群馬県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 


スポンサードリンク

群馬県で退職代行サービスが人気の理由

群馬県は東京に近いですが、鉄道などが普及しておらず、他県民が思っているほど東京に近い土地ではありません。群馬県そのものは田舎で、最低賃金も安いです。

そうした群馬県の退職事情はどうなっているのでしょうか?

■外国人労働者による最低賃金引下げが退職代行サービス利用を決意させる

群馬県は在日外国人が多く、それが理由で日本人が退職するという事情があります。

在日ペルー人が2015年度に1位、在日ベトナム人が2015度で1位という在日外国人が多い群馬県の土地柄は安い賃金で働く外国人労働者に押されて日本人の賃金も下がっていく傾向があり、それが退職理由に繋がるでしょう。

特にペルー人は飲食業経営を得意としており、日本人飲食業経営者の利益を圧迫して退職理由となる可能性は高いです。

ベトナム人は工場などの単純作業を得意としており、パートで働く主婦家庭の人は環境の変化や賃金の変化に耐えきれず退職して別のパート先にするというプロセスは大きくなります。

また、外国人労働者全体にいえることなのですが、外国人労働者そのものが日本人よりも退職率が高いです。土地に合わずトラブルを起こして退職させられてしまうというケースが多く、群馬県の退職率を全体で大きく増加させています。

■自動車社会の群馬県民は若者のニーズに合わず退職へと導く?

若者の自動車離れが深刻化されている日本ですが、自動車保有台数は2017年度1位、運転免許保有者数は2010年度で1位など、群馬県は土地が広く、自動車がないと生活できないという部分も大きく日本の中でも自動車保有率が高いです。

逆にいうと、免停などで運転免許証を取り消しにされると生活ができず、退職をして群馬県を離れるしかないという現実もあります。

病気や怪我で運転が突然できなくなるということもあるでしょう。そうした場合は群馬県では退職するしかないのです。

バス通勤及び通学率が2010年度最下位であり、バス代も2016年度で全国最下位とあり、公共交通機関が発展していないのは目に見えています。

自動車を持つのは悪いことではありませんが、自動車が持てないと退職するしかないというのは群馬県ならではの退職理由ですね。

また、自動車に魅力を感じなくなった現代の若者が群馬県を退職して自動車が比較的必要のない東京に移住するなどの時代のニーズに合わせた退職代行業者の利用事情もこれから出てくるでしょう。

 

群馬県は退職事情が現代の考え方と土地柄とマッチせず、増加傾向にあることが想定されます。群馬県の退職を減らすには根本的な改革が必要となってくるでしょう。