせてくれて、その通り一言も相手と話すことなく退職することができました。
もちろん退職後も一切関わりがありません。

 

自分が退職できる状態かどうかの無料相談は、24時間…つまり今この瞬間でも出来ます。
詳しくは以下の記事を読んでみてください。

⇒退職代行サービスの仕組み、値段、法的な問題、体験談はこちら