愛媛県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

愛媛県で退職代行サービスが人気の理由

愛媛県は四国にある都道府県で特徴としては経済規模が全国の1パーセントを占め、人口130万人超の都道府県としては経済規模が高く、1パーセント経済と呼ばれている都道府県であるということが挙げられます。

そうした愛媛県の退職事情について調べてきました。

■多種類の渡る産業の発達によってやりたいことが変わって退職代行サービスを利用する人も

愛媛県は産業としては、農業も林業も工業も漁業も満遍なく発達しているという事情から、就職して「自分のやりたいことはこれじゃない」と思うと転職先が直ぐに見つかる環境にあるため、それで自分の理想を求めて退職する人もいます。

大人になってもやりたいことがわからなくなってくることはよくあります。それを考えて選べる環境が愛媛県にはあるので、それで退職する人もいますね。

■介護のために退職を

愛媛県は、男性の100歳以上高齢者数が2013年度で第1位になるなど長寿都道府県の一つであり、それに合わせて介護及び看護時間が2011年度に第1位となっており、親の自宅介護を理由に退職する人もいます。

愛媛県は県民性から施設に預けるのではなく、自宅介護で自分の力で行うことが多く、そうした要因が退職理由に繋がっている側面もあります。

親の介護に専念するために退職して専業主婦になる女性が多い退職事情があります。親の介護の時間を作るために退職してしまうのですね。夫婦感でも旦那がそれを良しとする県民性を愛媛県民は持っていますので、そうした退職理由となることが多いです。

■養殖が盛んであるために保守的な経営についていけず従業員が退職代行を利用することも

愛媛県は養殖産業が盛んであり、特に養殖タイの漁獲量は2013年度に第1位になるなど、養殖漁業が発展しているということで安定した産業を確保できている反面、天然漁業のように漁に出て一気に稼ぐという漁業ができずに漁師さんが稼ぎどころを見失って退職する人もいます。

愛媛県は作物も水産物もどんな種類でも取れる豊かな土地であって、その恩恵から土地柄を活かした郷土料理が少なく、資源に関して工夫をせずに保守的になっている県民性を持っており、安定した養殖漁業で働く従業員が安定している反面で努力しても収入が上がらないという現状があり、それに嫌気を指して退職する人もいますね。

 

愛媛県は経済都市であり、その上に長寿都道府県であって介護の問題もあります。そうした事情から特殊な退職事情について愛媛県はついて回るものであり、それが退職理由になっています。