新型コロナウイルスが世界中に広がっています。

私も常に新しい情報を追っていますが、コロナの死亡率は日々高くなっていき、3月末の時点で世界の死亡率は4.7%台と言われています。

ただしこの4.7%というのは現在治療中の方も含まれている(=治療中の方が全員完治するという計算)ので、治療中の患者を含まない実際に起こってしまった結果である死亡率/回復患者数を見ると、致死率は18%、つまり5名に1名が亡くなっているというデータになっています(参考:新型コロナ、生きるか死ぬか 結果からみる致死率18%超の衝撃)。

 

また新型コロナウイルスは、仮に症状が現れていない状態でも他人に感染させてしまう事が明らかになっていますから、目の前の元気な方が実は感染者で、私たちにウイルスが移って、私たちだけ症状が現れる…なんてことも起こってしまいます。

 

そんな中、日本と海外での対応の差が浮きだっていますよね。

日本は世界と比べても対策が甘いと言われていて、

などなど、世界と比べると後手後手の対応になっています。

 

最近は芸能界でもコロナが流行り始め、皆さんご存じの方は発症してしてわずか1週間で亡くなりました。

あなたが今大好きな人が、たった一週間後に、もう二度と話せなくなるかもしれないんですよ?

たまたま症状が発症せず自分が陽性だと気が付かなかったあなたが、知らない間に移してしまう事で(コロナは無症状でも人に感染します)。

 

そんな中、今まで通りお仕事をして生活していても良いのでしょうか?


スポンサードリンク

新型コロナウイルス(新型肺炎)が理由で休職・退職する人が増えている

新型コロナウイルスの職場での感染や、通勤中の感染が広まっています。

 

コロナウイルスは既に感染経路が不明の事が多く、どこで誰がウイルスを持っているかわかりません。

同じ職場にいても、通勤電車にいても感染リスクがありますからね。

 

そして自分自身が感染し仮に発症しなかったとしても、家で待っているお子さんや高齢者の方に移って発症してしまい、重症化してしまう可能性があります

 

家族の集まりが原因と思われる新型コロナウイルス感染症(COVID―19)の集団感染が発生し、高齢の母親とその子ども3人が死亡、2人が重体になったことがわかった。

https://www.cnn.co.jp/usa/35151141.html

 

 

そんな背景もあって、実は新型コロナウイルスが原因でお仕事を辞める方、お休みする方が増えています。

ほとんどの方は退職や求職理由に「コロナウイルスが怖くて…」とは言っていないようですが(「気にしすぎ」と馬鹿にされて認めてもらえないそうです)、もしあなたの職場で最近休職・転職された方がいれば、もしかするとコロナが原因かもしれません。

 

今回は当サイトを通じて、アンケートに答えていただきました。

今、コロナウイルスが原因で会社に行きたくない・会社に行くのが怖いと思っている方の参考になればと思います。

 

日本は同調圧力が強く、また仕事が何よりも大事だと考える風潮があります。

身近には味方がいないかもしれませんが、今回答えてくださった方の意見で少しでも勇気づけられたらと思います。

「あなたはどうして、新型コロナウイルスが原因で会社を辞めたい・休みたいと思いましたか?」

現在妊娠中で、免疫力が下がっていることとお腹の中の子になにか影響があったら怖いと思って休職することにしました。
最初は休職するほどではないんじゃないかという葛藤はありましたが、電車通勤中に車両内で咳をしている人を見ると過剰に気になるようになりストレスが溜まってきたので休職を決めました。
昨年秋から妊娠しており、春に出産を控えています。休職、退職は最初は考えていなかったものの、今回の新型肺炎と同系統のコロナウィルスが原因のSARSやMARSは妊婦の致死率が50%(通常が3−4%)であり、医師から出歩きを制限したほうがいいと指示が出て早めの産休か退職を検討したほうがいいかなと思ったのが理由です。
仕事で指導している中国人研修生の実家が武漢にあります。その中国人研修生が正月休みを利用してに武漢に帰省しました。話を聞いたら、ショッピングセンターなどに買い物に行ったり、友達や親戚に会ったと話しました。
家族の中に重病人がいるので、念には念を入れて、退職したいと思いました。それと、職場が、奈良県なので、奈良県に感染者が居たというニュースを観て、より怖くなりました。これから更に深刻な状況になるのは必至と判断したからです。
外国人観光客が多く特に中国人の方も多くくるお店で働いていたので、純粋にもしも映されてしまったらどうしようという恐怖がありました。
こんな恐怖のまま働いていては仕事にならないと思い、しばらくの間休職することを決めました。
コロナウイルスが流行った時期に、飛行機を利用して空港にいたので、コロナウイルスの感染が心配になりました。中国の方と同じスペースを利用したわけではありませんが少し怖かったので、休職を相談することにしました。
会社自体が中国と交流のがある為、リスクがあるなと感じました。例えば、部署は違うのですが、中国の方に出張をよくする部署があるので、もし感染して帰ってこられた時、昼食などで一緒になる時に感染してしまうかもしれないからです。
働いているところが空港のため、感染する確率がとても高いです。春節で中国来のお客さんもたくさん入国するので、ずっと警戒をしているのも疲れました。
パートなので、命を張ってまで勤めるのは考えてしまうため、退職をしました。
同居人の体調が悪く、心配だったのもありますが、私自身数日前から体調を崩しており、頭痛、鼻水、くしゃみや体の痛みがあったため休暇届を出しましたが、上司に受理してもらえず、休日まで出勤になったため体調の悪化を感じて休職を考えました。
ダブルワークをしています。ホテルで働いた後に飲食店で働いてますが、飲食店の方々からホテルには中国人が宿泊してるから貴方も菌あるんじゃないと言われ続けて休職してます。復帰は望んでないので今月あたりには退職したいと思ってます。
沖縄で民泊の清掃を担当しておりましたが、宿泊客が以前から中国・韓国・台湾の観光客が多く、とても多いな宿泊施設なので、宿泊客も海外からの団体などが多いので、どこから、いつ感染するかわからない状況だったため。
私は副業で、イベントスタッフのアルバイトをやっています。いろいろなイベントを行うのですが、その大半は地域振興のもので、対象は外国人が多いのです。
しかし、今回のコロナウィルスの影響で、来場者が激減しているのと、感染する可能性もあることから、落ち着くまで休職することにしました。
2年以上派遣社員として勤務していたのですが、たまたま2月が契約更新の時期でした。マスクの手持ちもなく、売り切れで買えない状況です。勤務先が繁華街を通らざるを得ない場所なので通勤が怖くて契約を更新せず、今月末で退職の予定です。
私の会社は国内だけでなく海外にも事業所があり、私は2年前から中国の福州で出向をしていました。コロナウィルス発生地の武漢とは距離がありますが、現地の人間はパニック状態になっており、私もこのままでは感染してしまうと考え退職を考えました。

 

このように、新型コロナウイルスが理由で退職・休職している方が実は多いです。

新型肺炎が理由の退職。上司にどうやって退職理由を伝える?

今回話を聞いていると、「コロナウイルスが怖くて休みたい」「辞めたい」と伝えても、「気にしすぎ」「じゃあ、他の働いている人は感染してもいいわけ?」などと言われ、退職を認めてもらえなかったケースが多かったみたいでした。

そんなこともあって、コロナウイルス以外の事を理由に退職を上司に伝えた方が多かったです。

私には妻も子どももいますので、上司には素直に「このままでは感染する可能性もあるし、家族に会えなくなってしまいます。すぐにでも中国の出向を辞めさせてほしい」とお願いしました。しかし私の言葉はまったく聞き入れてもらえませんでしたので、退職届を提出しました。
コロナウイルスだけを理由にしてはさすがに伝えられませんでした。そこで働き続けなければいけない人もいるのです。そのため、パートで働く条件が合わなくなってきたと伝えながら、コロナウイルスのことも少し伝えて退職しました。
新型コロナウイルスが怖いので、とは正直に言えませんでした。実際この先も周りにいる社員の人はこのマスクのない状況で通勤して働かなくてはならない状況なのにその理由は言えません。ですので、スキルアップをしたいので退職させていただきます、と伝えました。

 

なので、もし新型肺炎が理由で会社を辞める場合でも

  • 嘘の転職先を言う
  • 病気
  • 介護、親の病気
  • 引っ越し、夫の転勤
  • 結婚(寿退社)、結婚準備
  • 妊娠、不妊治療
  • 家庭の事情
  • 家業を継ぐ

といったことを理由に、上司に退職理由を伝えるのが良いと思います。

※追記:新型肺炎(コロナウイルス)で会社が退職を認めないのは法律違反かも?

本日、面白い記事も見つけたのでシェアします↓

症状があるのに出勤を求められたらどうする? 多様なコロナ問題と法的「対処法」

 

この記事によると、

症状があるのに出勤を命令される場合、もしくは自分は症状はないけど、初めに紹介したようなバス会社や接客業、取引先に外国人が多い等感染するリスクの高い会社に無理やり出勤させられるのは「安全配慮義務違反」に当たるかも

とのことです。

 

ただし理論的に説明しても会社が納得してくれない事は多いですし、どんな理由であれ会社に伝えるのは怖い方も多いと思います。

もし自分で伝えるのが怖かったり、1日でも会社に行きたくなかったら

もし自分で会社や上司に退職したいことを伝えるのが怖かったり、もう1日でも会社に行かずに今すぐウイルスから逃げたい場合は、退職代行サービスを利用してみてください。

退職代行サービスは私たちの代わりに会社に退職する旨を伝えてくれるサービスですが、

  • 今この瞬間から会社の人間と一切話さず、1日も出社せず
  • 合法的に即日退職できる

という特徴があります。

 

コロナウイルスに感染するリスクは、1日経つごとに大きくなってきています。

あと1日の出社がウイルスに感染する可能性がありますから、今すぐ退職したい方はぜひ利用してみてください。

 

ちなみに業界最大手のSARABAは

  • 24時間、いつでも打ち合わせが可能(夜中に申し込んでも返事が返ってきます)
  • 労働組合が運営しているので、会社が仮に無理なことを言ってきた場合でも対応できる
  • 1日30名以上が利用している
  • 業界最安値

という特徴もあるので、オススメです。

⇒SARABAの詳細はこちら