福島県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

福島県で退職代行サービスが人気の理由

東日本大震災で福島第一原子力発電所の事故を受け、発生当時の2011年から衰退と退職の傾向がある福島県は今でも震度5弱以上の地震回数が2014年統計で1位となっており、不安定な土地柄にあります。

そんな退職事情は東日本大震災の影響が大きいようです。

■東日本大震災の影響で退職に

東日本大震災の影響で放射線による風評被害によって一時は主軸となる漁業が衰退して退職が増えたもののその2年後の2013年では漁獲量が日本一になっています。

しかし、2017年では20歳未満自殺者数が最も多くなるなど、将来を考えた若者は将来に悲観し、退職代行サービスの利用増加に繋がっています。

こうした自殺リスクの高い若者が大人になると、どうしても耐え切れずに退職代行業者を利用しています。金髪やファッションなどでテレビ影響率が高い田舎町の福島県民は「自殺する前に退職しろ」と無責任に言う有名人の言葉を信じて退職します。その結果、無職になって再就職もできずに自殺するというケースは多くなっているのですね。

東日本大震災の影響は大きいようです。

■女性不足が退職率を呼んでいる?

福島県は女性にとって不利益な要素が多すぎます。2010年では20代女性未婚率が1位となり、2011年ワースト1位として女性の家事労働時間あり、女性初婚年齢は2010年で最下位、女性医師数も2014年で最下位となっています。

女性の気が強く、甘えている。

そうした事情は福島県にはあるようですね。

人がなぜ働くのか?

その答えの多くは「家族を守るため」です。

そのモチベーションが維持できないと仕事を続けられず、退職代行サービスを利用する理由になっています。

■東日本大震災の風評被害が直接的に退職へ

福島県は日本人の悪意ある風評被害はほとんどなくなっていますが、2013年の外国人宿泊率はワースト1位になるなど外国人は放射線被害を噂程度の知識で怖がって風評被害は治まっていないのが現状です。

東日本大震災の時は、「フライ人」と海外の新聞から揶揄されたように外国人が大量に日本から出国しました。

福島県は2013年に漁獲量全国1位となるなど、海産物の流通や加工の単純作業で外国人労働者でもできる仕事が沢山あります。外国人労働者が多く働ける場所があるということで集まったはいいものの、間違った風評被害で勝手に怯えてしまい、 退職代行サービスを利用するケースも多々あります。

 

福島県は東日本大震災からの復興を遂げていますが、福島第一原子力発電所が邪魔して産業の活発化が阻害されている一面もあります。退職理由は年々増えていっています。