夜の仕事・水商売の業界では、お昼の仕事では珍しい状況に見舞われることが多々あります。
そんなこともあって、現在ナイトワークや風俗業を辞めたいと悩んでいる人も多いと思います。

今回はキャバクラ・コスプレキャバクラ・朝キャバ・昼キャバ・ニュークラブで働いていた方を対象に、アンケートを取ってみました。

具体的には

  • キャバクラやニュークラブを辞めたいと思った理由
  • 退職理由の言い方・伝え方
  • 辞めると伝えたタイミング
  • 退職届にはどう書いたか
  • キャバクラやニュークラブを辞めてよかったと思ったこと

などです。

実際にキャバクラやニュークラブを辞めた方が、どういう風に退職を伝えのかは参考になると思います

 

そのあとにはキャバクラやニュークラブを辞めるうえでよくあるトラブル

  • 辞めると言ったら脅されたり、罰金や損害賠償を請求された
  • 辞める時に給料をもらえなかった
  • 辞めた後に実家や学校に電話されたり、怖い人が家に来ないか心配
  • キャバクラやニュークラブをバックレるとどうなる?
  • お店に行かずにキャバクラやニュークラブを即日で辞める方法

などをまとめて解決してくれる退職代行サービスというものを紹介します。

キャバクラやニュークラブは100%辞められるので、安心してこの記事を読んでいただければと思います。


スポンサードリンク

キャバクラ・ニュークラブを辞めた6人の体験談:退職理由や言い訳、伝え方など

※枠内をスクロールしていただくと読めます。

九州でクラブ勤務を5年しておりました(^^)
キャバクラは楽しくて報酬はいい反面、変なお客様の相手をするのでとてもメンタルがやられます!

いい方もいますが、そんな方は1日に一人いるかいないかの割合です。
そしてどんどん歳になるにつれて、お客様の自分に対する扱いはもちろんのこと、お店の扱いも変わってきました。

 

私は26歳で引退したのですが、もっと歳上のキャバ嬢さん達はもっと辛そうでした!
嫌なったきっかけはそういうキャバ嬢の方々を見てそう思いました。

自分があーなるのはいやだなと…
そして時代の流れでこれから水商売はどんどん厳しい流れになってくるかもと思ったからです!

ラインが流行り出してお客様との距離感が近くなり連絡も簡単に取れる状況になってしまい。
毎日面倒だなあと思いながらキャバクラ勤務していました!

 

そう思っていた時に私はお店でコケて膝を骨折してしまいました(笑)
しかしこれが私にとって人生の転機になりました。

親は私の仕事には何も言いませんでした。
しかしこの時母親がいいきっかけだからこのまま辞めたらどう?と提案してくれました。

たしかに完治まで2ヶ月はかかるし、なんだかもうキャバクラに行く気持ちは薄れていました。
その日から私は色んな会社にエントリーシートを出して、前から気になっていたIT企業に転職することができました!

 

お昼の仕事は5年ぶりだったのですが、キャバクラにくらべたらとっても楽でした!
業務は最初難しくて、最初の2ヶ月は辛かったですが、ドンドンスキルが上がるのが楽しくて仕方なかったです(^^)

あと夜に普通に家にいる開放感はとても幸せで不思議な気持ちです!
そこで出会った男性と結婚も出来ました!

 

キャバクラ辞めて思ったのはやはり普通のそれなりの男性と結婚したいのなら、水商売はやめた方がいいと思います!
お金よりも大事なものは世の中にはたくさんあると思うことが出来ました!

キャバクラにも感謝していますし、骨折をしたのも良かったなと思っています!
夜の仕事をするなら大学とかも行ったほうが絶対いいです!

キャバクラ辞めたら何も残らないので、結婚も厳しくなります!
キャバクラは今よりも今後の事を考えながらするのをオススメします(^^)

 

私は18歳の頃からキャバクラを初めてみて、最初は本当に軽い気持ちでした!
私のために毎日来てくれたお客さんは凄く嬉しかったのですが中でもしつこいお客さんも居ました。

変なメールして来たり嫉妬されたりお客さんではなく恋愛の方に持っていかれたり本当に毎日それだけで頭がおかしくなる日々もありました。
無視してもくるし怖いなーと毎日思っていたのですがその頃指名やお給料は本当にびっくりするほど良かったりキャストのみんなやお客さんが良すぎて結局辞められずにずるずると働き。

毎日お酒、私は煙草も吸っていた為本当に体に良くもないなと思い始めていました。

 

それでも簡単には辞めれずなんならきっかけ欲しいぐらいでした。
ちゃんとしなきゃなと思って勇気振り絞って社長さんに会いに私キャバ嬢を辞めます。とはっきり言ったところ。社長さんの顔が一気に変わりどーしたのとビックリされました。

私はその頃の努力をしっかり見ていてくれた社長さんだったので毎日褒めてくれたり話し聞いてくれたりする仲だったので正直悲しいと言われました。
もー少し考えてくれとの事でした。

だよなーと思いまたズルズル働きました。

 

相変わらず指名のお客さんは5人ほど来てくれたり楽しく仕事をしていました。
だがそこで初めてのトラブル発生。

私はキャストのみんなの事悪く言った事がなかったのにある日色々なことを耳にしてしまいました。
きっと私は頑張って指名もとってるから誰か憎んでるのかなと思ってただけであまり気にして居なかったのですがそこからヒートアップ。

 

私の大切なお客様とられたりとイライラな毎日。
信用していたのに何故かいきなりそーゆうふうになってしまいその子とは毎日バチバチでした。

正直これも辞めるきっかけかなと思い次こそは辞めてやる!とゆう気持ちで退職届けを出しました。
そしたら社長さんは頑張ってくれてありがとうと。

その一言でしたがなんかぐっときて涙出てしまいました!
私は今では専業主婦です!

あの頃ちゃんと辞めといてよかったとは思っています。

 

6年以上、この仕事を行ったり来たりしていました。
高校には行かず、若い頃から始めたので、最初のうちはお給料もいいし、働いていない同級生の子は、まだ親の保護の元にあり。

幼いくらいに感じていたのですが、次第に大人としての思考を語り始めたり、スキルを磨いてどんどん社会進出しているのを見ているうちに、自分もこれではいけない、という焦りを感じ始めます。
それで一旦昼のバイトなどに就いて、みんなと同じ方向から社会進出を図ろうとするのですが、何故かいつの間にか元のキャバクラへと戻って行ってしまっていました。

 

今思うと、自分の周囲は、自分と似通った人が多く、学校も中途半端だったり、恋愛話で盛り上がっていることが多いです。
当時の私は、それに引きづられるように居心地のいい職場へと足が向いてしまったのだと思います。

ただ、この仕事周囲が思うほど「楽」でもないのです。夜お客さんといちゃいちゃしていればいい、というわけではなく、きっちり稼ぐ子は、言葉は悪いですが、「ぬかり」がありません。
お客さんに気に入って貰えるように試行錯誤しますし、昼の本当に面倒くさいメールにも、交わしたり対処しています。

 

端的な会話に落ち着かず、長文で何度もきたりすると、こちらは仕事なので返信の会話にすごく疲れます。
昼も夜も仕事が続いている感じです。それでも長く勤めてしまったのは、店そのものの雰囲気や対応がとてもよかったからでしょう。

同じような系列の店は近隣に多数あり、女性スタッフ同士の意地悪な対立の話なども日常的に聞きます。
お店の環境がいいと、それだけでも居心地のよさは違ってきます。

 

辞めるきっかけになったのは、本当に好きな人ができた時でした。
結婚を考えてくれるほど本気で交際をしていた彼から「辞めて欲しい」と言われ、最初はこっそりたまに行ったりしていましたが、次第に他の男性と接触することに自分自身嫌気がさすようになり、「行かない!」と決意して辞めました。

当然、何も言わずにお店にでなくなったので店長達からもメールや着信が入りましたが、全てスルーしました。
私は売り上げでも上位でしたが、お給料は日払いでしたので、決めたら行かないという手も使えました。

 

けれども、ある程度日数が経過した時点で店の従業員の方達に謝罪に行き、経緯を伝えて後々しこりが残らないようにはしておきました。
転職先は月払いで以前のようなお給料はありませんが、全く不足感なく、平和的に過ごしています。

 

キャバクラにいた時の雇用形態は、シフトを提出して好きな日と好きな時間に出勤するという形でした。
販売職や飲食のように金土は忙しいので基本的に休みは平日に撮っていて週末は働いているという感じでした。

辞めようと思った理由は、まず、精神的なストレスが辛くなったからです。
OLよりもちろん給料も良ければ働いている時間も少ないですが、毎日のようにお客さんと営業メールをして、イベントがあればお客さんをお店に来てもらうようにして、気持ち悪いこと言われてもぐっと我慢しなければならないのが辛かったです。

朝方寝て夜起きている生活もずっとは続けていられないなと感じ始めました。

 

退職したいというのははちょうど一か月前に伝えたけど自分の中での準備はもう少し前からしていました。
退職の理由は昼職に就職するためと言いました。

もう少し働いてほしいとかは言われましたけど、親からも昼の職についてほしいて言われていると言ったら納得してくれました。
退職届という書類は出してはいませんが、営業の後に店長と二人で話し合って自分の気持ちを伝えました。

 

退職して昼職に変えてから良かったことは、

その1、今までは週末働いて平日に休みを取るということで友達にいきなり誘われても予定が空いてなかったけれど、昼職では土日休みで月曜~金曜は働いてるので、平日は仕事終わりに飲みに行けたり、土日に昼間から出かけたり、旅行にも行けるようになって良かったです。

その2、有給などや傷病休暇があるので、今まで風邪を引いたら休むとき罰金を払っていましたが、今では休みたいときに好きなだけ休みが取れるので嬉しいです。

 

その3、毎日毎日お客さん(おじさん)とメールをしていて、休みの日まで連絡きたしてストレスがとても溜まっていましたが、一切お客さんとは切ったのでメールをしなくてよくなって、ストレスが本当にたまらなくなりました。

昼職に変えた途端彼氏ができて、結婚まで行くことができて、夜から抜け出せて本当に良かったと思います。

 

25歳から1年ほどスナックとキャバクラの派遣の仕事をしていました。
始めるきっかけは、正社員で働いていた職場を退職して、フリーターをしながら新しい仕事を見つけるまで時給の良い水商売をしようと思ったからです。

スナックは、年配のママが一人でやっていてまだオープンして間もない状態でした。
ママの馴染みのお客さんが多く、年齢層も年配の方ばかりでした。

 

ママはとても優しくて、お客さんも無理やりハグしてきたり、触ったりしてくるお客さんは少なかったのでいい人が多かったです。
でも、あまりお客さんの入りも良くなかったので、なかなか売り上げが上がらない日々が続き、早く上がったり休みが多かったりで、私も休みの日にキャバクラの派遣の仕事を始めました。

もともと気が強いタイプなので、お客さんに触られたり、冗談を言われたりすると優しくできていないこともありましたが、顔立ちは悪いほうではなかったですし、笑顔には自信があったので愛想振りまいていてチヤホヤされることはできました。

 

ただ、もともとの性格が男っぽいので、がさつになったりして、だんだん私の中で男性相手に「女」というものを振りまくのがすごく嫌になってきて、派遣の仕事も入れないようになってしまいました。
優しくしてくれるお客さんもいたんですが、やっぱり女の子の体目当てだったり、派遣されたお店では女の子とお客さんがキスしたり胸を触られたりしているのを見て「私もされるんじゃないかな。」と怖くなったのを覚えています。

そんな時、メインで入っていたスナックは経営不振で時給が下がったりしたので、私もいよいよ生活が厳しくなりママに辞めようかと思っていることを伝えました。
ママは「私も話そうと思っていたの。これじゃ生活苦しいだろうから、仕方ないよね。」と優しく受け入れてくれました。

約1か月後にスナックは退職して、大学時代に働いていたアルバイト先の上司が経営する居酒屋に入ることになりました。

 

スナックのママは、店を閉めてタクシーに乗っています。
今でも優しく気遣ってくれるママで、私もお店にいたときには役には立てなかったけど今はお客さんを回したりしています。

どうしても男性に「女」を売ることが出来なかったので、辞めてしまいましたがその経験は今でも活かされていると思います。

 

“私は、お昼の本業の仕事をしながら、本業のお給料だけでは、中々生活に余裕が無かった為、キャバクラでアルバイトとしてはたらいていました。
キャバクラで勤め出したのが20歳の頃で、辞めたのは22歳の頃だったので、2年程働いていました。
実は、働き出して2ヶ月、3ヶ月経った頃には「もう辞めたい」と思うことが多々あったので、2年はかなり頑張ったと自分では思っています。

なぜ、私が働き出してすぐから辞めたいと思ってしまっていたのか…

私は本業の仕事があるので、週2日のアルバイトで雇って貰っていました。さすがに、毎日昼間に働いて、毎晩毎晩遅くまでキャバクラのアルバイトをしている訳にはいかないですし、本業に支障が出ては意味がないと思ったので、その日数で面接の時にお願いしたのです。

ですが、ちょうどアルバイトに慣れ出した頃に、年末の忘年会シーズン到来です。この業界は、やはり忙しく人手不足でした。店長から「お昼の仕事があるから大変なのは分かるんだけど、少しでも出れる日があったら本当に助かるから、もし出れたらよろしくね!」と言われ、いつも私の都合の良い時に働かせて貰ってるし…と思い、本来出勤する日とは別に週に1日?2日程出勤日数を増やしました。もちろん昼間の仕事に支障が出てきてしまい、社会人として有り得ない寝坊をしてしまうこともありました。

週2日の勤務が週3?4日になり、週3?4日が週4日。気づくと、店長も他のキャストもそれが当たり前になってしまっていました。
そして、私自身が週4日出ることによって肉体的疲労、精神的疲労はあるものの、お給料を沢山持って帰れることに喜びを感じましたし、お小遣いどころかちょっとした贅沢もできるようになって、金銭感覚が狂っていたので、週2日に減らすことは不安でした。

そして、週4日も出勤するようになると、「あ、こんな子いたね」という存在だった私の顔もだいぶ売れてきてしまって、お客さんとの連絡先の交換や連絡の取り合い、アフターや同伴などもするようになりました。ここまでくると、本業が昼の仕事なのか、キャバクラなのかわかりません。
昼間の仕事は事務仕事でしたが、キャバクラのお客さんから携帯が鳴ると、気になって仕事は進みません。
仕事が終わると、急いで帰宅して、準備を済ませてお客さんと食事に行き、そのままお店に出勤。
お店が終わった後も、お客さんと食事やバーで飲み直しする日もありました。

以上のことから、初めは、「無理だ、体がもたない。けど、頑張らなくちゃ。辞めたくても、生活のためだ。」と我慢していましたが、2年間で水商売のスキルは上がりましたが、昼間の本業の会社から私への評価を下げ、いくらお金がもらえても、身体も心も悲鳴をあげるようになったので、辞めることを決意しました。

退職したいと店長に申し出たのは、辞める3ヶ月前でした。本当はすぐにでも辞めたい気持ちになりましたが、そこは社会人の礼儀として、3ヶ月後に辞めたいとお伝えしました。
そして、私はキャバクラのアルバイトを辞め、お昼の本業とは別にパチンコ屋さんの清掃のアルバイトをし始めました。

キャバクラを辞めて、お昼の仕事に支障が出なくなったことが良かったです。パチンコ屋の清掃のアルバイトは時間帯は遅いですが、その分アルバイトまで仮眠も取れますし、拘束時間も短いので、キャバクラで働いていた頃より早く帰宅できますし、遅刻や睡魔に襲われることがなくなりました。

また、四六時中お客さんからの連絡を気にする必要が無くなったことも良かった点です。時にはプライベートに差し障りが出るほど連絡が来ていることもありましたから。

そして、お酒を仕事で飲まなくて良くなったこともいい点もいいですね。時には飲みたくないお酒を飲むことが苦痛でしたから。お酒を沢山飲んで二日酔いすることも無くなり、体がシャキッと健康的になったような気がします。

以上が、私のキャバクラを辞めた理由や辞めて良かった点です。
悪いことだらけのように見えますが、キャバクラで得た知識や、経験はかけがえのないもので、普段なら経験できないようなこともできて、良かったことも沢山ありました。女性なら一度は働いてみてほしい職業だなと思っています。

 

その他のキャバ嬢やニュークラブを辞める理由にあったのは、

  • 体験入店だけのつもりが、むりやり流れで働かされそうになった
  • お店の客層が悪い
  • 精神的に辛くストレスがたまった
  • とにかく仕事が大変、辛い、きつい
  • 働いてみると求人の内容と違った
  • 親にばれるのが怖くなった
  • 自分には合わないと感じた
  • 生活リズムの乱れについていけなくなった
  • 大切な人ができた
  • 人気がでなくていづらい
  • 生活リズムの乱れについていけなくなった

などがありました。

 

キャバ嬢やニュークラブを辞める方法は、以下に紹介する記事が参考になると思いますが、もし

  • 自分から退職を切り出せない、
  • 辞めたいといっても強い引き止めに合う
  • 即日退職したい

という場合は、この記事の最後までお進みください。

自分で退職するコツ

退職時のよくあるトラブル解決法

今すぐ一言も話さずキャバ嬢やニュークラブを辞めて、その後の関係も一切断ち切れるサービスって?

キャバクラやニュークラブを辞める時って、昼職とは少し違う問題が起きやすいんですよね。

例えば

  • 罰金や損害賠償を請求すると脅される
  • 学校や実家に電話がかかってこないか心配
  • 「それなら給料はもう払わない」と言って引き止められる
  • 辞めた後に怖い人が家に来たり、嫌がらせの電話が来ないか心配

などの怖い思いをしていて、簡単にキャバクラやニュークラブをバックレたり飛ぶ事ができなくて悩んでいる方も多いです。

勿論これらは違法なのですが、自分一人で相手を説き伏せるのもなかなか難しいと思います。

 

こんな時に便利なのが、第三者が間に入ってくれる退職代行サービスです。

退職代行サービスは私たちと会社の間に入ってくれるサービスで、

  • 代わりに退職を伝えてくれる
  • 当然の権利である給料、残業代についても伝えてくれる
  • 私たち本人はもちろん、実家や学校に電話しないよう伝えてくれる
  • 今この瞬間から、一言も会社の人と話さず退職できる
  • これまで退職を拒否されたことがない
  • 訴えられたこともない
  • 最短で即日退職可能

という特徴があります。

退職代行サービスという第三者が間に入ってくれることで、お店も違法なことをバラされてはいけないと、急に退職を認めてくれることが多いそうです。

ある退職代行サービスでは1日30件ほど問い合わせがあり、こういう問題にも慣れているそうです(笑)

「今からもう一言も会社の人と話す必要はありません。我々が穏便に貴方を退社させます」
「我々が全力であなたを守ります。絶対に連絡しないよう伝えるので安心してください。」
「これから先は全て我々を通じてやり取りします。我々は慣れていますから、リラックスしてお待ち下さい。」

私が使ったときは、そう言ってリラックスさせてくれて、その通り一言も相手と話すことなく退職することができました。
もちろん退職後も一切関わりがありません。

 

自分が退職できる状態かどうかの無料相談は、24時間…つまり今この瞬間でも出来ます。
詳しくは以下の記事を読んでみてください。

⇒退職代行サービスの仕組み、値段、法的な問題、体験談はこちら