コンパニオンというお仕事は、世間的なイメージは「怪しい」「風俗業?」という感じだそうです。
実際にはコンパニオンは風俗業ではないものの、確かにお客さんが勘違いしていることもあるようで、触られたりすることもよくあります。

そんなこともあって「コンパニオンの仕事がつらい・きつい」「コンパニオンを辞めたい」という方も多いです。
もしかするとこの記事を読んでいるあなたもコンパニオンの仕事をされていて、すでにコンパニオンを辞める理由を考えていたり、退職の切り出し方を考えているところかもしれません。

 

そこで今回、実際にコンパニオンを辞めた方にアンケートを取ってみました。

具体的には

  • コンパニオンを辞めたいと思った理由
  • 退職理由の言い方・伝え方
  • 辞めると伝えたタイミング
  • 退職届にはどう書いたか
  • コンパニオンを辞めてよかったと思ったこと

です。

実際にコンパニオンを辞めた方が、どういう風に退職を伝えのかは参考になると思います。

 

その後に、

  • 辞めたいといっても会社に辞めさせてもらえない人
  • どうしても自分からは「辞めたいです」と言いづらい人、辞めづらい人
  • 退職拒否や引き止めを、自分一人だと振り切れる自身がない人
  • 今の職場が最悪で、いますぐ逃げたい、今すぐ辞めたい人
  • 損害賠償をすると脅されている人
  • 給料や残業代は払えない、有給も使わせないと言われている人
  • 出社拒否中で、どうすればいいかわからない人

向けに、退職代行サービスというものも紹介します。

いまコンパニオンの仕事で悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。


スポンサードリンク

コンパニオンのを辞めた5人の体験談:退職理由や言い方、辞めてよかったことなど

※枠内をスクロールしていただくと読めます。

正職員として本業を持ちながら、夜と休日に仕事がある時に働いていました。
若かったので少しぐらい睡眠時間が足りなくても体力だけはあったので、働く事が出来ました。

一緒に仕事をしている子達はみんな仲良く和気あいあいとやっていたので、とても楽しかったです。
でも、呼ばれる年齢層や団体の雰囲気などによってすごくイヤな思いをしたりする事も多かったです。

 

旅行先ではめを外した人達はコンパニオンにはどんな事をしてもいいんだ、みたいな勝手な思い込みがあって体に触ってくるのはいつもの事で、ひどい人になると服の中に手を入れて直接胸を触るような人も結構いました。
お酒の場だし、仕事だからと割りきって笑いながらかわしていましたが、あんまりにも度を越した行為をしつこくしてくる人にはほんとに殴りたくなる時もありました。

たまたま当たった人が悪かったのかと思いますが、その日の仕事が終わって他の人に聞くと同じ人からイヤな事されたという子が多かったです。
お酒が好きだし、接客も好きなほうなのでこの仕事をしていたのですが、お客さんの中にはお酒が弱いと思っている人がいて、手が空いた時に飲もうと思っていた私の好きな日本酒を「いいから、早くこれに捨ててしまえ」と勝手にバケツに捨てる人がいてその時は余計な事しないでと頭にくる時もありました。

 

時給がいいので3年近く続けましたが、だんだん体力的にきつくなってきて本業の方に影響が出てくるようになってしまい、辞める事にしました。
人手が足りなかったので、もう少しやってくれないかと言われましたが、もう潮時かなと思い予定通りに辞めました。

コンパニオンを辞めた事で本業だけではちょっと足りなかったので、新しい職場を探しました。
市内のグランドホテルの受付の仕事を始めました。

コンパニオンと同じ接客業ですが、体を触られるなどは当然全くなく、さまざまなお客様と関われるのでいろいろな話を聞く事が出来て楽しく知識も増えました。
チェックアウトの時にお礼を言って頂くととても嬉しくやりがいを感じる事が出来ました。

 

・雇用形態

その都度、仕事依頼のメールが届く
○月○日出勤可能ですか?というメールでした。

 

・辞めようと思った理由

配膳と簡単な接客と聞いていましたが、配膳というものは、ほとんどなく宴会先へ出向き、おじ様たちの隣に座りひたすら接客でした。
優しい方もいらっしゃいましたが、やはりお酒の席ということもありセクハラ発言、おさわりは当たり前。

短時間で稼ぐことができていたので我慢していましたが、どんどんつらくなり、経営者にも再三相談しましたが、「それが当たり前」のような感じで全く相手にされず1年ほど経った頃、経営者より系列店であった風俗店にも行ってみないかという話が来て、これは流石に話が違いすぎると思いやめることにしました。

 

・退職の理由と伝えるタイミング

周りの辞めて行った子達は結構ひどい仕打ちをされたことも聞いていたので、「風俗で働く話まで出たので辞めます」と言う理由を伝えるのは少し危険かなと感じ、理由を探していたときに、ちょうど祖父が介護が必要になりました。
祖父の介護を理由に夜も家を出れなくなるという理由を伝え辞めることになりました。

家を出れないという状況ではなかったですが、介護が必要になり私が昼間介護をしていたのは事実だったのでスムーズに辞めることができました。
月末に伝え、その次の月の中旬くらいまで受けていた仕事があったので、そこまで出勤し辞めました。

 

・退職届けについて

元々雇用自体がしっかりした契約があったわけではないので、退職届けなどを提出することもなく、口頭で伝えるだけでした。

 

・新しい職場に転職して、「辞めてよかった!」と思った体験

まず、1つ目はセクハラ発言、おさわり行為が当たり前だった日常から開放されたということです。

2つ目は、在籍を続けていた同僚からの色々な相談を受けることがありましたが、私が辞めた後は更に色々なことが悪化したようで風俗に半ば無理矢理入れられてしまった子もいて辞めてよかったというより、続けていたら危険だったな、と感じました。

 

3つ目は、やはり短時間で給料がよかったので、自覚はあまりなかったのですが辞めてから随分金銭感覚がおかしくなっていたことに気付きました。
もっと長くなれば更に狂っていたし、その生活が当たり前になり戻れなくなってたかもしれません。
短時間で高収入より、きちんとまじめに働いて稼いでいくことの方が良いと気がつくことができよかったと思います。

 

宴会コンパニオン・ホテルコンパニオンをしておりました。
雇用形態はアルバイトで、2時間5000円の契約に指名料でプラス1500~3000円という契約になっていました。

週3ペースで入っておりましたが、忘年会のシーズンはほぼ毎日で、時には1日2本掛け持ちして入ったこともあります。
お客様は大学教授の先生やお医者様から企業の役員様や消防団様など業種も様々で、ここでしか出会えないような方とお話できる面白い仕事だと楽しく働いていたのですが、たまにセクハラをされることがあり、事務所にもそのことは相談しておりました。

 

あまりにもひどい場合は、事務所からお客様へ電話で注意したり、今後の派遣を取り止めるなどの措置を取ってくれたのですが、新規のお客様だと何をされるか分からず、正直怖かったです。

私が辞めるきっかけとなった出来事も、新規のお客様との宴会で起きました。土木作業員の方々の飲み会の席で、お客様は20代から30代といったお若い方が多く、宴会場所もいつもの料亭やホテルではなく、大衆酒場。大声で叫んだり飛び跳ねたり、お酒の飲み方も一気飲みやビール瓶にそのまま口を付けて飲むなど、乱暴な態度が目立ちました。

 

酔いがまわるに連れて私達コンパニオンにちょっかいを出し始め、ボディタッチは禁止されていることを伝えてもやめてくれず、胸やお尻を堂々と触られた挙げ句、一番小柄だった私は無理やりお姫様抱っこされ、持ち上げられた時に皆に下着を見られてしまうというとても恥ずかしい思いをしました。

結局そのことがきっかけでコンパニオンを辞めてしまいましたが、事務所に相談した時には「もうああいうお客様とは契約しないから残ってほしい」と言われました。
有難いことに月に何件かは指名もいただいていたこともあり、迷いましたがやはりあの出来事は忘れることができず、辞めさせていただきました。

その後は事務職に転職しましたので、セクハラもなく、お酒を強要されることもなく、普通に働いております。

 

以前、宴会やレセプションへ出張するパーティコンパニオンをやっておりました。
勤務はフルタイムで日曜休み。時間は夕方17時くらいから深夜までです。

辞めようと思ったのはやはりセクハラですかね。
酔っ払い相手はわかっているのですがやはり宴会などでは広いためほかの人の目が隅まで届かない。

 

そのため触られたりキスされたり店舗のクラブなどよりはかなり危険でした。
その他にも移動時間は無給なので思ったほどは稼げない状態でジレンマもありました。

コンパニオンのママは、かなり仲良くしてもらっていたし一緒に飲みに行ったりと心通じ合う仲だったので辞めたいとはなかなか言えないまましばらくが立ちました。
そのままの状態で、ほかの仕事を探し始めたり優柔不断な時をすごしました。

 

そんな中で新しい仕事が見つかり勤務の日も近くなった所でついにママに辞める意思を伝えたられました。
ママは残念そうにしてくれて今後の事もたくさん話しました。

私は水商売から足を洗って真面目に働くつもりだったのです。
その意思を汲んでくれて、実はママも将来的に自分の店を持つことが夢だと教えてくれたのでとても嬉しかったです。

 

コンパニオンをやっていてたくさんの経験を積めたと思っています。
酔っ払いのかわしかたやお金持ちの人のよいしよまの仕方。先輩のお姉さんたちと上手い関係を作る事。

チッブの稼ぎかたや礼儀作法、品格の出し方などなど。
これらの経験はよかったのですがやはりセクハラですかね。

 

ひどい時は本当に風俗みたい。
やきゅうけんして服脱いできわどく下半身を触ったり触らなかったりもしました。

そんな中、転職し色々な経験をした事を自分の中に隠して過ごしていました。
それでも上司に気に入られる事。多種多様な話を広げられたりもできる事。

お金もたまり安定の毎日がすごせるようになって心から辞めて良かったと思いました。
パーティコンパニオンはやはりバブルの時の仕事。

今はもう閉鎖しています。

 

私はアルバイトとしてコンパニオンの仕事をしていました。
しかし、仕事の時間帯が不規則なために体調を崩してしまったこともあり、しっかりとした生活リズムをキープできるような仕事に転職したいと思い退職したいと考えるようになりました。

ただ、スタッフが少なく私が辞めると他のスタッフに迷惑がかかってしまうと感じ、なかなか退職したい旨を言い出せずにいました。
他のスタッフには仕事でもプライベートでもとてもお世話になっていたので、迷惑をかけるようなことはしたくありませんでした。

 

そこで、新しいスタッフが入ってくるタイミングでやめたいという話を切り出すことに決めて、頑張りました。
だいたい4か月ほど待ったところで、新人のスタッフが入ってくることになりました。

ミーティングでその話を聞いたのと同じタイミングで、上長に私がやめたいと思っていることを伝えました。
しかし、やはり今やめられては困ると引き留められてしまいました。

 

4か月間も待っていたので、私としては今すぐにでもやめたかったのでとても困りました。
けれど、どうしても私の話は聞き入れてもらえませんでした。

そこで、私の方からその新人スタッフの教育係を担当するという提案をし、その新人スタッフが入社してからなんとか1か月後にやめさせてもらえないかと話しました。
すると、上長からは「2か月後であれば大丈夫」という話をもらいました。

 

そこで、早くその新人スタッフが一人前になれるように頑張って教育係として働きました。
そしてそのスタッフが入社してから2か月後に無事退職しました。

退職届は書かなくて大丈夫でした。その後、ずっと憧れていたアパレル業界へ転職できました。
「辞めてよかった!」と思ったのは、一気に体調が回復したときでした。

 

生活リズムが整ったことで、肌の調子まで改善されました。
次によかったと思ったことは、お洋服を社販で安く買えることです。

コンパニオン時代はなかなか洋服を買う機会がなかったので、とても嬉しいです。
あとひとつは、お給料が上がったことです。

コンパニオン時代よりも少しですが良いお給料をもらっています。

 

派遣、アルバイトとしてコンパニオンをされていて、退職された方が多かったです。
また正社員と呼べるかはわかりませんが、フルタイムで働いていた方もいました。

 

コンパニオンを辞める方法は、以下に紹介する記事が参考になると思いますが、もし

  • 自分から退職を切り出せない、
  • 辞めたいといっても強い引き止めに合う
  • 即日退職したい

という場合は、この記事の最後までお進みください。

自分で退職するコツ

退職時のよくあるトラブル解決法

もし自分から退職を切り出せない、強い引き止めに合う、即日退職したいなら…

もし自分でコンパニオンを辞めたいと言いづらかったり、すでに退職したいと伝えているのに辞められない場合はぜひ、退職代行サービスというものを使ってみてください。

  • 今この瞬間から、一言も会社の人と話さず退職できる
  • これまで退職を拒否されたことがない
  • 訴えられたこともない
  • 最短で即日退職可能
  • ほとんどの場合は有給も給料ももらえる
  • 退職後の手続きや流れを、丁寧に教えてくれる

という特徴があります。

 

自分が退職できる状態かどうかの無料相談は、24時間…つまり今この瞬間でも出来ます。
詳しくは以下の記事を読んでみてください。

⇒退職代行サービスの仕組み、値段、法的な問題、体験談はこちら