青森県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

青森県で退職代行サービスが人気の理由

のどかな田舎をイメージさせる青森県ですが、実は健康に関する問題で度々1位を取っている大病気地域でもあるのです。

最も顕著なのが、がんですね。肺がん死亡率、膵がん死亡率、卵巣がん死亡率、胆のうがん、大腸がん、と数々の年度のランキングで1位を取り、2014年にはがん年齢調整死亡率とがんでの人口に対する死亡率が全国1位となりました。

そんな青森県の退職代行サービス利用についてはどんな事情があるのでしょうか?

■不健康な生活を送っているから退職する性格になっている?

子ども時代である小中学生の肥満率が男女ともに2010年のデータで1位になり、前述した通りがんの塊の死因が多く、男女ともにがん死亡率1位だと2012年のデータで出ています。その結果、年齢調整死亡率は2010年で1位となり、短命の地域であるということが証明されました。

がんなどの病気になると強制的に退職となりますよね。退職理由としては絶対的に余儀なくなるものです。

それとは別に不健康な生活によって精神的に弱い部分があるでしょう。体力的に持たなかったり、健康が悪くて仕事が順調にいかず退職代行業者を利用したりするマインド的な問題もあります。

海鮮に野菜。

色んな美味しいものが揃っている土地ですが、食べ過ぎればそれは不健康です。

肥満による病気は数知れません。

インターネット利用率やスマホ普及率は全国47位でワースト1位であり、そうした情報弱者であることも間違った知識で不健康な生活を送り続ける土俵にもなっています。

青森県は不健康な生活で退職代行サービスを利用する傾向があります。

■高卒就職率が高いから退職代行利用者が多い!

ランキングで2017年に調べた結果、高卒就職率は男女ともに青森県が全国で1位になっています。そうなると大卒よりも退職率は高くなります。

退職率は学歴ごとに753と例えられます。1年以内に退職する割合です。

中卒は7割、高卒は5割、大卒は3割と相場が決まっています。

高卒就職率が1位ということは、全国で最も5割の確率で退職していることになります。データとしてそれは証明されている退職率ですね。

一生会社に勤めて定年まで会社に貢献する。

そうした風習は青森県では最も低く、退職しては別の会社に移るという風習が強いのですね。

 

田舎っ子は健康的で地元愛に優れていて地元の会社でずっと退職せずに過ごす。

そんなイメージはやはり間違っているのですね。

食べ物が美味しければそれだけ食べ過ぎます。

それで健康を悪くすれば健康に合った会社を探して退職を繰り返します。

そうした土俵が青森県にはあるのですね。