北海道の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

北海道で退職代行サービスが人気の理由

北海道は豊かな大地に恵まれ、2000年度以降では、ジャガイモ生産量、かぼちゃ生産量、タマネギ生産量、麦生産量、大豆生産量、生乳生産量、にんじん生産量などありとあらゆる農業分野で1位をとっており、2010年には農業生産額1位に輝いているほど農業が活発な地域です。

ただ、近年の貿易競争によって外国の安い食材が大量に輸入されてきている状況の中、価格競争に負けて廃業をしてしまい、農園自体を維持できずにそのまま引退をして退職してしまうケースが増えているようです。

 

その食品の低価格化の波が北海道全体の活気に影響しているのか、2018年度にはうつ病患者数が日本で最も多い地域となってしまいました。

やはり食品産業全体が落ちると経済も落ち、人々の気持ちも落ちるようです。自殺率が毎年のように1位をとっている秋田県よりもうつ病患者が多くなってしまったという事実は驚きですよね。

人はうつ病になると自然と働けなくなります。これは病気なので仕方がないことなのですが、そうした要因も退職サービスの利用を考える理由になっているのは確かですね。

会社をたたんで退職する人もいるでしょうし、会社の経営が厳しくなって激務や安月給になってうつ病になると農業文化の経営会社だとなかなか休職をとって休むということもできず、そのまま退職代行業者を利用して辞めてしてしまうケースは他の地域よりも多いでしょう。

 

南国のオーストラリア人がスキーを楽しめるスキー場として選べる最も近い地域であり、観光も盛んです。2013年度にはタクシー旅客輸送量で1位をとっているのでわかる通り、地理的に観光産業にも恵まれています。

しかし、グローバル社会となっていくにつれ、中国人など文化の違いでマナーでのトラブルが国際的にも多くなっている中、北海道もそうした一面で影響が出ています。観光産業に携わる人がお客の質が変わったことによって嫌気が差して退職してしまうケースもあります。

2017年度の統計では、四年制大学進学者に占める女性比率が全国47位と最下位であり、英語などの外国語を喋れる北海道住民も少ないと予想されることから観光客の扱いで精神的にストレスとなって退職代行サービスを利用する要因は勢ぞろいしています。

 

貿易やグローバル化など国際的な環境に左右されやすい北海道の地域柄、現代の社会での国際競争で生き抜くために必死で、それが嫌になって他の地域で働いた方がいいと退職する人はこれからも増えそうですね。

政府がどんどん外国人労働者を受け入れようとする体制の中、退職代行業者を使う人はどんどん増えそうです。