前回、弁護士に退職代行サービスをお願いするメリット・デメリットを以下の記事でご紹介しました。

退職代行を弁護士に頼むメリット・デメリット。サービスを比較!

 

そこで今回、当サイトを通じて”実際に弁護士に退職代行サービスをお願いした人”の体験談を募集してみました。

退職代行サービスは弁護士にお願いする人の方が少ない傾向にありますが、まず間違いなく安全で確実なのは弁護士に頼む退職代行です。

 

という事で、当サイトオリジナルの弁護士に退職代行サービスを頼んだ人の評判・口コミをご紹介します。
弁護士に退職代行を頼んでも失敗することはあるのか、トラブルはあるのか等、参考にしてください。


スポンサードリンク

法律事務所に退職代行サービスをお願いした人の体験談

良かった点は、ラインを通したやり取りや、代行利用にあたっての必要書類の提出も、まずはラインに画像をアップすることで受理されたこと。
こちらの状況や損害賠償に発展する可能性があるかを、事前にヒアリングして評価してもらったこと。

実際に、どのような書面を会社に通知するかを事前に提示して下さったことです。
実際の会社連絡から退職まで、一切を代行業者が交渉し、私へ会社から連絡が来ることはありませんでした。

悪い点は、料金が50000円と、やや高いことでした。

 

職場がブラック化しつつあり、上司や同僚の顔もみたくない状況だったので、円満退職すべくフォーゲル法律事務所に代行を依頼しました。
LINEのやり取りだけで全ての手続きが完了し、費用も¥50,000程度だったので、大変助かりました。

基本、職場との退職に関する手続きは全て事務所に一任し、こちらは途中経過を確認するだけでした。
自分は退職日以降に、総務に書類のやり取りを依頼して、健康保険証を返却しただけでした。

金額については、相場を調べた限りリーズナブルですし、おかげさまで職場に連絡する必要もなく円満退職できました。

 

退職を考える経緯をちゃんと話を汲み取ってくれたことで退職をすることができました。
ただ費用に関しては12000~なのですが相談内容によっては価格が上がります。

ブラック企業相手だったので残業代などの請求依頼はめんどくさくて早く関係を断ち切りたいので退職と働いた給料の請求のみでその他特に依頼はせず無事に退職ができて良かったです。
このご時世一つの仕事に絞らなくていい分こういう会社が手助けしていただけるのは非常に素晴らしいと思いました。

 

良かった点は、弁護士さんに無料で相談できるところです。
1時間いくらとかではなく、何度も親身になって相談に乗ってもらいました。

お給料や残業代の未払いもあったので、ただ辞めるだけではなく、弁護士費用がかかってもきちんと未払金の精算をしてほしかったのでこちらにお願いしました。

悪かった点はあまりないですが、しいて言えば他よりも高かったことですかね。
ただ、勤めていた会社が高圧的な態度だったので、弁護士さんに入ってもらうことの安心料ということで金額には納得できました。

 

【良かった点】
料金が決まっていて、3万円と消費税以上かからなかったところ。
予めLINEで納得するまで相談してから、支払いという流れだったところ。

書類も、都度細かく画像で確認できたところ。
LINEでの連絡だったので、気分的に相談しやすかったところ。

【悪かった点】
サービス終了後に、疑問点があってLINEからの問い合わせを行った。
契約後なので、やはり無理かなとは思ったが返信すらなかったので、無理なら無理という返信はしてほしかったというところ。

 

メリットは、弁護士が担当してくれるので安心感があります。
何かトラブルが起こったとしても弁護士なので直ぐに解決していただけます。

相談料が無料であったり、全国に幅広く対応しているところも良かったです。
デメリットは、料金が民間と比べて割高だということです。

ただその分トラブルなどの心配が皆無で、安心して利用できますので、高くても安心代だと思うようにしていました。
また、返金保証がないので、もし退職できなかった場合も返金はしてもらえません。

 

前にアルバイトを始めたことがありましたがそこの店長とどうしても合わず利用しました。
退職代行だけをやっているところがありますがここの法律事務所は職場問題に対して強く、そこから波及する法律全般に強いのです。

法テラスに対応しており、1つの事案に対しての3回までの無料相談や現在の経済状態に応じて様々な(売名目的などではない)法律の上のやり取りを無料でやってくれるという点がありがたかったです。

退職代行を行う時には予算も無く法テラスさんに頼んでみるとここで退職代行をやってくれると紹介してくれたのです。

 

良かった点ですが、問い合わせからの反応が1時間内で迅速でした。
その後、現在の仕事、収入、部署の人数、役職、退職理由の質問から、損害賠償請求をされる可能性、退職出来るかどうかの難易度について回答を頂けました。

有給休暇の全取得と会社からの返却物、離職票の交付も全て業者と会社の間で行うという説明で、安心して依頼出来ました。
会社へ通知する書類も事前に確認出来ました。

何よりも、ラインでほぼ全ての手続きが進められたのは助かりました。
悪い点ですが、利用者がかなり多いようで、少しラインでのやり取りに時間がかかる時もありました。

最大半日から1日。また、他の業者と比べ料金は50000円と高いことでした。
特にトラブルにならないような職種やポジションの方は、もう少し安い業者でも十分かなと感じました。

 

私は退職代行サービスを利用して退職したかった会社において、約30日分の有給休暇の権利を持っていたため、それをきちんと消化させてくれるように弁護士が会社と話を付けてくれたことは、本当に良かった点であると振り返ります。

弁護士への費用は4万円ほどかかったため、その点では若干の出費であったと思わないでもありませんでしたが、有給休暇が約30日消化できたことを考えるとこれでもまだ安い方であったのではないかと思います。

相談無料、見積もり無料という形の、いわゆる完全成功報酬型であったため、費用が4万円で済んだのだと私は思います。
もしもそうでなければ、もっと費用を所要したのではないかと予想するところです。

総合的には利用してよかったと満足しています。

 

良かった点しかありません。
まず、会社に連絡してくれる日から、会社の人間と会うことはもちろん、話すこともなく退社することができました。

こちらからの要望や、向こうからの要望も間に入ってくれ、ラインでのやり取りだったのでとても良かったです。
退社する際はきちんと話をして穏便に事を進めるのが普通だと思いますが、その普通のことさえできない状況、させてくれない会社があると思います。

そういった状況で辞めたくても辞めれずに悩んでいる方がいるのであれば、是非利用していただきたいです。
決して恥ではないと思います。

また、会社から自分や家族などに直接連絡をしないように、伝えてくれますので、安心して退社できます。
唯一悪い点をあげるとすれば、価格が少し高いと感じるかもしれません。

自分的には納得の金額でした。

 

私はかつて働いていた会社では、課長職のポストをもらっていて責任のある立場でした。
私はエンジニアをしていたのですが、課長職になってからは、会議ばかりで設計業務ができませんでした。

そこで、50歳を過ぎてもエンジニアとして働ける職場に転職する決意をしました。
しかし、会社は私のことを高く評価しているようで、なかなか退職させれくれません。

そこで、退職代行サービスを利用しました。
利用したのは、あまた法律事務所です。

この事務所は、弁護士が退職に立ち会ってくれるので信頼できると思いました。
ここのサービスを利用すると、スピーディーに退職手続きを整えてくれました。

しかも、元の職場に私が出向くことがないように配慮してくれたのがとても良かったです。
退職金請求についてもしっかりと実施してくれて助かりました。

 

上司がとても怖くなかなか退職したいとは言えなかったので、退職サービス代行があることを知ってネットで検索をしたら、あおぞらユニオンが見つかったので、私の代わりに退職をしたい旨を伝えてもらうことができたのです。

退職をしようと持ったのはパワハラや社内いじめが原因で、退職をしたかったけどなかなか、自分から退職をしたいという言葉が言えなかった辛い現実があるので、社労士などの資格を持った方がいらっしゃたので、相談をして退職を代行してもらったのです。
慰謝料も請求してくれましたので、いいにくいことを言ってもらってとても嬉しかったです。

退職代行してもらった時、離職票をきちんともらえるのか不安を感じた面がありましたが、社会保険に詳しい方もいらっしゃったので、後日離職票が自宅に送られてきましたので良かったです。

悪かった点は、雇用状態で費用も変わっていて、ホームページ上では料金は12,000としかわからなかったので、予算をオーバーしてお願いうすることになったことです。

 

以上が法律事務所に退職代行をお願いした場合の口コミですが、基本的に弁護士に頼むメリットは”もしもの事(損害賠償を求められた、有給を取得できない等)が起こったら交渉してもらえる事”ですから、何も起こらない場合は普通の退職代行サービスと変わりません。

退職代行サービスの最安値は27000円(SARABA)、一方で弁護士に頼む場合は5万円ほどですから、この2万円の差で弁護士に頼むメリットを感じる方は是非申し込んでみてください。

⇒退職代行専門の弁護士はこちら(メディアでも話題)


>>詳しくはこちら<<