福井県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

福井県で退職代行サービスが人気の理由

福井県は地元に大きな起業家が誕生したという歴史はなく小さな中小企業が数多くある都道府県です。そのため、福井県民全体として地元意識が高い傾向があり、それがどう退職に繋がっているのかということを分析して研究してみました。

■企業数が多いので転職しやすく退職への誘惑に負けてしまう?

企業数及び中小企業数は2014年度で第1位となっており、福井県は企業数が多く、そのため転職もしやすいという利点があるため、現在の職場で嫌なことがあると退職代行を使用して直ぐに転職を考えてしまう土地柄となってしまっているのはあるでしょう。

企業が多いということはそれだけ人手不足で簡単に雇ってもらいやすいですので、退職することを考えた時点で、転職先を直ぐに見つけて、安心して次の仕事先を確保しながら退職することができます。

中小企業が多いというのは社長のワンマン経営がされていることが多く、仕事に対する考え方に反発して退職代行サービスを利用するという人も多いです。

また、製造業事業所数で2016年度第1位となっており、建設業者数で2014年度第1位となっており、福井県は退職率の高いいわゆる「土方」と呼ばれる仕事が多く、そうした人が福井県の退職率を底上げしているのは確かでしょう。

■決意を持って退職する人も

福井県は非正規雇用率が2012年度で最も低く、正社員主義であるので、退職する際には会社の恨み辛みを抱えて爆発して退職する人もいます。

非正規雇用であるアルバイトや派遣労働者などは人生でほぼ100パーセント退職する「来るもの拒まず去る者追わず」の雇用形態ですが、正社員となると昇給やボーナス、退職金などがかかっているのでなかなか退職できない事情がありますが、その分、会社への不満を溜め込んでしまう傾向があり、「会社にがつんと言ってやろう」と退職する人もいます。

ただ、残業代の未支払いなどの労働基準法に違反する雇用形態で正社員としてこき使われていた場合、労働基準監督署に申し立てて残業代を支払ってもらい、利益をえるために退職する人もいます。案件によれば数百万円の支払いがされることもあるので、ブラック企業で働き続けるよりも退職を選んだ方が吉でしょう。

 

福井県は地元社会で正社員雇用率も高く、安定した職場環境であるように見えますが、良い意味でも悪い意味でも、決意を持って退職する理由が揃っている都道府県なのですね。

思いついて安易に退職するのではなく、将来を考えて退職代行サービスを使用する傾向があるのですね。