秋田県の退職代行サービスなら、全国対応の退職代行サービスSARABAがおすすめ!

 

 


スポンサードリンク

秋田県で退職代行サービスが人気の理由

秋田県といえば良い面と悪い面が両極端に出ていますよね。

日本の象徴といえるものと、日本の悪い面があります。

・良い面:お米

・悪い面:自殺

日本の最も良い面と悪い面を持っている。

そうした事情による退職理由は秋田県ならではの退職代行サービスを利用する理由があります。

■農業と自殺率の退職への関係性について

秋田県では、ランキングで面白い結果が出ています。

自殺者数は2016年度で1位。

米作付面積率は2013年で1位。

貧困率は沖縄に次ぎ、ワースト2位を平均で記録しています。

それには退職代行業者を利用する関係性があります。

秋田県においては貧困率が高い上に、農業が盛んということで農薬を容易に用意でき、自殺の中で最も簡単な「毒物自殺」ができるという条件があります。

つまり、うつ病になった時にサクッと死ねる環境があるのですね。アメリカでは銃があるのに自殺率が低いと誇らしげに語っていますが、実際には銃があったら他人を撃ちますよね。それに比べて毒物自殺は自分にしか向きません。

「会社が嫌なら退職すればいい」

自殺者に向けて無責任にそう発言する人もいますよね。

実際には退職した後に自殺することはわかっています。

そのため、自殺する前に退職してしまうというのはあり得ます。常識的に考えれば自殺する前に退職するというのは当たり前のことなのです。それを「退職もしないで自殺するなんて愚かだ!」とメディア向けに情報操作することで歪んだ意識を生み出しています。

実際には自殺する前に退職しています。

退職してもその先に自殺が待っていると自殺する人もいるにはいるでしょう。しかし、それは日本の悪いメディアが生み出した悪い情報です。実際には退職して再就職できずに自殺するケースが多いのですね。

■退職しない有能な人材は他県に行く?

秋田県は実は偏差値の高い県ということで有名です。2012年の全国学力テストでは様々な分野で1位を樹立しています。 田舎という環境柄、そこから飛び出すために勉強をする人は多いようですが、そうした人は他県に行ってしまいます。

秋田県に有名大学は少なく、秋田県に残るのは、退職率が高い学力のない人材です。

そいうした人は退職します。

有能な人材は外へ行く。

退職しやすい人材は秋田県に残る。

そうした事情から秋田県内では退職率に繋がっているのです。

 

秋田県は特殊な環境で退職に繋がっています。

日本で最も誇れる部分と日本で最も見たくない部分の両方を抱えており、それが退職代行サービスの使用理由に繋がっているのですね。