福岡県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

福岡県で退職代行サービスが人気の理由

福岡県は九州地方における中心的な経済的役割を持った都道府県です。そうした経済都市としての役割を持ちながらも独特の地方としての特徴を持っており、福岡県における独自の退職事情について調べて考察してきました。

■飲みにケーション文化が合わずに退職代行サービスを利用するケースも

福岡県は物価が安いため東京の企業で雇用されて福岡県に転勤されると東京の高賃金と福岡県の安い物価が合わさって天国のような状態になるというのは転勤あるあるとしてよく知られていますが、実際はそれだけではなく、福岡県に転勤してしまったがために退職する人もいます。

福岡県は、お酒が強い風土があり、博多の屋台文化や焼鳥店の店舗数が2013年度に第1位となるなど、飲みにケーションに関しては福岡県独特の強いものがあり、下戸であると非常に住みにくく、仕事も効率的に熟せずに、自信を失くして退職代行業者を利用する人もいます。

文化の違いで退職するわけですね。

福岡県民はビジネスにおいてもお酒の席が必須となるため、そうしたビジネススタイルに合わせられないと、仕事ができない人材だと上から評価されてそれで自信を失って退職理由にしてしまいます。

■子供時代の環境の悪さが将来的に自堕落になって退職する人材を育てる

福岡県は小学生の朝食摂取率が2017年度で最も低いというデータが出ており、朝食を取らないと学習や仕事の効率が低下するということはデータで実証されており、そうした食文化を定着していくと、子供時代からの影響で、仕事ができずに退職する原因にもなります。

また、福岡県は治安が悪いことでも有名であり、少年犯罪検挙人数が2016年度に第1位となっており、一度、非行を味わってしまうと楽な方向で生きようというマインドが働いてしまい、退職事情に繋がっていきます。

■九州男児の気質が家庭内で退職を強行できる環境に

九州男子として男は仕事をして稼いで男の役割を果たして女は家事をして女の役割を果たすという意識が高く、2016年度のデータで働く父親の家事参加率と働く父親の育児参加率が全国ワースト1位となっていました。

それが一般的には家庭を築くと退職するというのは妻の反対があってやりにくいという事情がありますが、九州男児の場合、それを男性の自由をきかせて退職できる環境にあるのですね。

 

福岡県は転勤して福岡県に来る人物も多く、お酒を飲める人ならばいいのですが、お酒を勧められてそれを飲み干してビジネスチャンスに繋がる都道府県であるため、下戸であるなど事情があると耐え切れずに退職する人もいます。

また、福岡県民として育った場合、少年時代の環境が悪いため、それで将来的に退職リスクに繋がっていくこともあります。